Help:MediaWikiに適応するブラウザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ようこそ - ガイドブック - チュートリアル - 早見表 - FAQ - ヘルプ - 用語集 - 利用案内 - 質問

ウィキペディア日本語版のヘルプページです。


閲覧する
検索
記事とは何か
脚注の使い方
典拠管理
Media Viewer
ファイルの説明ページ
音声・動画の再生
ブックの作成
PDF形式でダウンロード
印刷用バージョン
リンク元の検出
特別な機能をもったページ
適応するブラウザ
携帯端末でのアクセス
ページの変更を追う
最近更新したページ(拡張版)
関連ページの更新状況
ウォッチリスト
履歴差分の表示
利用者の投稿記録
ナビゲーション・ポップアップ
フィードの利用
アカウント
ログインの仕方
個人設定
システムメッセージ
外装の詳細設定
ヘルプの目次へ

ウィキペディアで使われているシステムのMediaWikiに適応したパソコンの環境を説明していきます。主にMediaWikiが対応しているのは、デスクトップとモバイルの両環境における主要なブラウザの最近から現在のバージョンです。ページを閲覧するのに、どのブラウザにどのような問題があるかも紹介します。

それとは別に、特殊文字の対応が必要となりますが、最近のOSでは対応していることも多いでしょう。特殊文字を参照してください。

対応するブラウザ[編集]

MediaWikiは、主要なブラウザの最近から現行のバージョンに対応しています[1]

公式に表示や動作の確認を行っているブラウザは、具体的には以下です。

デスクトップ(2016年3月現在[1]

Mozilla Firefox / Google Chrome / Opera は、ウィキペディアで一般的に用いられる動画形式にも、何もしなくても対応します(詳細は、Help:音声・動画の再生

モバイル(2016年3月現在[1]

最新の文書ではないですが、モバイルでは iOSでは Mobile Safari、Chrome for iOS を含むとされ、他のOSでも Chrome for AndroidFirefox for AndroidIE MobileBlackberry Webkitに対応する旨が記載されています[2]。モバイルから編集できることにも力を入れており[3]、2015年には全利用者が編集可能となりました[4][5]

以上は、ビジュアルエディターなどJavascriptによる機能が動作するかとか、CSS 3によるデザインがうまく表示できているかといった点が確認されます[2]。かなり古いとか主流でないブラウザは、積極的に対応する必要がないとみなされています[1]。しかし、表示の問題や機能的な制限はあるものの表示はできるようになっているようです[1]。もうほとんど使われていないブラウザに至っては、全く役に立たないような対応はなくても不都合はないという考え方にあります[6]

例えば、以前の Internet Explorer 8 (IE8) の Javascript の動作は、2016年中頃から Mediawiki のサポート対象から外されます[7]。IE8 は HTML5 や CSS 3 の表示の対応が不十分です。2014年4月にメーカーによるサポートが終わっている Windows XP で使える一番新しいブラウザが IE8 です。2016年より、Google Chrome も Windows XP をサポートしないとするなど、古い環境は様々なサポートが打ち切られる傾向にあるでしょう。

またJavascriptの機能を無効にしていても、検索の全文検索ができる[8]通知のバーが表示される[9]、利用者に感謝の通知を送る[10]、モバイル用表示からも編集ができるといったように[11]、対応は継続的に施されています。

Microsoft Windows[編集]

2016年4月現在、多言語フォントの描画に関する問題はWindows 10において完全に解決しています。以前のWindows 8.1までは、そうではありません。

各ブラウザでのインストールしても表示不可能な言語[編集]

2016年4月現在、環境 Windows 10。

  • Microsoft Edge 25.10586.0.0 / Internet Explorer 11.162.10586.0 / Mozilla Firefox 45.0.1 / Opera 12.18
なし
  • Google Chrome 51.0.2700.0 / Opera 38.0.2190.0
ゴート語
  • Vivaldi 1.0.435.42 / QupZilla 2.0.0
彝語, ゴート語, ブギス語

参考リンクはこの脚注を参照[12]

Microsoft Edge[編集]

Microsoft Edge では、仕様のフォントが描画されます。フォントは設定などから変更できません。2016年現在、MicrosoftはEdgeのフォントの設定に関し何も発表していません。

Internet Explorer[編集]

Internet Explorer 11 (IE 11)では、仕様のフォントが描画されます。IE 11は[13]、 上記の Edgeと異なりフォントの設定画面はありますが、MediaWikiを表示する際には反映されません。描画の質は、Edgeと同一です。

Microsoft は、IE から Edge へと開発の主軸を移していますので、Windows 10 では Edge の使用が推奨されるでしょう。

Google Chrome・Chromium[編集]

2016年4月現在、ゴート語が表示できませんが、これはChromiumのバージョンに依存しているため設定などで修正できません。

Google Chromeでは、フォントの描画は非常に鮮明です。フォントのギザギザ感を処理するアンチエイリアスの描画に、標準の状態でナチュラルシンメトリックが用いられているためです。またFirefox よりも、ボールドフォントがやや細めに表示されます(下記の Gecko あるいは Goannaエンジンを用いたすべてのブラウザよりも)。

Mozilla Firefox[編集]

Mozilla Firefox では、2016年現在、フォントの描画に問題はありません。Firefox には Geckoエンジンが用いられており、このエンジンを用いたブラウザでも同様でしょう。

Geckoエンジンでは、アドオンの Anti-Aliasing Tuner を使うことで、フォントの描画のためのアンチエイリアスも、ナチュラルシンメトリックを指定するなど好みに調整できます。

Pale Moon[編集]

2016年現在、フォントの描画に問題はありません。Pale Moon には Goanna エンジンが用いられており、このエンジンを用いたブラウザでも同様でしょう。

Goannaエンジンでは、about:configの gfx.font_rendering.cleartype_params.rendering_mode からフォント描画のモードを変更することもできます。詳細は、以下を参照してください。ClearType issue after upgrading to 7.0 (Pale Moon Forum)

Opera[編集]

Chromium版のOperaはGoogle Chromeの項目を参照してください。

Presto版のOpera 12.18では、フォント・ゴシック体の太さが正確ではなく、ボールドで全文が表示されるバグがあります。描画にアンチエイリアスは効きません。

Safari[編集]

Windows版のSafariは更新されておらず、2012年セキュリティ上の警告が発せられています。情報処理推進機構(IPA)の情報サイト JVN にて、使用を停止するよう勧告されています。

QupZilla[編集]

QupZillaを含むQtWebEngine使用ブラウザは、Google Chrome・Chromiumの項目を参照してください。Chromiumの採用ヴァージョンが明確に遅いという欠点があります。WindowsXPでも利用できます。

Vivaldi[編集]

Google Chrome・Chromiumと問題は同様ですが、Chromiumの採用ヴァージョンが少し遅れます。

Mac OS X[編集]

Safari
アラビア語版にログインできません。
Opera
クイックバーの固定ができません。
編集入力欄の文字サイズが、他の文字サイズに比して小さくなる場合は、環境設定でフォントサイズを指定することにより改善できます。

UNIX[編集]

w3m、w3m-m17n
端末の表示文字セットをEUC-JPにしている場合、以下のJIS X 0208の記号が表示されません。UTF-8にしている場合は表示できます (w3m 0.5.2で確認)。
  • 1区 ´¨―‐∥…‥‘’“”±×÷≠≦≧∞∴♂♀°′″℃§☆★○●◎◇
  • 2区 ◆□■△▲▽▼※→←↑↓∈∋⊆⊇⊂⊃∪∩∧∨⇒⇔∀∃∠⊥⌒∂∇≡≒≪≫√∽∝∵∫∬ʼn♯♭♪†‡¶
  • 8区 ─│┌┐┘└├┬┤┴┼━┃┏┓┛┗┣┳┫┻╋┠┯┨┷┿┝┰┥┸╂
スタイルシートを解釈しません。
フロート配置ができないため、フロートしているテンプレートが閲覧の邪魔になる場合があります。
端末や環境の設定が正しくないと表示が崩れます。
Lynx
スタイルシートを解釈しません。
テーブルを解釈しないため、差分表示が見難いことがあります。
フロート配置ができないため、フロートしているテンプレートが閲覧の邪魔になる場合があります。
端末や環境の設定が正しくないと表示が崩れます。

携帯電話[編集]

docomo[編集]

iモードブラウザ1.0
主に2009年3月までのDoCoMoの携帯電話に搭載されたiモード対応HTML用のブラウザです。
JavaScriptに非対応のため、文章としてプログラミング記述がそのまま表示され、閲覧が見苦しくなります。

ゲーム機[編集]

使用してはならないブラウザ[編集]

Netscape Navigator 4.x以前
様々な問題があります。32キロバイト以上のテキストを編集すると内容を破壊します。また、閲覧中頻繁にクラッシュします。
携帯電話(いわゆるガラケー)のブラウザ
2004~2005年よりログインしていない状態では編集投稿がブロックされています。Wikipedia:投稿ブロックの方針#携帯電話ブラウザを参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l mw:Compatibility (MediaWiki、 2016年3月5日04:27版) 閲覧:2016年3月21日
  2. ^ a b mw:Compatibility/Software for using MediaWiki (MediaWiki、2015年6月10日15:33版) 閲覧:2016年3月21日 現行版に古い文書であることの注意書きがある。
  3. ^ Research:Mobile editor engagement (Metawiki)
  4. ^ 2013年に登録利用者が編集できるようになりました:WikimediaMobile 2013年7月24日 (Twitter)
  5. ^ 2015年より登録なしでも編集できます。技術/ニュース/2015年/14週 (Metawiki、2015年3月30日)
  6. ^ Backward compatibility (Mediawiki、2010年11月5日16:10版) 現行版に古い文書であることの注意書きがある。
  7. ^ 技術/ニュース/2016年/02週 (MediaWiki)
  8. ^ 技術/ニュース/2014年/07週 (Metawiki)
  9. ^ 技術/ニュース/2014年/04週 (Metawiki)
  10. ^ 技術/ニュース/2013年/51週 (Metawiki)
  11. ^ 技術/ニュース/2016年/07週 (Metawiki)
  12. ^ Alan Wood’s Unicode ResourcesUnicode Support in Your BrowserTITUS
  13. ^ Internet Explorer 11.162.10586.0、時期としては2016年の4月のバージョン。

関連項目[編集]