IPTalk (通信)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

IPTalkIP上でAppleTalkのパケットをカプセル化するプロトコルである。すなわちAppleTalk over IPである。

概要[編集]

UNIX機は一般にRS-422ポートを有していない為、LocalTalk (AppleTalk over RS-422)を利用出来ない。また、イーサネットポートを有していても利用出来るのはTCP/IPのみでEtherTalk (AppleTalk over Ethernet)が利用出来ない場合がある。

このような場合、AppleTalkパケットをIP(具体的にはUDP)の上に載せることでAppleTalkを利用出来るようになる。この手法をIPTalkと呼ぶ。

実際の利用には、IPTalkと通常のAppleTalkの両方をサポートする専用ゲートウェイで物理的に接続する必要がある。


                 MacIP <--------------------> IP
          (IP over AppleTalk)

+---------+                 +-------+                     +-------------------+
|Macintosh|------RS422------|Gateway|-----Ethernet,etc----|Internet, UNIX etc.|
+---------+                 +-------+                     +-------------------+

                LocalTalk <----------------> IPTalk
               (AppleTalk)            (AppleTalk over IP)

                LocalTalk <---------------> EtherTalk
               (AppleTalk)                 (AppleTalk)

オープンソースのソフトウェアであるCAP (Columbia AppleTalk Package)はIPTalkを使うことが可能であり、UNIX機をMaintoshのファイルサーバプリントサーバにする事が出来た。

ゲートウェイはIPTalkのパケットからAppleTalkパケットを取り出し、Macintoshへ流す。逆に、Macintosh側から届いたAppleTalkパケットをIPで包む。

また、遠隔地のネットワークとTCP/IPで接続している場合、IPTalkを用いればAppleTalkをトンネリングすることが出来る。

AppleTalkではRTMP、NBP、AECHO、ZIPにそれぞれAppleTalkポート1、2、4、6を割り当てるが、IPTalkではUDPポート201、202、204、206を割り当てる。

なお、IPTalkと逆の概念にMacIPがある。これはAppleTalk上でIPパケットをカプセル化するものである。 IPTalk、MacIP、EtherTalk等を必要に応じて利用することで、2つのネットワークを相互に利用出来るようになる。

IPTalkはKinetics社により実装されたため、KIP (Kinetics Internet Protocol)と呼ぶ事がある。この仕様はIETF (Internet Engineering Task Force)の"IP over AppleTalk"ワーキンググループによってドラフトとなったが、破棄されたためRFCにはならなかった。

現在[編集]

Macintoshがイーサネットを搭載するようになると、この上でAppleTalkを直接扱えるようになった。これをEtherTalkと呼び、UNIX側もEtherTalkに対応していればゲートウェイなしで直結出来る。ファイル共有はIP上で直接使えるAFP over TCPに移行している。 プリンタ共有のPAPはIP上に移植されなかったが、現在のmacOSSMB(CIFS)、lpr、IPP等のIP上のプリンタ共有プロトコルに対応している。 Mac OS X v10.6ではAppleTalkは完全に廃止された。

こうしたことからAppleTalk自体が衰退しているため、IPTalkが使われることはまずない。

関連項目[編集]