IBM HTTP Server

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
IBM HTTP Server (IHS)
開発元 IBM
最新版 V8.0 / 2011年4月
対応OS クロスプラットフォーム
種別 Webサーバ
公式サイト IBM HTTP Server
テンプレートを表示

IBM HTTP Server(IBM HTTPサーバー、IHS)は、IBMが提供しているWebサーバー(HTTPサーバー)

概要[編集]

IHSは、Apacheソフトウェア財団Apache HTTP ServerをベースにIBMがカスタマイズしたHTTPサーバーで、メインフレームからx86システムまでのクロスプラットフォームで稼働する。バージョンにもよるが主な稼働環境は以下である。

IHSはWebSphere Application Server (WAS) の一部(コンポーネント)として提供されており、WASのライセンスを持っている場合は、WASの一部としてIBMがサポートしている[1]。 IHSは単独のソフトウェア製品としては販売されておらず、バージョンによっては無料でダウンロードして使用する事もできるが、その場合はIBMからのサポートを受けることはできない。

Apache HTTP ServerからのIBMによる拡張には、サポートするプラットフォームにもよるが、以下のようなものがある[2]

  • WebSphere 管理コンソールのサポート
  • 複数のプラットフォームへの一貫したインストールを可能にするIBM InstallShield
  • キャッシュ・アクセラレータのFast Response Cache Accelerator (FRCA)
  • セキュリティに関する機能追加(Serverヘッダーの抑制や、TRACEの無効化などを行う追加のディレクティブの提供など)
  • WASと連携するためのPluginモジュール

バージョン[編集]

  • IBM HTTP Server V1.3.12 (2000年8月) - WebSphere Application Server V3.5に同梱。Apache 1.3ベース。
  • IBM HTTP Server V1.3.19 (2001年6月) - WebSphere Application Server V4.0に同梱
  • IBM HTTP Server V1.3.26(2003年1月) - WebSphere Application Server V5.0に同梱
  • IBM HTTP Server V1.3.28(2004年1月) - WebSphere Application Server V5.1に同梱
  • IBM HTTP Server V2.0.42(2003年1月) - WebSphere Application Server V5.0に同梱。Apache 2.0ベース。
  • IBM HTTP Server V2.0.47(2004年1月) - WebSphere Application Server V5.1に同梱
  • IBM HTTP Server V6.0 (2005年2月) - WebSphere Application Server V6.0に同梱。Apache 2.0.47ベース[3]。IHSのバージョン番号がWASに揃えられた。
  • IBM HTTP Server V6.1 (2006年6月) - WebSphere Application Server V6.1に同梱。Apache 2.0.47ベース。
  • IBM HTTP Server V7.0 (2008年10月) - WebSphere Application Server V7.0に同梱。Apache 2.2.8ベース。
  • IBM HTTP Server V8.0 (2011年4月) - WebSphere Application Server V8.0に同梱。Apache 2.2.8ベース。

参照[編集]

  1. ^ 【FAQ】 IBM HTTP Serverのプロダクト・ライフサイクル
  2. ^ HTTP Server の主な相違
  3. ^ 【FAQ】 IBM HTTP Server(IHS)が対応するApacheのバージョン

関連項目[編集]

外部リンク[編集]