身分証明書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
IDカードから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

身分証明書(みぶんしょうめいしょ)とは、社会生活上、人の本人性や法的資格を示すために用いられる文書のことである。官公庁学校会社団体など公的機関が発行する証明書等が利用される。[1]身分(みぶんしょう)とも。なお、「身分証明」は誤り。ID英語: Identity Documentの略語から)とも呼ばれる。

概要[編集]

身分証明(本人確認)を求められる場合、一般には運転免許証パスポート(旅券)健康保険被保険者証住民基本台帳カード(住基カード)・マイナンバーカードなど公的機関が発行する証明書で、氏名住所生年月日性別顔写真など、個人を特定する情報を記載・貼付したものであれば、身分証明書として通用する。

2000年代以降、「身分」という言葉について、身分制度と関連づけたり、社会的な序列を示す言葉と捉えたりして不快感を示す者もいるため、特に顧客等に対しては「本人確認書類」という表現に置き換えたり、「お名前とご住所の分かる公的なもの」等の婉曲表現を用いる事が多い。
住基カードについては、写真が添付されている物が公的な証明書と同等に扱われるが、金融機関口座作成や携帯電話の新規申し込み(契約)については、住基カードの不正悪用防止のため、それ単体だけでは申し込みを受けられない場合がある(住民基本台帳カード#統一的な身分証明書としての実用性参照)。

企業事業所が社員や出入り業者に対して発行するものには、キャッシュカードクレジットカード同様、保有者情報記録用に磁気ストライプが張られ(2006年にはICカード方式が現れ始めた)、出入記録やタイムカードとしても使用出来る物がある。

外国に出国した場合は、パスポートが公的かつ一番通用度の高い身分証明書となる。

採用[編集]

法律を施行する官僚たちは、身分証明カードは、容易に犯罪者を監視して探し出せると考えるので万遍に採用されることを支持する。しかしながら、国の身分証明カードを持たない国々では、見積もられる巨額の費用と高度な技術によるスマートカード: hi-tech smartcard)の乱用の可能性についての心配がある。

多くの国々とりわけ、オーストラリアアイルランドニュージーランドイギリスアメリカ合衆国のような英語圏の諸国では、すべての市民のための政府発行の義務的な身分証明カードはない。アイルランドの、Department of Employment Affairs and Social Protection (DEASP)による、Public Services Card は、国の身分証明カードとして考えられていない。[2]しかし多くの人々はそれが事実上のそれになりつつあることをいう、そして公的な議論や法的根拠もない。[3]

そのようなカードとそれらの集中されたデータベースがプライバシー市民権の侵害を構成するかどうかについての議論がこれらの諸国である。多くの批判は、集中の拡張された乱用の強化された可能性と理解できる強固な国家機密のデータベースに向けられる。イギリスのオープン大学の学生の2006年の調査は、Identity Cards Act 2006 のもとでの計画された、中央政府データベースと結合した、義務的な身分証明カードがいくつかの代替の構成のなかで、もっとも否定的な応答を生じることを結論づけた。上記に挙げた国々は身分証明書の所有を義務付けていない、しかし、これらの国々もまた多くの状況の中で身分証明を要求するので、それらは事実上の同等物をもつ。たとえば、すべての自動車の運転手は運転免許を持たなくてはならない、そして若い人々は、酒類を買うときに特別に発行された年齢を証明するカード を使う必要があるかもしれない。加えて、そして独自に、身分証明カードを持たない元来の英語圏の国々のなかで、アメリカ合衆国は、徴兵制度のために登録するよう、外国人も含めて、18-25歳の男性にそれの居住地を必要とする。[要出典]

必要の主張[編集]

以下のように身分証明書(の必要)を主張:

  • 人々の誤った組み合わせ、ならびに詐欺を防ぐため、これらは、人物の同一性を確かめるのに、できるだけ安全な、ひとつの方法とされるだろう。
  • 各々の人間はすでに各自のの個人的な識別を、(修正の意味において)偽造や捨て去ることが極端に難しいものである、DNAのかたちでもっている。非-国家的な商用のかつ私的な相互作用のためでも、身分証明の目的のためのひとつの個人のDNA型鑑定の日常の使用と結びついた、その潜在的な幅広いプライバシーの危険よりは有害が少ない、ひとつの国家-発行の身分聡明カードを提出することである、完全な識別子にはこれは不十分かもしれない。[4][5][6][7][8]

国の身分証明書の必要の主張:

  • 銀行による身分証明カードの発行のような、私的な代替物だけを用いるならば、発行のポリシーの考慮の首尾一貫の固有の欠如は、川下の問題を導きうる。たとえば、銀行のような、スウェーデンの私的な企業では、スウェーデンのカードなしには個人に身分証明カードを発行することを拒む。これは政府に国のカードを発行するのを始めることを強制する。広告の標的を助ける目的で振る舞いをクレジットカード発行会社やソーシャルメディア会社のマップが手に入れる場合のような、私的な企業による情報の利用のコントロールもそれは難しくさせる。

反対の主張[編集]

以下のような、身分証明書に反対する主張:

  • 身分証明カードシステム: identity card system)の開発と管理の費用は非常に高くなりうる。30英ポンド(45米ドル)から90英ポンドかそれ以上の値段は、イギリスの身分証明カードの断念を示唆した。チリのような国々では身分証明カードに各人によって6英ポンドにのぼる支払いがされる;ベネズエラのような、他の国々では、身分証明カードは無料である。[9][10]これは、しかしながら、一般の納税者による追加の部分が生じるであろう、身分証明カードの発行の本当の費用が開示されていない。

全国民の身分証明書(あるいは国家身分証明書、: national identity documents)に反対する主張:

  • 政府発行の身分証明カードにおける置き直しよりもむしろ、すでにあるところの、運転免許証、小火器取扱資格書: firearms licences)や私営カードのような、身分証明システムの種類を助長するような代替案を、(アメリカ合衆国の)政策英語: Federal lawは有する。

身分証明書の過度な利用や乱用に反対する主張:

  • 集中されたデータベースにおけるカードの信頼性は、いかなる者の物理的移動と私的な生活を追跡するのに利用されうる、したがって個人の自由とプライバシーの侵害になりうる。提案されたイギリスの身分証明カード(下位の節をみよ)は、私的セクターによる管理英語: marketing intelligenceによる。リンクしたデータベースの系列を提示する、制度といかなる人数の個人の範囲にわたっても、本質的に異なるリンクしたシステムの管理は、発展中の保安上の災害を申し立てられる。[11]
  • もし身分証明カードにおいて人種表記が義務づけられるならば、この情報は人種的属性づけ英語: racial profilingに導きうる。

日本[編集]

日本国旅券の例
運転免許証の例
健康保険被保険者証の例(全国健康保険協会の前身である、社会保険事務所が発行するカード型保険証)
個人番号カードの表面
無線従事者免許証の例(英語付記・自署あり)

日本では身分を証明、もしくは本人性を証明する際(参考:犯罪による収益の移転防止に関する法律)、主に下記に挙げる公的機関の発行する文書等が、身分証明書として社会一般的に使用されている。

その中でも、本人確認用として最も通用範囲が広く、かつ権威を有する公文書は、根拠が住民登録で受領は申請者本人に限るなど、発給手続きが最も厳格な日本国旅券である。官公庁において本人確認のため提示を求められる書類は、厳格な日本国旅券発給手続きで求められている、旅券法施行規則別表第二に記載されたものに準拠している場合が多い。

証明写真付公文書なら何でもよさそうだが、危険物取扱者免状を例に挙げると、免状発給時に本人確認書類提出等のプロセスが無い為、記載される個人情報は全て自己申告であり、公文書でありながら記載内容で実質確認されているのは受験時の写真の照合による顔貌だけということになり、有名な官職による公文書であっても、別表第二に記載されていないものは、最低限の確認も経ずに発給されたものである可能性がある。地方公共団体によっては、危険物取扱者免状等を本人確認書類として認めているところもあるが、このような背景を全く理解していない可能性がある。

別表第二に挙がっている資格証明書等は、試験事務を委託民間団体に実施させていても、根幹となる本人確認や免許証発給事務は官公庁が直接行っているのに対し、危険物取扱者免状の様に試験事務から免状発給まで一貫して委託民間団体が行い、公文書であっても国や都道府県は実務の上でノータッチというものもあるため、提示を受ける側も提示された証明書の実情と背景を理解しておかないと、本人になりすまされる可能性が絶対無いとはいえない。

また、役所で戸籍謄本住民票の写し等を請求する際、役所が当該請求の任に当たっている者を特定するために提示を要求する書類として定められている、戸籍法施行規則別表第一も療育手帳等を除き、旅券法施行規則と同じ内容となっている。

旅券法施行規則別表第二[編集]

その他[編集]

法人にあっては

上述のような身分証明書を持たない人であれば、

  • 住民票の写し(役所が発行し公印が捺されたもの。発行されたもの自体が原本の「写し」(謄本・抄本)であって、それを複写(コピー)したものではない。謄本抄本を複写機でコピーすると、出来た物には「複写」の潜像が浮き出るようになっている)
  • 印鑑登録証明書(個人)
  • 電気・水道・都市ガス・電話の請求書又は領収書
  • 納税通知書
  • 最近送付されてきた消印郵便物

などで代用できる場合もある。

どのような証明書を持参すべきかは、提示を要求する相手の指定に従う必要があり、指定外の証明書では受け付けてもらえない[18]ことが殆どである。場合によっては一つではなく、複数の身分証明書が要求されることもある。以前は提示した身分証明書のコピーを複写機で取られる場合もあったが、最近は個人情報保護の観点から、番号を控えるだけの場合が多くなっている。

身分証明書の提示を求められる場合[編集]

日本では、主に本人確認を要求される次のような場面で提示が求められることがある。

税法上の氏名住所等の告知[編集]

一定の金融取引をする際には、相手業者に対して氏名または名称および住所を告知するとともに、住民票の写しなど税法で定められた書類を提示し、業者はその書類により当該氏名住所等を確認しなければならない旨、税法で定められている[21]。犯罪収益移転防止法上の本人確認書類であっても税法上の確認書類には含まれないものがありその逆も成り立つので留意が必要である。

住民基本台帳カード[編集]

2003年より2015年まで、住民基本台帳法に基づき住民基本台帳カード(住基カード)の発行が行なわれていた。これまで日本国内での一般的な身分証明書として、顔写真付きでは運転免許証が一般的だが、若年者や高齢者をはじめ、免許証を持たない者にとっては身分証明の要求に対し、不自由を強いられる場面があった(多くは外出の際の必携品ではないし、年金手帳などサイズが大きく携帯に不便だったり、健康保険証など世帯で1通のものを占有できなかったりなど)。

住基カードは、顔写真付きの公的機関発行の身分証明書として、住民基本台帳に登録されている者=住民登録されている日本国籍保有者なら、誰もが安価で容易に取得可能である。一方で、発行者が自治体なので、域外転出の際は返却し転入先で再度取得しなければならないなど、運転免許証に比べて不便も多かった[22]。しかし、2009年の住民基本台帳法改正によって、転入先の市区町村役場で証明を受けることによって、それまでのカードを継続使用することができるようになった[23]

2000年代以降における本人確認を強化する動き[編集]

国際的なテロ対策や日本国内における犯罪対策の為に、各方面で本人確認を強化する動きが強まっている。

  • 金融機関においては、資金洗浄や国際的な犯罪の防止や日本国内における詐欺犯罪の防止等の要請の為、2002年本人確認法(現:犯罪収益移転防止法)が施行され、その後に日本が国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約締結により、口座開設時や国際送金を行う際などに、本人確認が義務づけられた。
  • 携帯電話に関しては、携帯電話が振り込め詐欺犯罪等に利用されることなどが問題視され、2005年携帯電話不正利用防止法が施行され、契約時・譲渡時等に本人確認が義務づけられることになった。
  • 市区町村においても戸籍の変更に伴う手続きや、書類交付の際に条例により本人確認を行うところが増えている。戸籍謄抄本や住民票の写し等の交付、婚姻届、転出・転入届などの際の本人確認を義務づけた法改正(戸籍法、住民基本台帳法)が、2008年5月1日に施行された。

市区町村の交付する「身分証明書」[編集]

この身分証明書とは、

以上2項を公的に証明し、民法上の行為能力を特別に剥奪及び制限されていない人か、制限されている人であるかを証明する書類である。こちらの身分証明書は、前記のような所有者個人の身分を明らかにするものとして使用することはできない。

後述する「登記されていないことの証明書」と併せて使用されることが多く、会社設立時や古物商許可時、金額の大きい契約時、警備会社で警務職(警備員のこと)として採用される際などに、行為能力確認の為に提出を求められる。前記3項目のいずれかに該当する場合はそれぞれの「〜の通知を受けていない」が「〜の通知を受けている」に変わる。

2000年4月1日より制度が改められ、同日以降は禁治産者は成年被後見人、準禁治産者は被保佐人と名称が改められ、登記事務も本籍地の市町村から法務局に移管になった。同日以降登記された場合は法務局に登記され、同日以前に登記された事項は自動的に法務局に移管はされず、特に届出がなければ今も本籍地の市町村より登記・証明されている。破産者に関する事項は引き続き本籍地の市町村が行っている。なお、現在は単に破産手続開始決定を受けたのみでは通知せず、免責不許可が確定した場合及びこれに準じる場合に限り、破産の通知を行う取扱になっている。

禁治産者(成年被後見人)や準禁治産者(被保佐人)でないことを証明する為には、

  • 市町村役場の交付する「身分証明書」(2000年3月31日までに登記されていないこと)
  • 法務局の交付する「登記されていないことの証明書」(2000年4月1日から証明日までに登記されていないこと)

の2通が実質的に必要になる。ただし、2000年4月1日以降に出生した人については、法務局の「登記されていないことの証明書」のみで良い。

アメリカ施政権下の沖縄へ渡航するための渡航文書[編集]

本土から軍政当時の沖縄へ渡航するためには、総理府から専用の渡航文書の発給を受ける必要があり、これを身分証明書と呼んだ。手続は都道府県窓口で行った。渡航には併せて琉球列島米国民政府から入域許可証の発給を受ける必要があり、この入域許可証は身分証明書に貼付された。詳しくは出入管理庁#渡航手続を参照。

この文書は21世紀の現在も、北方地域入域に際して外務省から発行され続けている(墓参団構成員に対してのみ発行。個人が取得することは出来ない)。

世界の身分証明書[編集]

海外には公的機関が全国民を対象として身分証を発行する制度を設けている国があり当該身分証の常時携帯を義務付ける国も多いが、このような制度の導入に反対する声もある。特にイギリスおよびアメリカ合衆国では、そのような制度を設ければ政府が強制的に発行するIDカードやそれと連動するデータベースプライバシー市民の自由を侵害することになるとして議論の的になっており、機微(センシティブ)情報を蓄積する中央管理の包括的なデータベースが大規模な悪用をされる可能性がある点に批判がある。

アメリカ合衆国[編集]

アメリカ合衆国では、州政府(道路局または自動車局)が発行する運転免許証がもっともポピュラーな身分証明書である。カジノ入場や類・タバコ購入の際に年齢照合のために身分証明書の提示を求められる場合がある[24]

2008年には「Real ID Act(真の身分証明法)」がスタート。国民全員に番号を付け、これを一つのデータベースで管理し、善良な国民と有害な国民に分類して、善良な国民は飛行機に乗れたり政府施設に入場したりする事ができるが、テロリスト予備軍や犯罪者などの有害な国民はそれが阻止されるようにするというもの。番号付与は“アメリカ合衆国連邦政府が定めたテロ対策基準に則った(=ICチップが内蔵されているなどの)”運転免許証で2011年から行なわれる。最初の導入期限が2009年末に設定された。運転免許証が使用される理由は、2000年から2006年にかけて起きた身分証明詐欺事件の実に35パーセントが、不正な免許証を用いて行われていたためという(連邦取引委員会調べ)[25]

カリフォルニア州ハワイ州では「State ID」という身分証明書を有料で発行している(アメリカ市民に限らず外国人在留者でも査証があれば取得可能)。

香港[編集]

香港では、180日以上滞在する11歳以上の全ての者にIDカード(香港身份證・英語: Hong Kong Identity Card)の取得と常時携帯が義務付けられている。取得手続きの際、氏名・国籍・在住資格の別などを書類に記入するほか、指紋の押捺も求められる。

香港の居留権(永住権、7年以上在住)を持つ者とそうでない滞在者とで、種類の異なるカードが発行されている(永住権保持者なら「永久性」の文字、短期滞在者なら「臨時」の文字が入る)。警察官による職務質問の際に提示が義務付けられているほか、出入国管理、就職や契約などの際の身分証明などに用いられる。

警察官等に提示を求められた際に携帯していないと、罰金を課せられる。しかし、居住地が近くであることを伝えると、警察官が自宅まで同行し罰金を請求するため一時的に罰金を払わなくてもすむ。

近年ではICチップを組み込んだ「智能身份證」へのICカード切り替えが進められており、運転免許との連動や公共図書館の利用票など、公的機関での本人確認等での利用が計画され一部は実用化されている。

この制度は、中国本土との出入境管理がなされていなかった時期に、流入してきた難民と香港の住民を区別するため、1951年に始められた。

ドイツ[編集]

ドイツIDカードの表面見本

ドイツでは16歳以上のドイツ市民に"Personalausweis"と呼ばれるIDカードかパスポートを持つことが義務付けられているが、持ち歩く必要はない。警察官等はIDを提示することを求める権利があるが、要求されてもその場で見せる義務はない。必要な場合は警察署や市役所に持って行くか、自宅で提示することが出来る。 Personalausweisの有効期間は24歳未満が6年間、24歳以上が10年間である。同カードは欧州連合加盟国シェンゲン圏への旅行に際しては、パスポートと同じ効力を持つ。またその他一部の国・地域への旅行についても有効であるが、滞在可能日数やビザの必要性、入境手段などの条件は個別に異なる。たとえば同カードの所持者がトルコへ旅行する場合、180日の期間のうち90日間までの滞在であれば、同カードだけで入国が認められる。

スペイン[編集]

スペインではDocumento Nacional de Identidadと呼ばれるIDが14歳以上に発行される。

ベルギー[編集]

ベルギーでは12歳以上の全国民に電子証明書入りのIDカード(eIDカード)が発行され、15歳以上の国民は、常にカードを携帯することが義務付けられている。これはベルギー在住の外国人も同様で、装丁は異なるが電子証明書入りのIDカードが交付される。EU圏内では随時電子証明書入りのIDカードに変更される予定であるが、ベルギーを始めとした数か国のみである。そこで交付時にプリントアウトしたものを別に渡され、ベルギー国外で使用することを指示される[26]

オーストリア[編集]

オーストリアでは、専用のカードをつくるのではなく、すでに使用している既存のカード(健康保険証や銀行のキャッシュカード等)で機能、性能が仕様を満たしているものについて、電子証明書などの必要な情報を入れて、それをeIDカードとして利用している。

eIDカードの所持は必須ではないが、eIDカード化が可能な健康保険証カードはほぼ全国民(約800万人)に行き渡っている[27]

中華民国(台湾)[編集]

中華民國國民身分證」により公的な身分を証明している。管轄は内政部(総務省)。発給事務は各地の戸政事務所が行う。発給年齢は14歳以上。14歳未満は申請により発給。

指紋登録は14歳未満は不要で、14歳となった時に登録すればよいことになっている。また、常時携帯義務があるが、例えば検問などで所持していなくても、自己の番号を記憶しておれば足りる。

日本統治時代の台湾では「良民証」という制度があった。中国国民党政府移行後は、1931年戸籍法により戸籍調査を実施。それをふまえて1939年に国民兵役証が定められたのが端緒とされる。

現在まで6回の改正が行われ、おおむね10年おきに仕様が変更される。現行の第6代国民身分証は2004年制定され、2005年7月更新発行。表面に氏名、生年月日、性別、身分統一編号(個人番号:最初に登録した時点での本籍地記号+数字9桁)と写真、裏面に両親の氏名、配偶者の氏名、出生地、住所が記載されている。従前は手書きで、住所の移動、本籍地なども記載されていた。

2020年に集積回路付きの新ICカード(第7代)に移行する。電子マネー機能が搭載される予定。さらに運転免許証、健康保険証機能などの搭載について現在検討されている。

中華民国国民身分証 2005年版表面
中華民国国民身分証 2005年版裏面
中華民国身分証に使われる個人番号のアルファベット採番規則
現在使用中のもの 県市合併により廃止したもの
記号 番号 行政区
A 10 台北市
B 11 台中市
C 12 基隆市
D 13 台南市
E 14 高雄市
F 15 新北市
G 16 宜蘭県
H 17 桃園市
I 34 嘉義市
J 18 新竹県
K 19 苗栗県
記号 番号 行政区
M 21 南投県
N 22 彰化県
O 35 新竹市
P 23 雲林県
Q 24 嘉義県
T 27 屏東県
U 28 花蓮県
V 29 台東県
W 32 金門県
X 30 澎湖県
Z 33 連江県
記号 番号 廃止県 廃止時期 合併先市
L 20 台中県 2010年12月25日 台中市
R 25 台南県 2010年12月25日 台南市
S 26 高雄県 2010年12月25日 高雄市
Y 31 陽明山管理局 1975年 台北市

マレーシア[編集]

マレーシアにでは12歳以上のすべての国民に「MyKad」と呼ばれる身分証の携帯が義務づけられている。Mykadは2001年に登場した多目的ICカードで、自動車免許証、出入国情報記録、電子財布、ATM機能を持っている。

中国[編集]

中華人民共和国居民身分証

中華人民共和国では16歳以上の全国民に「居民身分証」(中国での表記は「分」に人偏が加わる)が交付される。発行元は住所地管轄の公安局。発行番号は18桁あるが、社会人になるとこれを使用する機会が非常に増えるため、みんな自分の個人番号を暗誦できるという。発行番号は第1・2位は省番号、3・4位は市・区の番号、5・6位は県・町・村番号、7 - 14位は生年月日、15 - 17位は個人番号(偶数は女性、奇数は男性)、そして最後の18位は識別用のコード。2004年よりICチップを内蔵した2代目様式の発行を開始し、2012年をもってICチップのない初代様式は廃止された。ICチップは鉄道自動券売機において本人確認として利用されている。

タイ[編集]

タイ王国では15歳以上の市民と在留外国人が国民身分証携行を義務付けられている。

韓国[編集]

大韓民国では満17歳になった時点で、常時携帯が義務付けられる「住民登録証」が交付される。職務質問では、第一声にそれを見せるように言われるようである。特に住民登録番号は、日常生活で必要不可欠なものとなっており、申込書等において必ず記入させられる項目であり、インターネットにおける会員登録においては本人確認手段として利用されている。

インド[編集]

インドでは、適切な個人識別制度が存在しておらず、低所得者への配給や補助の4分の1が不正受給されていたという問題があった。これを解消するため、個人識別制度として、顔写真、両手の全ての指の指紋、両眼の虹彩の情報を登録したアドハーを2010年から交付している。

2016年には、携帯電話SIMカードの取得、納税申告書の提出といったサービスを利用するのにアドハー番号が必須となっている。

エストニア[編集]

エストニアでは2002年よりエストニア国民にeIDカードの発行を始めた。

eIDカードは公的な身分証明書となり、運転免許証や健康保険証の代わりにもなる。

脚注[編集]

  1. ^ (法令用語研究会 2012), "普通には、官庁、会社、学校その他の機関にその所持者が所属していることを証する文書。法令上は、租税の徴収、立入検査など法令によって特別の権限を与えられ、又は行為能力を付与されている公務員等が、その権限行使等に際してその地位にあることを証するために、これらの者に交付される書面を指す場合が多い。"
  2. ^ 'If everythings's fine, why's it being tough questions over PSC, http://www.thejournal.ie/public-services-card-oireachtas-commitee-2-3865142-Feb2018/ 
  3. ^ Wary of the Public Services Card? You have good reason to be
  4. ^ (Quarmby 2003) "If there is no reasonable expectation of privacy with regards to one's DNA information, the obtantion of that information will not constitute a search. The DNA card scheme at issue here would not therefore come under 4 th Amendment scrutiny"(訳:もし人のDNAの情報を考慮にいれたプライバシーの合理的な期待がないならば、その情報の取得はひとつの検索を構成しないだろう。ここにおいて発行するDNAカードの枠組みはしたがって4th Amendment security のもとには上らないであろう。)
  5. ^ DNA ID Profiling and Banking”. Identigene website (2008年1月3日). 2007年10月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月11日閲覧。 “The powerful DNA profiling technology is encouraged to be used by parent(s) when adopting newborn chilidren. Insurance companies use DNA profiling as a precautionary tool to protect against life insurance fraud. Lawyers are bundling these services with packages, such as the Last Will and Testament, to assist in protecting the assets of large estates.(訳:強力なDNA鑑定の技術は、新しく生まれる子供を受け入れるときに、両親による利用によって促進される。生命保険詐欺英語: Insurance fraud #Life insuranceを防止するような予防の道具として、保険会社はDNA鑑定を使う。大きな資産の一項目を守ることを助けるように、遺言のような、パッケージとして、これらのサービスを法律家たちは組み入れる。)”
  6. ^ Surveilance & Identification: Identity”. Caslon Analytics reserch, analysis and strategies consultancy (2006年12月13日). 2008年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月11日閲覧。 “As a German policeman once said, you are who your papers say youare. Take away hose papers and you have no identity. Identification schemes - whether based on an individual's innate characteristics (e. g. DNA) or external attributes such as password or code number - faacilitate participation by individuals with the requisite credentials in the "economic, social and political dimensions of society"(訳:かつてあるドイツ人の警察官が言ったように、あなたは、あなたの書類があなたであると言うところの者である。あなたはこれらの書類と、あなたの本人性を捨てなさい。本人確認の枠組みは―個人のひとつの内的な特性(たとえば、DNA)によろうが、パスワードやコード番号のような外的な属性のいずれにせよ―「社会の経済的、社会的、ならびに政治的次元」での個人資格証明書英語: credentialを必要とする個人たちによる関係を容易にする。)”
  7. ^ BEEsafe Personal ID program”. Laboratory Collection Services. 2007年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月11日閲覧。 “The area of the DNA molecule used for identification testing is known as a non-coding region. This region gives absolutely no genetic information about your race, medical history, ore pre-disposition to a disese. DNA is the ultimate tool for personal identification. Every individual has a unique set of DNA markers, which are inherited from their pairent(s). Therefore, your loved one can be easily identified by their specific DNA profile. DNA Profiling is highly recommended by Law Enforcement Agencies nationwide as an identification method for all of your family. Acquiring a DNA Profile for your loved one is easy, painless, affordable, and need only be performed once, since his or her profile will not change over time.(訳:個人識別検査に用いられるそのDNA分子のその部分は、非-符号化領域として知られる。この領域は、あなたの人種、医療経歴、もしくは先-疾病性向についての遺伝学的情報を絶対に与えない。DNAは個人識別の究極の道具である。各々の個人は、彼らの両親から受け継いだものである、ひとつの  単一のDNAマーカーをもつ。したがって、あなたの愛した人は彼らの特別なDNA鑑定から容易に識別できる。DNA鑑定は、あなたの親族のすべてにたいするひとつの識別方法として法律執行の行政庁によって全国的に推薦される。あなたの愛した人に対するDNA鑑定をすることは、容易で、痛みがなく、得られやすい、そして彼もしくは彼女の属性は時間の経過にわたり変わらないので、一度しか実行を必要としない。)”
  8. ^ (Garfinkel 2001) "When the technology was first introduced, scientists, lawyers, and civil libertarians argued over whether the underlying science was sound, and if the technology actually worked. Today, DNA identification is widely accepted as absolutely accurate - and we are struggling with the social implications of this newfound precision"(訳:最初に技術が導入されると、科学者、法律家、そして市民の自由主義者たちは、基づく科学が安全あるいは有効であるかどうかについて、そしてその技術が実際に働くならば、意見を述べる。今日、DNA鑑定は絶対的に正確なものとして広く受け入れられている―そして私たちは、この新しい正確さの社会的な絡み合いに対して奮闘している。)
  9. ^ Daward (2005).
  10. ^ Combien coute une Carte Nationale d'Identite?”. Vos Démarches. French government. 2019年8月14日閲覧。
  11. ^ Zaba (2005).
  12. ^ 仮運転免許を含む
  13. ^ 有効期限内に限る
  14. ^ 2012年4月1日以降に交付されたもの
  15. ^ 終身有効であるため、貼付されている取得当時の本人写真と、身分証明証として使用する時点の容貌が各個人によっては大きく変容しており確認を受ける際に時間を要することがある。
    総務省 電波利用ホームページ|よくある問い合わせ
  16. ^ 写真付で写真貼替え防止がなされているもの
  17. ^ 顔写真付のBタイプ
  18. ^ 運転免許証や定住外国人の外国人登録証明書はまず問題なく通用するが、運転免許証以外の各種免許免状や資格者証では、日本国政府やそれに準ずる機関の発行であっても、通用しない場合がある。知られていないだけと言うこともあるが、一番の理由は「現住所の記載が無い」「有効期限が無い」と言う点である。また、健康保険の被保険者証などは「証明写真が無い」ことで、持参者が本人であるかどうか確認できない点で有効でない(一応、不正使用は詐欺罪に問われるという抑止があるものの)場合がある。また簡易保険の加入に際しては、性別が明記されている証明書が必要であるため、運転免許証では効力がない。
  19. ^ 戸籍法住民基本台帳法に基づくもの。
  20. ^ 店舗(対面商法)で行う新規契約・機種変更・加入サービスの確認や変更・料金収納など。携帯電話本人確認法に基づくもの。
  21. ^ 所得税法第224条第1項、同法施行令第337条第2項、同法施行規則第81条の6を参照。
  22. ^ 運転免許証は転居の際は届出により裏面に証明がされ、更新まではそれで通用する
  23. ^ 住民基本台帳法の一部を改正する法律の概要 (PDF)”. 総務省. 2013年4月14日閲覧。
  24. ^ 店によっては、キャッシャーの後ろの壁に「この施設を使うためには、あなたはyyyy年mm月dd日またはそれ以前に生まれていなければならない」と書かれた札が掲示されているのを見ることさえある。日付は当然毎日更新される。
  25. ^ 米国土安全保障省、テロ対策の「REAL ID」規制を発表 ITmedia News 2008年1月12日
  26. ^ 米議会、国民 ID カードに関する公聴会を開催 - japan.internet.com パブリック - ニュース
  27. ^ 漏えい被害を限定的に抑制――オーストリアの国民ID番号:ITpro
  • Quarmby, Ben (2003-01-31), “The case for national identification cards”, 2003 Duke L. & Tech. Rev. 0002 (Duke University), http://www.law.duke.edu/journals/dltr/articles/2003dltr0002.html 2008年1月11日閲覧。 
  • Garfinkel, Simon (January 2001) [2000]. “3 Absolute Identification”. Database Nation: The Death of Privacy in the 21 st Century (Paperback). O' Reilly & Assoniations. ISBN 978-0-596-00105-6. http://www.oreilly.com/catalog/dbnationtp/chapter/ch03.html. 
  • 法令用語研究会「みぶん-しょうめいしょ【身分証明書】」『有斐閣法律用語辞典』有斐閣、2012年6月、1091頁。ISBN 978-4-641-00028-5
  • Daward, Jamie (2005年5月29日). “ID cards to cost £300 per person”. The Guardian (London). http://observer.guardian.co.uk/politics/story/0,,1494944,00.html 2010年5月5日閲覧。 
  • Zaba, Christina (30 May 2005). “When the eyes don't have it”. Newstatesman. オリジナルのMay 16, 2008時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080516174435/http://www.newstatesman.com/Ideas/200505300020. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]