HYPERTOUGHNESS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
HYPERTOUGHNESS
Fear, and Loathing in Las Vegasスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
スクリーモ
ポスト・ハードコア
エレクトロニコア
レーベル ワーナーミュージック・ジャパン
チャート最高順位
Fear, and Loathing in Las Vegas アルバム 年表
New Sunrise
2017年
HYPERTOUGHNESS
(2019年)
テンプレートを表示

HYPERTOUGHNESS』(ハイパータフネス)は、Fear, and Loathing in Las Vegasの6枚目となるアルバムである。2019年12月4日ワーナーミュージック・ジャパンから発売された。

概要[編集]

前作『New Sunrise』以来、約2年2か月ぶりとなる作品。

本来は3月にリリースされる予定であったが、ベーシストであるKeiの急逝によりリリースを延期。その後6月に新メンバーであるTetsuyaを迎え入れ、12月4日にリリースされる運びとなった。2018年にリリースされたシングル曲3曲に関してはSxunとKei在籍時の音源、2019年に先行配信配信されたシングル「The Stronger, The Further You'll Be」及び本作で初披露となる曲は新体制でレコーディングされているため、キャリア史上初となる新体制と旧体制の音源が混合した作品となった[2]。前作同様に収録曲は全て英語詞。

Soは本作について、「この音源でタイトルの通りハイパーなタフネスを示して、新体制になっても変わらないラスベガス(Fear, and Loathing in Las Vegas)らしさを感じてもらって、みなさんを安心させられたら嬉しい」[3]と述べている。

CD版は蓄光ジャケット仕様[4][5]。配信版は2020年1月15日にリリースされた[6][7]

評価[編集]

ライターの山口哲生は、「バンドを襲ったさまざまな苦難を乗り越え、辿り着いた不屈の精神が強烈に伝わってくる。胸が熱くならずにいられない一枚[8][9]」と本作を評した。

rockin'onにて小池宏和は、「泣ける。冒頭の“The Stronger, The Further You’ll Be”がのっけからその不撓不屈の信念を証明しつつ、チップチューン風ブレイクビーツで切り出される中盤の“Interlude”以降はメーターの振り切れたエレクトロコア攻勢と化す。バンド一丸となった意気込みの結晶だ[10]」と、後藤寛子は「完全復活どころか、もっと強く、もっともっと加速して前へ」「今のラスベガスには、かつてない圧倒的な「頼もしさ」が宿った[11]」と本作を評した。

またReal Soundにてライターの荒金良介は、「どこから聴いてもラスベガスとしか言いようがない、不変のオリジナルブランドを高らかに鳴らしている[12]」「新体制になってもハイパータフネスな音楽性を貫き通すんだ! という彼らの“生き様”が刻まれている気がしてならない[13]」と本作を評した。

記録[編集]

オリコン週間アルバムチャート(2019年12月16日付)では、初週で11,835枚を売り上げ、10位を獲得[14]

収録曲[編集]

CD
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「The Stronger, The Further You'll Be」  
2.The Gong of Knockout  
3.「CURE」  
4.「Great Strange」  
5.「Interlude」  
6.Keep the Heat and Fire Yourself Up  
7.Treasure in Your Hands  
8.「Karma」  
9.「Thoughtless Words Have No Value But Just a Noise」  
10.「Where You Belong」  
11.「Massive Core」  
合計時間:

曲解説[編集]

  1. The Stronger, The Further You'll Be
    2019年9月20日に先行配信されたシングル。
    ミュージック・ビデオも製作された[15]
    獰猛なヘヴィリフが牙を剥くアグレッシブなナンバー[2]。ゴリゴリのパートとノリノリのサビメロというラスベガスらしい緩急のメリハリが効いており、クールなラップやエレクトリックなキーボード・サウンドだけじゃない、美麗なピアノ演奏も加わり、ジェットコースター的なめくるめく展開が繰り広げられる[16]
  2. The Gong of Knockout
    4th配信シングル。
  3. CURE
    スケール感のある爽快なメロディを押し出した[2]楽曲。
  4. Great Strange
    明確なテンポチェンジを織り込[2]んでおり、ポップな歌メロに鼓膜を惹き付けられる[2]楽曲。
  5. Interlude
  6. Keep the Heat and Fire Yourself Up
    6thシングル収録曲。
  7. Treasure in Your Hands
    6thシングル収録曲。
  8. Karma
    エモーショナルなポスト・ハードコアのエッセンスを感じさせる[16]楽曲。
  9. Thoughtless Words Have No Value But Just a Noise
    デスメタル並みの凶暴ぶりで迫る[2]楽曲。
  10. Where You Belong
  11. Massive Core
    2019年11月30日に先行配信されたシングル。
    ミュージック・ビデオも製作された[17]
    これまでのアルバムの最後に多かった壮大な曲調の楽曲ではなくダンサブルなナンバー[2]ではあるが、アルバム最後を飾るに相応しいキャッチーで煌びやかなシンセとヴォーカル・メロディが映えるドラマチックな楽曲[16]に仕上がっている。

タイアップ[編集]

The Stronger, The Further You'll Be

  • テレビ番組「プロ野球No.1決定戦!バトルスタジアム 2020」CMソング
  • テレビ番組「ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説 2020秋スペシャル」オープニングテーマ[18]

The Gong of Knockout

  • アニメ「バキ(2018) 最凶死刑囚編」第2クールOPテーマ
  • テレビ番組「ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル2019春」オープニングテーマ[18]

CURE

  • テレビ番組「ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル2020春」オープニングテーマ[18]

Keep the Heat and Fire Yourself Up

  • アニメ「覇穹 封神演技」第1クールOPテーマ
  • 日本テレビ系バラエティ番組『ぐるぐるナインティナイン』CMソング

Treasure in Your Hands

ツアー[編集]

以下の日程でリリースツアーが組まれた。

“HYPERTOUGHNESS” Release Tour 2020
01月17日(金)

01月18日(土)

神戸 Harbor Studio

京都 KBSホール

ROTTENGRAFFTY
01月23日(木) 名古屋 ダイアモンドホール CRYSTAL LAKE
01月25日(土) 静岡 ROXY THE 冠
01月26日(日) 神奈川 横浜BAY HALL dustbox
02月01日(土)

02月02日(日)

岡山 CRAZYMAMA KINGDOM

周南 RISING HALL

アルカラ
02月07日(金)

02月09日(日)

盛岡 club changeWAVE

郡山 HIPSHOT JAPAN

八十八ヶ所巡礼
02月10日(月) 仙台 GIGS KEYTALK
02月13日(木) 神奈川 CLUB CITTA'川崎 ENTH
02月15日(土)

02月16日(日)

水戸 ライトハウス

柏 PALOOZA

そこに鳴る
02月21日(金) 新潟 LOTS BLUE ENCOUNT
02月23日(日)

02月24日(月)

富山 MAIRO

金沢 EIGHT HALL

キュウソネコカミ
02月28日(金)

02月29日(土)

福岡 BEAT STATION

大分 T.O.P.S BittsHALL

GARI
03月07日(土) 広島 BLUE LIVE HIROSHIMA フレデリック
03月14日(土) 高松 MONSTER サンボマスター

また、以下の日程でワンマン振替公演が行われた。

2021年
"HYPERTOUGHNESS" Release Tour 2020→2021
06月15日(火) 神奈川 KT Zepp Yokohama
06月18日(金) 福岡 BEAT STATIO
06月19日(土) 大分 T.O.P.S BittsHAL
06月22日(火) 愛知 Zepp Nagoya
06月23日(水) 愛知 Zepp Nagoya
06月25日(金) 広島 CLUB QUATTRO
06月30日(水) 北海道 Zepp Sapporo
07月07日(水) 福岡 Zepp Fukuoka
07月09日(金) 高松 MONSTER
07月12日(月) 東京 Zepp Tokyo
07月13日(火) 東京 Zepp Tokyo
07月20日(火) 大阪 Zepp Osaka Bayside
07月21日(水) 大阪 Zepp Osaka Bayside

演奏[編集]

  • So : Vocal
  • Minami : Vocal, Keyboard
  • Sxun : Guitar, Vocal, Chorus (Keep the Heat and Fire Yourself Up , Treasure in Your Handsのみ)
  • Taiki : Guitar, Vocal, Chorus
  • Tomonori : Drums
  • Kei : Bass Guitar (Keep the Heat and Fire Yourself Up , Treasure in Your Hands , The Gong of Knockoutのみ)
  • Tetsuya : Bass Guitar, Chorus (Keep the Heat and Fire Yourself Up , Treasure in Your Hands , The Gong of Knockout以外)

脚注[編集]

  1. ^ HYPERTOUGHNESS”. オリコン. 2019年12月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g Fear, and Loathing in Las Vegas、新体制後も揺るがないバンドとしての“生き様”メンバーの他界や脱退から再帰するまでの姿(2ページ目)”. Real Sound (2019年11月22日). 2019年12月4日閲覧。
  3. ^ Department, Gekirock Editorial. “Fear, and Loathing in Las Vegas| 激ロック インタビュー”. 激ロック ラウドロック・ポータル. 2020年12月30日閲覧。
  4. ^ Fear, and Loathing in Las Vegas、新体制後も揺るがないバンドとしての“生き様”メンバーの他界や脱退から再帰するまでの姿(1ページ目)”. Real Sound (2019年11月22日). 2019年12月4日閲覧。
  5. ^ Falilvさんのツイート(2019年11月29日)
  6. ^ Falilvさんのツイート(2019年11月22日)
  7. ^ “Fear, and Loathing in Las Vegas、ニュー・アルバム 『HYPERTOUGHNESS』サブスク&ダウンロード配信スタート!”. 激ロック. (2020年1月15日). https://gekirock.com/news/2020/01/fear_and_loathing_in_las_vegas_hypertoughness_digital_release.php 2020年1月15日閲覧。 
  8. ^ Fear, and Loathing in Las Vegas 『HYPERTOUGHNESS』 バンドを襲ったさまざまな苦難を乗り越えた不屈の精神が強烈に伝わる” (日本語). Mikiki. 2021年7月4日閲覧。
  9. ^ Fear, and Loathing in Las Vegas/HYPERTOUGHNESS”. tower.jp. 2021年7月4日閲覧。
  10. ^ Fear, and Loathing in Las Vegas『HYPERTOUGHNESS』/傷だらけでも再び笑うために-rockinon.com|https://rockinon.com/disc/detail/190893” (日本語). rockinon.com. 2021年7月4日閲覧。
  11. ^ ベーシスト・Keiの急逝から約1年、Fear, and Loathing in Las Vegasは『HYPERTOUGHNESS』という驚異の新境地になぜ到達できたのか?-rockinon.com|https://rockinon.com/news/detail/191089” (日本語). rockinon.com. 2021年7月4日閲覧。
  12. ^ Fear, and Loathing in Las Vegas、新体制後も揺るがないバンドとしての“生き様” メンバーの他界や脱退から再帰するまでの姿” (日本語). Real Sound|リアルサウンド. 2021年7月4日閲覧。
  13. ^ Fear, and Loathing in Las Vegas、新体制後も揺るがないバンドとしての“生き様” メンバーの他界や脱退から再帰するまでの姿” (日本語). Real Sound|リアルサウンド. 2021年7月4日閲覧。
  14. ^ 週間 アルバムランキング 2019年12月16日付”. オリコン. 2019年12月11日閲覧。
  15. ^ “Fear, and Loathing in Las Vegas、新体制でのアルバム『HYPERTOUGHNESS』12/4リリース決定!新曲「The Stronger,The Further You'll Be」MV公開!”. 激ロック. (2019年9月20日). https://gekirock.com/news/2019/09/fear_and_loathing_in_las_vegas_album.php 2019年12月4日閲覧。 
  16. ^ a b c Department, Gekirock Editorial. “困難にも負けず立ち上がり、復活を遂げたFaLiLV! 満を持して6thアルバム・ドロップ! 唯一無二のチームワークが生んだ、至高のラウドロック・サウンド!| 激ロック 特集”. 激ロック ラウドロック・ポータル. 2021年1月10日閲覧。
  17. ^ “Fear, and Loathing in Las Vegas、12/4リリースの新体制でのニュー・アルバム『HYPERTOUGHNESS』から「Massive Core」MV公開!”. 激ロック. (2019年11月30日). https://gekirock.com/news/2019/11/fear_and_loathing_in_las_vegas_massive_core_mv.php 2019年12月4日閲覧。 
  18. ^ a b c 都市伝説 – 高橋剛 公式サイト” (日本語). 2021年1月11日閲覧。