INNOSENSE (FLOWの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
INNOSENSE
FLOWシングル
B面 【初回限定盤・通常盤】
アミダ (Live ver.)
EGO (Live ver.)
【期間限定盤(アニメ盤)】
風ノ唄 (Live ver.)
BURN (Live ver.)
リリース
規格 マキシシングル
デジタル・ダウンロード[1]
ジャンル J-POP
ロック
アニメソング
時間
レーベル Ki/oon Music
作詞・作曲 Kohshi Asakawa(作詞)
Keigo Hayashi(作詞)
Takeshi Asakawa(作曲)
チャート最高順位
FLOW シングル 年表
風ノ唄/BURN
(2016年)
INNOSENSE
(2017年)
ミュージックビデオ
『INNOSENSE』 - YouTube
テンプレートを表示

INNOSENSE」(イノセンス)は、FLOWのメジャー32枚目、通算36枚目のシングル2017年2月8日Ki/oon Musicから発売された[3]

概要[編集]

  • 前作から約6ヶ月ぶりのメジャー32枚目シングル盤。
  • CDは、通常盤、初回生産限定盤、期間生産限定盤(アニメ盤)の3種類。期間生産限定盤(アニメ盤)は収録曲、DVDの収録内容が他と異なる仕様。
  • CD売上初動0.5万枚。前作「風ノ唄/BURN」から約5000枚の販売数の減少[4]

タイアップ[編集]

  • タイトル曲の「INNOSENSE」は、TVアニメ『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』の第2期エンディング主題歌。本作で『テイルズ オブ』シリーズのタイアップは3回目となった。
    • 曲調がストリングス調であるのは、『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』のプロデューサー近藤光からの「終わらない戦い」をイメージした曲にして欲しい、といった依頼による。
    • アニメのエンディング主題歌は比較的おとなしめな曲調が多い中、「INNOSENSE」はアップテンポな曲である。これも近藤から「ガツガツした曲を」という要望があった。
  • 音源は、発売前に『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』公式サイトでいち早く公開された。
  • ミュージックビデオも「アニメイトタイムズ」によりフルバージョンが期間限定(2017年1月29日 - 2月7日)で公開された[5]
  • ミュージックビデオには、『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』のメインキャラクター声優、スレイ役の木村良平と、ミクリオ役の逢坂良太が出演している[6]
  • 発売にあたり、2017年2月12日「ニコニコ生放送」にて特番が放送された[7]

タイトル[編集]

「INNOSENSE」は、作詞を担当するKOHSHIの造語であり、「INNOCENCE」のスペルミスではない。

  • 「INNOCENCE」の"C"を、TVアニメの主人公スレイ(Sorey)の"S"に変えることで、この曲がスレイの曲であること
  • 語尾の「CENCE」を「SENSE」に変えることで、"感覚"や"才能"といった意味を含み、特別な存在(天族)が見える"感覚"の持ち主スレイを表現する言葉になること

以上2点の、気持ちを込めて作られた一曲であることを公言している[8]

収録曲[編集]

初回生産限定盤・通常盤[編集]

  1. INNOSENSE [4:02]
    作詞:Kohshi Asakawa 作曲:Takeshi Asakawa 編曲:FLOW
    TVアニメ『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』第2期エンディング主題歌。
  2. アミダ (Live ver.) <FLOW LIMITED CIRCUIT 2016「風ノ陣」/ 大阪BIGCAT 2016.9.20> [4:19]
    作詞:Kohshi Asakawa 作曲:Takeshi Asakawa
    全国ツアー「FLOW LIMITED CIRCUIT 2016」で披露された新曲がライブバージョンで収録されている。
  3. EGO (Live ver.) <FLOW LIMITED CIRCUIT 2016「炎ノ陣」/ 高松DIME 2016.11.22> [4:21]
    作詞:Keigo Hayashi 作曲:Takeshi Asakawa
    同じく、全国ツアー「FLOW LIMITED CIRCUIT 2016」で披露された新曲がライブバージョンで収録されている。作詞は、KEIGOが担当している。
  4. KA-ZA-A-NA (Live ver.) <FLOW LIMITED CIRCUIT 2016「風ノ陣」/大阪BIGCAT 2016.9.20> [3:25]
    作詞:Kohshi Asakawa & Keigo Hayashi 作曲:Takeshi Asakawa
    既に廃盤であるインディーズ時代の一曲をライブバージョンとして収録。
  5. INNOSENSE -Instrumental- [4:02]
    作曲:Takeshi Asakawa 編曲:FLOW

期間生産限定盤/アニメ盤[編集]

  1. INNOSENSE [4:02]
    作詞:Kohshi Asakawa 作曲:Takeshi Asakawa 編曲:FLOW
  2. 風ノ唄 (Live ver.) <FLOW LIMITED CIRCUIT 2016「風ノ陣」/大阪BIGCAT 2016.9.20> [4:53]
    作詞:Kohshi Asakawa 作曲:Takeshi Asakawa 編曲:FLOW
    前作シングル(両A面)タイトル曲のライブバージョン。TVアニメ『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』第1期オープニング主題歌。
  3. BURN (Live ver.) <FLOW LIMITED CIRCUIT 2016「炎ノ陣」/高松DIME 2016.11.22> [4:20]
    作詞:Kohshi Asakawa 作曲:Takeshi Asakawa 編曲:FLOW & キバオブアキバ
    前作シングル(両A面)タイトル曲のライブバージョン。PS3・PS4ゲーム『テイルズ オブ ベルセリア』主題歌。
  4. INNOSENSE -TV Size- [1:30]
    作詞:Kohshi Asakawa 作曲:Takeshi Asakawa 編曲:FLOW
  5. INNOSENSE -TV Size Inst.- [1:30]
    作曲:Takeshi Asakawa 編曲:FLOW

初回版DVD[編集]

初回生産限定盤[編集]

  1. INNOSENSE (Music Video)
    ミュージックビデオの監督はスミス。過去に「常夏エンドレス」や「愛愛愛に撃たれてバイバイバイ」の監督を担当した。
    本作は、フェンシングのデザイン性とメンバーのカッコイイ演奏を全面に構成したとメイキングで語っている。
    フェンシングは、法政大学日本代表の面々が担当した。
  2. INNOSENSE (Music Video メイキング)

期間生産限定盤/アニメ盤[編集]

  1. BURN (Live from 【テイルズ オブ フェスティバル 2016】 FLOW特別編集ver.)
  2. 風ノ唄 (Live from 【テイルズ オブ フェスティバル 2016】 FLOW特別編集ver.)

脚注[編集]

出典
[ヘルプ]
  1. ^ 1/10(金)より「FLOWの「INNOSENSE Special Edition」を iTunes で iTunes
  2. ^ 17/02/08付iTunesトップソングThe Natsu Style
  3. ^ Amazon.co.jp INNOSENSE(初回生産限定盤)(DVD付) Amazon
  4. ^ 16/09/05付 アニソンCD売り上げデータ保管庫
  5. ^ FLOWが歌う『TOZ-X』第2期ED主題歌MVに隠された秘密animate Times
  6. ^ FLOW、新曲「INNOSENSE」MVに登場する“謎の人物”の正体が人気声優であることが判明M-ON!MUSIC
  7. ^ FLOWテイルズ主題歌大解剖&「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」#18実況スペシャル ニコニコ生放送
  8. ^ FLOW official TwitterTwitter

外部リンク[編集]