iPhone SE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
iPhone SE
IPhone SE logo.svg
IPhone SE in silver.png
シルバーのiPhone SE
製造元
種別 スマートフォン
OS iOS 9.3.1(初期搭載)
SoC Apple A9
CPU 1.85 GHzデュアルコア64-bit ARMv8-A "Twister"
メモリ 2 GB LPDDR4英語版 RAM[1]
ストレージ 16, 64GB(2017年3月22日販売終了)
32, 128GB(2017年3月22日販売開始)
ディスプレイ 4.0 in (100 mm) Retinaディスプレイ, IPS LCD, 1136 × 640 ピクセル (326 ppi)
外部接続

Lightning Port, ステレオオーディオジャック
通信規格
GSM, CDMA, 3G, EVDO, HSPA+, LTE
モデル

A1662 (U.S. model)
A1723 (in most countries)
A1724 (China Mobile model)
サイズ
  • 123.8 mm (4.87 in) H
  • 58.6 mm (2.31 in) W
  • 7.6 mm (0.30 in) D
重量 113 g (4.0 oz)
関連商品
ウェブサイト www.apple.com/jp/iphone-se/

iPhone SE(アイフォーン エスイー)は、アップルが開発・販売するスマートフォン2016年3月31日に日本を含む11カ国で発売を開始した。SEはSpecial Editionの略である。SEはiPhone 5sの後継機にあたり、iPhoneシリーズの安価で小さいサイズの位置付けとなっている。

概要[編集]

2016年3月21日に行われたアップルのスペシャルイベントで発表され、同月の24日に日本を含む12カ国で予約が受け付けられ、31日にそれらの国で予約分が最初に発送されたのと同時に店舗での直接販売も開始された。さらに、同年の4月4日に台湾などを含む34カ国が加わり46カ国での販売となった。

サイズは、iPhone 6s/iPhone 6s Plusより小さくiPhone 5sと同じサイズだが、iSightカメラやCPUなどのスペックはiPhone 6sと同等になっている。しかし、iPhone 6sで初搭載された3D Touchは搭載されておらず、FaceTimeカメラの解像度や最大通信速度はiPhone 6と変わらず、Touch IDセンサーも第1世代の物が搭載されているなど、iPhone 5sとiPhone 6とiPhone 6sの要素が混在している。

カラーバリエーションは、シルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールドの4色を展開していて、背面は陽極酸化処理(アルマイト加工)が施されている。また、iPhone 5sで行われていたエッジ部分の光沢処理が、iPhone SEでは非光沢の処理に変わっている。

日本国内では、SIMロックフリーモデルを販売しているAppleauNTTドコモSoftBankの主要3キャリアに加えてY!mobileUQ mobileが販売をしている。

脚注[編集]

関連項目[編集]