しし座CW星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
IRC +10216から転送)
移動先: 案内検索
しし座CW星
CW Leonis
星座 しし座
視等級 (V) 10.96[1]
変光星型 ミラ型変光星[2]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 09h 47m 57.406s[1]
赤緯 (Dec, δ) +13° 16′ 43.56″[1]
固有運動 (μ) 赤経: 35 ミリ秒/[1]
赤緯: 12 ミリ秒/年[1]
距離 390 - 490 光年
(120 - 150 パーセク[3]
物理的性質
半径 390 - 500 R[4]
質量 0.7 - 0.8 M[4]
スペクトル分類 C9,5[2]
光度 11,300 L[5]
表面温度 2,500 - 2,800 K[4]
年齢 1 - 5 ×108[6]
別名称
別名称
IRC +10216, CGCS 2619, IRAS 09452+1330, PK 221+45 1, Zel 0945+135, RAFGL 1381, 2MASS J09475740+1316435, SCM 50.
■Project ■Template

しし座CW星(ししざCWせい)あるいはIRC +10216は、しし座にある脈動変光星

概要[編集]

きわめてよく研究された炭素星であり、厚い星周塵の層に覆われている。

1965年からノイゲバウアーらが進めた、ウィルソン山天文台カリフォルニア工科大学157cm望遠鏡による2ミクロン掃天観測によって、1969年に初めて報告された[7]。エネルギーの大部分を赤外線として放射する天体で、5ミクロンの赤外線では太陽系外にある既知の天体で最も明るく見える[7][8]

約649日で明るさが変化する脈動変光星で、平均光度は太陽の1万倍前後、明るい時の光度は暗い時の光度と比べ2倍以上になる[5]。明るさの変化を表す光度曲線は、ミラ型変光星の特徴を示し、アメリカ変光星観測者協会の記録では、赤色光による観測で10.96等から14.8等まで変光する[2]

この恒星は、進化の末期である漸近巨星分枝段階にあり、いずれは白色矮星になると考えられる。マグネシウム同位体を基にした見積もりでは、初期質量は太陽の3倍から5倍とされる[9]

星周構造[編集]

恒星からは、年平均で太陽質量の10万分の1以上という大量の物質が外へ放出され[5]、恒星の周囲を取り巻くガスや塵の層には少なくとも太陽質量の1.4倍もの物質が含まれている[3]。放出されたガスや塵のかたまりは、強い赤外線を放射しており、スペックル・イメージングによって得られた非常に解像度の高い近赤外線の画像では、塵のかたまりが徐々に移動してゆくところが観測され、物質の噴き出し方が時間とともに変化することがわかる[10]

GALEXによる紫外線観測から、この恒星の周囲には大きく広がったショック構造が見つかり、約91km/sの速さで星間物質中を移動する際に、恒星風と星間物質が相互作用を起こしていると考えられる[3]

化学的特徴[編集]

赤外線および電波による多くの分子スペクトル線探査が行われ、多くの化学種の励起線が高い強度で検出される。ミリ波による観測で星間空間で初めて発見された分子の約半数がこの星で検出されている[11]2001年にこの星の周囲に巨大な水蒸気の雲があることが発見され、ハーシェル宇宙望遠鏡による観測でこの星の周りの水の温度が-200°Cから800°Cと幅広いことが明らかになった[12]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e IRC +10216 -- Carbon Star”. SIMBAD. 2016年12月18日閲覧。
  2. ^ a b c VSX : Detail for CW Leo”. AAVSO. 2016年12月18日閲覧。
  3. ^ a b c Sahai, Raghvendra; Chronopoulos, Christopher K. (2010-02-17), “The Astrosphere of the Asymptotic Giant Branch Star IRC+10216”, Astrophysical Journal Letters 711 (2): 53-56, doi:10.1088/2041-8205/711/2/L53 
  4. ^ a b c Men'shchikov, A.B.; et al. (2001-03), “Structure and physical properties of the rapidly evolving dusty envelope of IRC +10 216 reconstructed by detailed two-dimensional radiative transfer modeling”, Astronomy and Astrophysics 368: 497-526, Bibcode 2001A&A...368..497M, doi:10.1051/0004-6361:20000554 
  5. ^ a b c De Beck, E.; et al. (2012-03-02), “On the physical structure of IRC +10216. Ground-based and Herschel observations of CO and C2H”, Astronomy and Astrophysics 539: A108, Bibcode 2012A&A...539A.108D, doi:10.1051/0004-6361/201117635 
  6. ^ Portinari, L.; Chiosi, C.; Bressan, A. (1998-06), “Galactic chemical enrichment with new metallicity dependent stellar yields”, Astronomy and Astrophysics 334: 505-539, Bibcode 1998A&A...334..505P 
  7. ^ a b Becklin, E.E.; et al. (1969-12), “The Unusual Infrared Object IRC+10216”, Astrophysical Journal 158: L133, Bibcode 1969ApJ...158L.133B, doi:10.1086/180450 
  8. ^ Table of Bright Infrared Sources”. Kitt Peak National Observatory. 2016年12月22日閲覧。
  9. ^ Guelin, M.; et al. (1995-05), “Nucleosynthesis in AGB stars: Observation of Mg-25 and Mg-26 in IRC+10216 and possible detection of Al-26”, Astronomy and Astrophysics 297 (1): 183-196, Bibcode 1995A&A...297..183G 
  10. ^ Weigelt, G.; et al. (2002-09), “Bispectrum speckle interferometry of IRC +10216: The dynamic evolution of the innermost circumstellar environment from 1995 to 2001”, Astronomy and Astrophysics 392: 131-141, Bibcode 2002A&A...392..131W, doi:10.1051/0004-6361:20020915 
  11. ^ Cernicharo, J.; Guélin, M.; Kahane, C. (2000-03-01), “A λ 2 mm molecular line survey of the C-star envelope IRC+10216”, Astronomy and Astrophysics Supplement 142: 181-215, Bibcode 2000A&AS..142..181C, doi:10.1051/aas:2000147 
  12. ^ Decin, L.; et al. (2010-09-02), “Warm water vapour in the sooty outflow from a luminous carbon star”, Nature 467 (7311): 64-67, Bibcode 2010Natur.467...64D, doi:10.1038/nature09344 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]