IDTech

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

IDTech(正式社名:インターナショナル ディスプレイ テクノロジー株式会社、英文社名:International Display Technology)は、日本IBM台湾奇美実業の合弁企業である。2001年10月1日に創業された。2005年1月に、IDTech野洲事業所をソニーに売却する[1]。その後も東京営業所が本社として存続。2006年10月に社名変更を行い、日本CMO株式会社となる。更に2014年11月に社名変更を行い、イノラックスオプトエレクトロニクスジャパン株式会社となる。

沿革[ソースを編集]

  • 2001年 - 奇美グループの奇美電子がIBM野洲事業所の液晶パネル生産ラインを買収する
  • 2001年10月 - IDTechが設立される
  • 2003年12月 - 分社化されたELディスプレイ部門が、株式会社京セラディスプレイ研究所となる
  • 2005年1月 - ソニーがIDTech野洲事業所を買収する
  • 2006年10月 - 東京本社が、日本CMO株式会社に社名変更する
  • 2011年4月 - 東京本社が、川崎に移転する
  • 2014年11月 - イノラックスオプトエレクトロニクスジャパン株式会社に社名変更する

関連項目[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ ソニー、液晶ディスプレイ製造のIDTech野洲事業所を買収 [1]

外部リンク[ソースを編集]