IMP-16

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ナショナル セミコンダクター製のIMP-16は、最初の複数チップの16ビットマイクロプロセッサーである。 IPM-16は、5つのPMOS集積回路からなっている。データパスを提供する4つの4ビットRALU (Register and ALU)チップと、流れを制御し、マイクロコードを保持する1つのCROM (Control and ROM)である。

IMP-16は、16ビットのアキュムレーターを持ち、内2つはインデックス・レジスタとして使うことができる。 命令セットアーキテクチャは、Data General Novaに類似している。

IMP-16は、ナショナル セミコンダクター製のPACEINS8900という単一チップの16ビットマイクロプロセッサに置き換えられた。これらは類似のアーキテクチャではあるが、バイナリー互換性はない。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]