しし座CW星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
IRC +10216から転送)
移動先: 案内検索
しし座CW星(CW Leonis)
データ
元期 J2000      Equinox J2000
星座 しし座
赤経 09h 47m 57.38s
赤緯 +13° 16′ 43.6″
視等級 (V) 11.0
特徴
スペクトル分類 C9,5[1]
変光星 ミラ型変光星[1]
アストロメトリー
距離 650 光年
詳細
質量 1.5-4 M
半径 250 R
光度 20,000 L
表面温度 2,300 K
年齢 10,000 - 30,000
他の名称
IRC +10216, CGCS 2619, V* CW Leo, PK 221+45 1, Zel 0945+135, RAFGL 1381, 2MASS J09475740+1316435, SCM 50.

しし座CW星(ししざCWせい)は、しし座脈動変光星

概要[編集]

きわめてよく研究された炭素星であり、赤外線および電波による多くのラインサーベイが行われ、多くの化学種の励起線が強い強度で検出される。星間空間で初めて発見された分子の約半数がこの星で検出されている。ミラ型変光星でもあり[1]、赤色光で観測すると10.96等から14.8等の間を変光する[1]2001年にこの星の周囲に巨大な水蒸気の雲があることが発見され[2]ハーシェル宇宙望遠鏡による観測でこの星の周りの水の温度が-200℃から800℃と幅広いことが明らかになった[2]

参考文献[編集]

  • Morris, M., The IRC +10216 molecular envelope., Astrophys. J., Vol. 197, p. 603 - 610, 05/1975
  • Cernicharo, J. et al, Detection of anhydrous hydrochloric acid, HCl, in IRC+10216 with the Herschel SPIRE and PACS spectrometers, eprint arXiv:1005.4220, 05/2010
  • McCabe et al, Molecular abundances in IRC + 10216, Nature, vol. 281, Sept. 27, 1979, p. 263-266.

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]