Help:キャッシュ破棄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ようこそ - ガイドブック - チュートリアル - 早見表 - FAQ - ヘルプ - 用語集 - 利用案内 - 質問

このページはウィキペディア日本語版ヘルプページです。


編集の基本
ページの編集
新規ページの作成
記事名チェック
文書の体裁
セクションと目次
箇条書き   表の作り方
脚注 | ISBNのリンク
特殊文字
HTMLタグの使用
画像などの利用
画像の表示
ファイルページ
数式の書き方
リンクする
リンク | URL
パイプ付きリンク
言語間・ウィキ間リンク
ウィキデータ
カテゴリ
リダイレクトソフト
ページの位置づけ
名前空間
サブページ
ミスなどの修正
新規ページのパトロール
以前の版にページを戻す方法
ページの移動
作業の効率化
マジックワード
テンプレート早わかり
テンプレートの制限
条件文 | テンプレートの説明文
ナビゲーションボックス
コミュニケーション
要約欄
細部の編集
ノートページ | 過去ログ
ウィキラブ
ウィキメール | 感謝
その他
編集の競合
ページ名の働き
記事の定義
ページサイズ
音声・動画の作成と利用
棒グラフの書き方
サンドボックス
ウィキポータル
ヘルプの目次へ

最新のページを表示するために、キャッシュを破棄する必要がある場合があります。これは、テンプレートやサブページが参照読み込みされている場合です。キャッシュ、つまりサーバーに保存されているページを破棄する事で、ページが再構築され、最新の状態になります。

サーバーとは別に御使用のブラウザが、ページを前回に見た時の情報を保存するために、古いページが表示される事があります。まず、ブラウザの再読み込みを試して下さい。(「ブラウザ」「再読み込み」でウェブ検索して下さい。)

ページ表示の更新は、どの方法のキャッシュ破棄でもできます。しかし、カテゴリやリンク元を更新するには、後述する空編集が必要であり、他の方法ではできません。画像の更新の説明には一つの節を充ててあります。

キャッシュを破棄するページは、テンプレートなどを読み込む側であり、読み込まれる側ではありません。キャッシュの破棄をすると、サーバーの処理力を少し消費します。

方法[編集]

キャッシュの破棄は数分かかる事もありますが、普通はただちに効果が出ます。

単純にリンクをクリック[編集]

最初から「キャッシュを破棄」というリンクがあるページもあります。(例: Wikipedia:削除依頼 = WP:AFD) この時は、リンクをクリックするだけで、キャッシュが破棄されます。

WP:AFDは一日一回更新される{{削除依頼 審議・投票中}}を読み込みますが、このテンプレートの更新がWP:AFDに常に反映される訳ではありません。キャッシュを破棄する事で、最新の状態に更新されます。

技術的には、この方法は後述する#サーバーへのリクエストにより実現されています。キャッシュ破棄のリンクは、テンプレート{{purge}}で作れます。

空編集[編集]

編集可能なページであれば、空編集 (からへんしゅう、英: null edit) でもキャッシュを破棄できます:

  1. ページ上部の「編集」タブをクリックします。
  2. 「投稿」ボタンをクリックします。この時、ページの内容には一切修正を加えないで下さい

空編集をしても、何も保存されず、ページの履歴にも表示されません。要約欄に何かを書いても内容は無視され、空編集になります。

ページの最後にのみ改行を足しても、空編集になり、保存されません。節編集は空編集にならず、変更が保存される場合があります。

ページの保護や、移動でもキャッシュは破棄されるらしいです。

長所・短所
他のキャッシュ破棄の方法では、カテゴリやリンク元は更新されません。空編集でのみ可能です。一方で、保護されているなど編集できないページには、空編集はできません。カテゴリやリンク元の更新の為には、待つしかありません。(更新までにかかる時間は、サーバーがどの程度混んでいるかによります。何日もかかる場合もあります。カテゴリのリンクの変更はジョブ・キューに送られ、サーバーの負荷が少ない時に再キャッシュされます。)

日本語版ウィキペディアのコミュニティでは、履歴の補充のための操作 (Help:ダミー編集参照) も「空編集」と呼ばれていますので、気をつけて下さい。必要な時は、「キャッシュ破棄の空編集」と呼んで区別して下さい。履歴補充の空編集では、わずかですが、実際に変更を加えます。

Help:空編集は曖昧さ回避ページになっています。

個人設定[編集]

ログインすれば、キャッシュ破棄を助けたり、ブラウザのキャッシュを使わないようにするオプションがあります。特別:個人設定をご覧下さい。特別:ガジェットも参照。コモンズでのガジェットに関しては、commons:Help:purge (英語) を参照。

サーバーへのリクエスト[編集]

URLに ?action=purge を付加してキャッシュを破棄
ログインしていない場合は、確認画面が表示されます。OKをクリックして下さい。

MediaWikiサーバーに、キャッシュを破棄してもらう方法もあります。URLの末尾に ?action=purge を追加して下さい。ただし、URLに疑問符 ? が含まれない場合、同じ事ですがイコール = が含まれない場合です。含まれる場合は &action=purge を追加します。

これを最も簡単に行うには、ページ上部の「編集」か「ソースを表示」を押し、URLの最後の "action=edit" を "action=purge" に変更すると良いでしょう。

技術的解説[編集]

ページを編集すると、MediaWikiのソフトはメインのデータベースに変更を保存します。それ以後は、ページのコピーが二次的サーバーの「キャッシュ」に作られます。キャッシュの寿命は、次の編集までです。サブページやテンプレートの編集をしても、効率の為に読み込む側のキャッシュは再生成されるとは限りません。キャッシュを破棄する事で、ページが再構築されます。

画像[編集]

画像のサムネイルを更新するには、画像ファイルページと、画像を読み込むページの片方、または両方のキャッシュを破棄します。

最初に画像をクリックし、ファイルページを開きます。コモンズの画像の場合は、更にコモンズのページに移動します。普通にキャッシュを破棄します。ガジェットを使うと良いかも知れません。MediaWikiが画像の縮小を行うには少し時間がかかるでしょう。特にアニメーションGIFの場合はそうです。要する時間はサーバーの混み具合によります。

少し経ったら、画像を読み込むページに戻り、再び読み込んで下さい。ブラウザ側のキャッシュを破棄する事をお忘れなく。まだ古い画像が表示されるようならば、そのページのキャッシュを破棄して下さい。

それでも更新されない時は、サーバーがサムネイルのURLでエラーページをキャッシュし、実際のサムネイルが保存されていないので普通にはキャッシュ破棄がされていない可能性があります。この時は、例外的なURL、たとえば末尾に ?1 を追加してサムネイルを表示し、その後でキャッシュ破棄をして下さい。それでも駄目ならば、どこかに相談して下さい。

関連項目[編集]