Happy Wheels

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Happy Wheels
ジャンル アクションゲームフリーゲーム
対応機種 WebブラウザAdobe Flash)、iOS (アップル)
開発元 Fancy Force, LLC.
運営元 Fancy Force, LLC.
バージョン v1.87[1](Webブラウザ版・2015年10月27日[2]
人数 1人
運営開始日 2010年6月4日(Webブラウザ版)[3]2015年8月19日(iOS版)[4]
テンプレートを表示

Happy Wheels(ハッピーホイールズ)とは、Fancy Forceが提供する無料アクションゲームである。

概要[編集]

ラグドール物理を利用したグロテスクな表現とレベルエディター機能が特徴[5]。ホームページ及びゲームは全体的に英語のみでのサポートとなっている。広告から収益を得ている[6]

現在、Webブラウザ版(Adobe Flashを使用)とiOS版が公開されており、開発側はAndroid版を出す意欲も示している[7]

操作方法[8][編集]

操作キャラクター[編集]

彼らに共通する特徴として、ダメージを受けるたびに苦悶の声を上げ、胴体が切断された際は大きな絶叫を上げしばらくしたのちに死亡する。また、二人以上が乗り物に乗る場合、本体が死亡した場合は基本的に運転が不能となりゴール判定も発生しなくなるが、それ以外のキャラクターの生死はゴール判定に影響しない。

PC、iOS版共に使用可能なキャタクター[編集]

年老いた男性(車いす)
服がボロボロで不衛生な印象の老人。PC版のタイトル画面に登場するのは彼と後述の中年女性のみ。
ジェットエンジンが付いていて飛べる。ジェットエンジンは向きを変えることができる(iOS版では不可)。
サラリーマン(セグウェイ)
スーツを着た中年男性。
ジャンプ機能が付いているので階段や障害物も乗り越えられる。腕がなくなると運転が不能になる。
父親と息子(後部チャイルドシート付き自転車)
親子二人組。本体は父親。
息子が死亡すると父親は少し悔しがる。息子が死亡してもゴール判定には影響しないが、父親が死んでしまうと運転が不能になる。iOS版では息子は自転車から落下しても死亡しなくなった(息子に関するグロテスク表現の削除)。
中年女性(電動ショッピングカート)
肥満体型の中年女性。
ショッピングカートにはセグウェイと同様のジャンプ機能がある。
カップル(バイク)
男性がバイクを操作しており、女性はその後ろに座っている。本体は男性。男性が死亡すると女性は嘆き悲しむ。
一定時間通常より速度が出せる機能が付いている。
若い男性(ホッピング)
車輪が無い代わりに高くジャンプする機能がある。普通に進行するとホッピングに乗ったまま前転あるいは後転しながらすすむ。
因みにiOS版では使用キャラの中に一応含まれているものの、現在全キャラクターの中で唯一一切使用することが出来ない。

PC版専用キャラクター[編集]

黒人男性(芝刈り機)
肥満体系で大柄な黒人男性。
機体の底には芝刈り用の刃がついており、人間や一部のアイテムを吸い込んで消滅させることが可能。またジャンプ機能も持つ。
冒険家(トロッコ)
帽子を被った冒険家。
ほかの乗り物と比べて速度は速め。
サンタクロース(ソリ)
そりに乗ったサンタクロースと、そりを引く少年二人の三人組。本体はサンタクロース。一応少年二人がそりを引く形にはなっているが、少年が二人共死亡しても問題なく移動できる。また少年が死亡するとサンタクロースは笑う。
一定時間浮くことができる(なぜか放り出したプレゼントも遠隔で浮く)。
母親と娘と息子(前部チャイルドシート付き連結自転車)
母親と娘が漕ぐ。本体は母親。母親が死亡しても娘が生きていれば一応走れるが、この状態でゴールしてもゴール判定にならない。
中年男性(一人用ヘリコプター)
空中を自由自在に飛び回ることが可能。磁石のようなもので何かに吸着する機能がある。
プロペラに巻き込まれた人間や一部アイテムは粉々に砕ける。またプロペラは強い衝撃を受けると破損してしまう。プロペラが壊れると転がって進むことが出来る。

脚注[編集]

  1. ^ 起動直後の画面に表示される内容
  2. ^ Totaljerkface.com - Home Of Happy Wheels - News Comments” (英語) (2015年10月27日). 2016年2月29日閲覧。タイトル"Yet another minor Happy Wheels update" 執筆者が確認できた最新の更新報告。
  3. ^ Totaljerkface.com - Home Of Happy Wheels - News Comments” (英語) (2010年6月4日). 2015年11月16日閲覧。タイトル"Happy Wheels" 本文中"soooooo... here's my new game, Happy Wheels. (私の新しいゲーム、Happy Wheelsです)"から。
  4. ^ Totaljerkface.com - Home Of Happy Wheels - News Comments” (英語) (2015年8月19日). 2015年11月16日閲覧。タイトル"Happy Wheels iOS Now Available! (Happy Wheels iOSは今、入手可能です!)" 本文中"You can now download Happy Wheels for iOS. (今、Happy WheelsをiOS向けにダウンロードできます)"から。
    Happy Wheelsを App Store で
    LayerQ (2015年9月2日). “『Happy Wheels』-グロテスクな死を乗り越えてゴールを目指そう”. インサイド. 2015年11月14日閲覧。
  5. ^ Meunier, Nathan (2011年6月2日). “BEST FREE GAMES” (英語). IGN. p. 10. 2015年11月14日閲覧。
  6. ^ ホームページ中に画像広告が張られており、また、ゲーム開始時に映像広告を見せられる
  7. ^ Totaljerkface.com - Home Of Happy Wheels - News Comments” (英語) (2013年10月25日). 2016年2月29日閲覧。タイトル"hello" 本文"I'm looking to port it to Android as soon as we have something more complete, so if you are a talented Android programmer in the New York area, or know of one, do let us know."
  8. ^ ゲームが公開されているページの下部にて、操作方法が画像で紹介されている。

外部リンク[編集]