IT (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
IT/イット
IT
監督 トミー・リー・ウォーレス
脚本 トミー・リー・ウォーレス
ローレンス・D・コーエン
音楽 リチャード・ベリス英語版
撮影 リチャード・レイターマン
公開 アメリカ合衆国の旗 1990年11月18日
日本の旗 1991年
上映時間 187分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カナダの旗 カナダ
言語 英語
テンプレートを表示

IT』(イット)は、1990年アメリカ合衆国ホラー映画。米国ではテレビミニシリーズとして2回に分けて放送された。原作は1986年に発表されたスティーヴン・キングホラー小説IT-イット-英語版』。

2017年にリメイク。邦題は『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。[1]

概要[編集]

人間の弱さに付け込む不気味なピエロ、ペニーワイズに翻弄される人々を描く。物語前半は幼少時代、後半は大人になった現代のパートに分かれている。前半は回想がほとんどを占め、ホラー要素さえなければ『スタンド・バイ・ミー』のような青春ものである。

本作は非現実的な要素を多く含んでいて、例えばペニーワイズは、特定の人物にしか姿を見せず、引き起こされる能力(物体を自在に操る、相手の恐怖心を覚える姿に擬態する、血を含んだ風船を飛ばすなど)も同じように一般の人間には見えない。

ペニーワイズはトロールが出てくるおとぎ話「三びきのやぎのがらがらどん」をヒントに作られた[2]。実在する連続殺人鬼で、パーティでピエロをつとめていたジョン・ゲイシーの影響も指摘されている[3]。また、この作品の公開後、ピエロの存在を怖がる人々(道化恐怖症)が少なからず現れるようになったという。

今作の「IT」は「それ」ではなくて「鬼」だという意味だという意見もあるが、ITを鬼と言う意味で使うのは鬼ごっこの時のみであり、今作が鬼ごっことは全く関係のない話ということから勘違いである。ちなみに海外のファンサイト『Stephen King Wiki』では、「数十億年前から生きており、性別や見た目も決まっておらず、アイデンティティが確率していないためITと呼ばれている」と説明されている。

あらすじ[編集]

1990年メイン州デリーで、子供だけを狙った連続殺人事件が発生する。デリーに住んでいたマイクは、事件現場近くでそこにあるはずのない男の子の古い写真を発見し子供時代にIT(あいつ)と呼んでいた奇怪なピエロ、ペニーワイズの仕業であると確信する。マイクはかつての仲間との約束を思い出し、30年ぶりに再会することになる…。

ペニーワイズ[編集]

本作における敵であり、ボサボサの赤髪に赤い鼻といった道化師の出で立ちをした悪魔。対象を威嚇・捕食する際は鋭い牙を剥き出す。古来よりデリーに27年周期で現れ、その都度事故や天災に見せかけては住人を襲っていた。捕食対象は子供、夢を抱く思春期の少年少女であり、相手が恐怖と感じる物の姿に変化する。物体を動かす・幻覚を見せる・神出鬼没など超常的な能力を持ち、ほとんどの大人には見えない。基本的には多感で夢を持つ子供のみに見え、恐怖を与えるほどに美味になることから様々な幻術で対象を追い詰める。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
テレビ東京 NHK-BS2
ペニーワイズ ティム・カリー 辻親八 麦人
ビル・デンブロウ リチャード・トーマス 大塚芳忠 森田順平
ベン・ハンスコム ジョン・リッター 牛山茂 堀勝之祐
ベバリー・マーシュ アネット・オトゥール 高島雅羅 宮寺智子
スタンリー・ユリス リチャード・メイサー 稲葉実 長島雄一
マイク・ハンロン ティム・リイド 田原アルノ 池田勝
リッチー・トージア ハリー・アンダーソン 大塚明夫 田原アルノ
エディ・カスプブラク デニス・クリストファー 堀内賢雄 咲野俊介
ヘンリー・バウワーズ マイケル・コール
オードラ・デンブロウ オリヴィア・ハッセー 渡辺美佐 藤井佳代子
マイラ・カスプブラク シーラ・ムーア 横尾まり
ジョージー・デンブロウ トニー・ダコタ こおろぎさとみ 川田妙子
ビル・デンブロウ(12歳) ジョナサン・ブランディス 大谷育江 亀井芳子
ベン・ハンスコム(12歳) ブランドン・クレイン 高乃麗
ベバリー・マーシュ(12歳) エミリー・パーキンス 西村ちなみ 清水香里
スタンリー・ユリス(12歳) ベン・ヘラー 真柴摩利 日野聡
マイク・ハンロン(12歳) マーロン・テイラー 藤原大輔
リッチー・トージア(12歳) セス・グリーン 石井揮之
エディ・カスプブラク(12歳) アダム・ファライズル 小林優子
ヘンリー・バウワーズ(12歳) ジャレッド・ブランカード
ベンの父 スティーヴ・マカジ 星野充昭
  • テレビ東京版:初回放送1994年8月18日木曜洋画劇場』 ※一話に再編集して放送
    • 放送時のタイトルは『イット 恐怖の殺人ターゲット・復讐の悪魔』。
  • NHK-BS2版:初回放送2002年8月15日/8月16日 ※二夜連続、前後編に分けて放送
    • 放送時のタイトルは『スティーブン・キングの イット

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。[編集]

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。
IT(IT:chapter one)
IT (2017 film) logo.svg
監督 アンディ・ムスキエティ
脚本 チェイス・パーマー
ゲイリー・ドーベルマン
キャリー・フクナガ
原作 スティーヴン・キング
『IT/イット』
製作 ロイ・リー
ダン・リン
セス・グレアム=スミス
デビッド・カッツェンバーグ
出演者 ビル・スカルスガルド
ジェイデン・リーバハー
ジャクソン・ロバート・スコット
ジェレミー・レイ・テイラー
フィン・ウルフハード
ソフィア・リリス
ワイアット・オレフ
ニコラス・ハミルトン英語版
チョーズン・ジェイコブス
ジャック・ディラン・グレイザー
音楽 ベンジャミン・ウォルフィッシュ
撮影 チョン・ジョンフン
編集 ジェイソン・バランタイン
製作会社 ニュー・ライン・シネマ
ラットパック・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 日本の旗 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 2017年9月8日
日本の旗 2017年11月3日
上映時間 135分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $35,000,000[4]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $327,481,741[4]
日本の旗 22.0億円(2018年1月時点)[5]
世界の旗 $700,381,748[4]
次作 IT:chapter two
テンプレートを表示

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(イットそれがみえたらおわり、IT)は、アンディ・ムスキエティ監督による2017年アメリカ合衆国ホラー映画である(英語版)。2度目の映像化で初の劇場版であり、本作は小説の前半を映画化した。キャッチコピーは、『子供が消える町に、"それ"は現れる。

あらすじ(2017年版)[編集]

1988年から物語は始まる。立て続けに起こる行方不明事件の最中、雨の日にビルの弟であるジョージーが行方不明となる。

夏休みに入る頃、ルーザーズクラブのビル、リッチー、スタンリー、エディ、そしてバワーズらに暴行を受けて逃げてきた際に出会ったベン、薬局にて出会ったベバリー、バワーズらに暴行を受けているところでビルたちに助けて貰ったマイクと共に連続行方不明事件の謎を探ることとなる。

それぞれ悩みを背負った少年少女たちが恐怖に立ち向かう姿を描く。

キャスト(2017年版)[編集]

※括弧内は日本語吹替[6]

評価[編集]

興行収入[編集]

北米での興行収入は3億2,748万ドルで、これは、M・ナイト・シャマラン監督のホラー映画No.1の大ヒットを記録した『シックス・センス』が稼いだ2億9,350万ドルを上回り、事実上のホラー映画No.1の大ヒットを記録。

続編[編集]

続編が2019年9月6日に全米公開されることが発表されている[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “スティーブン・キング「IT」映画版、日本公開は11月3日!場面写真は風船の後ろに…”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2017年8月18日). http://eiga.com/news/20170818/9/ 2017年9月1日閲覧。 
  2. ^ It: Inspiration”. Stephen King. 2017年12月10日閲覧。
  3. ^ Dery, Mark (1999). The Pyrotechnic Insanitarium: American Culture on the Brink. Grove Press. p. 70. ISBN 9780802136701. https://books.google.com/?id=u71s2gNZqJoC&q=Pennywise#v=snippet&q=Pennywise&f=false 2016年5月1日閲覧。. 
  4. ^ a b c IT” (英語). Box Office Mojo. 2017年10月3日閲覧。
  5. ^ 2017年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  6. ^ IT/イット “それ”が見えたら、終わり。”. ふきカエル大作戦!! (2018年2月15日). 2018年2月22日閲覧。
  7. ^ 石神恵美子 (2017年9月26日). “R指定ホラー最大のヒット!最恐ピエロ映画『IT』続編、2019年秋公開に決定”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0094754 2017年11月24日閲覧。 

外部リンク[編集]