Happy Hacking Keyboard

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Happy Hacking Keyboard Professional
Happy Hacking Keyboard Lite 2 日本語版

Happy Hacking Keyboardハッピーハッキングキーボード)とは、株式会社PFUより販売されているパソコンキーボードである。和田英一PFU研究所との共同開発により生まれた。1996年12月より販売が開始された。

また、2004年度には商品デザイン部門、パーソナルコンピュータおよび関連商品においてグッドデザイン賞を受賞した。

特徴[編集]

テンキーやファンクションキー、矢印キーなど、従来の一般的なPCキーボードに搭載されている一切の無駄なキーを極力取り除き、必要最低限のキーのみで構成されているのが特徴である。そのため極めてコンパクトな印象を受けるが、キー自体のサイズはフルキーボードと同等の19.05mmであるため、打ち易さなどを犠牲にしていない。

また、ショートカットキーなどで多用するコントロールキーがAキーの左隣、ESCキーが1キーの左隣にあり、スペースバーの両隣にメタキーコマンドキー)が配置されているなど、UNIX文化に極めて親和性の高い配列となっている。

ファンクションキーやPage Up/Page Downキー、Print Screenキーなどの特殊キーはノートパソコンのようにFnキーとのコンビネーションにて行う。そのため入力時における手の移動距離が少なくて済むが、これは若干の操作性が犠牲となる。しかし、Fnキーとの同時押しで入力するキーは、使用可能な環境が限定的と考えられるキーや形骸化しているが互換性のためについているキーばかりであり、HHKを使用すると想定されるユーザにとっては「使わないキー」であると考えられている。例えば、矢印キーによるカーソルの移動は、HJKLキー(vi)やCtrlとPNFBキーの組み合わせ(Emacs)などで同機能が実現できる(しかも矢印キーのように指をホームポジションから離す必要がない)ため、Unixユーザの多くにとっては必要性が低い。とはいえ、これらの操作に慣れていないユーザにとっては、使用に若干の慣れが必要となる。

キートップに刻印が全くないモデルも存在する.

ラインアップ[編集]

スイッチに東プレRealforceと同じ静電容量無接点方式を採用し、東プレからOEM供給されている高級版ともいえる Professional 2、廉価版ともいえる Lite 2 という2つのグレードに分けられており、Professional 2 は4モデル、Lite 2 は12モデルが販売されている。モデルの違いは、キー仕様、キー配列、キー刻印、色、接続方式の差異による。

開発経緯[編集]

東京大学の和田英一名誉教授の著した1995年度WIDEプロジェクト研究報告書にある個人用小型キーボードを株式会社PFUが具現化したものである。和田によれば、

  1. キーボードは基本的入力デバイスで生涯使えるものなので、猫の目のように配列が変わらないこと。
  2. 必要最小限のキーにより、持ち運びの可能な小ささを実現すること。
  3. UNIXプログラマ向きのキー配列

を重視して作られたとのことである。

和田名誉教授によると「Happy Hacking Keyboard」の代わりに「キー坊」も名称の候補であったという。[1]

製品仕様[編集]

製品名 Happy Hacking Keyboard Professional 2 Happy Hacking Keyboard Lite 2
キー数 60個 英語配列:65個 / 日本語配列:68個
キー仕様 静電容量無接点 メンブレンスイッチ
押下圧 45g 55g
ストローク 4mm 3.8mm (カーソルキー:2.5mm)
キーピッチ 19.05mm 19.05mm (カーソルキー:14.29mm)
キーレイアウト シリンドリカル・ステップスカルプチャ
サイズ (mm) 294(W) x 110(D) x 39.9(H) 294.0(W) x 120.5(D) x 38.6(H)
重さ 530g 680g
接続方式 USB USB、PS/2

Macキット[編集]

Lite2 には、Macintoshに対応させるための専用キットである「Macキット」が別売で用意されるほか、スノーホワイトの専用モデル、「HHKB Lite2 for Mac」が販売されている。

Macキットの内容は、コマンドキーオプションキー、日本語配列の場合に使用する英数、かなキー等、Mac専用のキーが刻印された交換用キートップ、その交換作業に使用する交換用器具、Mac OS / Mac OS X専用のドライバが収録されたCD-ROMが同封されており、HHKB Lite2 for Macではキートップが交換済みになっている。

販売終了モデル[編集]

  • Happy Hacking Keyboard
  • Happy Hacking Keyboard 2
  • Happy Hacking Keyboard Lite
  • Happy Hacking Keyboard Professional

沿革[編集]

  • 1996年12月20日 - Happy Hacking Keyboard として発売
  • 1997年11月20日 - Macintoshに対応したモデル Happy Hacking Keyboard 2 発売
  • 1999年10月13日 - Happy Hacking Keyboard Lite 発売
  • 2001年04月02日 - Happy Hacking Keyboard Lite 2 発売
  • 2001年08月08日 - Happy Hacking Keyboard Lite 2 2モデル追加
  • 2002年08月12日 - Happy Hacking Keyboard Lite 2 2モデル追加
  • 2002年12月25日 - Happy Hacking Keyboard Lite 販売終了
  • 2003年02月07日 - Happy Hacking Keyboard Lite2用 Macキット発売
  • 2003年04月24日 - Happy Hacking Keyboard Professional 発売
  • 2004年06月10日 - Happy Hacking Keyboard Lite2 日本語配列 <かな無刻印モデル> 発売
  • 2004年10月01日 - 2004年度 グッドデザイン賞受賞
  • 2005年02月14日 - Happy Hacking Keyboard Professional 新色追加
  • 2005年12月27日 - Happy Hacking Keyboard 販売終了
  • 2006年03月24日 - Happy Hacking Keyboard Professional 2 発売
  • 2006年03月24日 - Happy Hacking Keyboard Professional 販売終了
  • 2006年10月12日 - Happy Hacking Keyboard Professional HG / HG JAPAN 受注販売開始
  • 2007年01月25日 - Happy Hacking Keyboard Lite2 for Mac 発売
  • 2008年11月14日 - Happy Hacking Keyboard Professional JP 発売
  • 2011年06月29日 - Happy Hacking Keyboard Professional Type-S 発売

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://member.wide.ad.jp/~wada/bit.hhkbd/hhkbd.html