HTTP 2.0

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

HTTP 2.0World Wide Webで用いられているHTTPの次期バージョンである。HTTP 2.0はIETFのHypertext Transfer Protocol Bis (httpbis)ワーキンググループで開発中である[1]。HTTP 2.0は1999年にRFC 2616でHTTP 1.1が規定されて以来最初の新しいバージョンである。

プロトコル[編集]

HTTP 2.0の目標はHTTP 1.1のトランザクション・セマンティクスとの完全な後方互換性を維持したまま非同期な接続の多重化、ヘッダ圧縮、リクエストとレスポンスのパイプライン化英語版を実現することである。Googleによって立ち上げられ[2]ChromeOperaFirefoxAmazon Silkが対応しているHTTP互換のプロトコルSPDYの人気が高まっていることに対応するために開発された[3]

httpbisワーキンググループはGoogleのSPDYプロトコル、(SPDYを基にした)MicrosoftHTTP Speed+Mobility[2]、Network-Friendly HTTP Upgradeを検討した[4]。2012年7月にFacebookはそれぞれの提案にフィードバックを行い、HTTP 2.0はSPDYを基にすることを推奨した[5]。SPDYをそのままコピーしたものを基にしたHTTP 2.0の最初のドラフトが2012年11月に発行された[6]

これらのプロトコルにおけるアーキテクチャ上の提案の多くは以前にWorld Wide Web ConsortiumのHTTP-NGワーキンググループで調査済みであった。HTTP-NGプロジェクトの活動は1998年に休止された[7]

開発マイルストーン[1][編集]

状態 マイルストーン
完了 最初のHTTP/1.1改訂版インターネットドラフト
完了 最初のHTTPセキュリティプロパティインターネットドラフト
完了 HTTP/2.0のための提案の呼びかけ
完了 ワーキンググループによるHTTP/1.1のための最終案内(Last Call)
完了 draft-mbelshe-httpbis-spdy-00を基にしたHTTP/2.0の最初のワーキンググループドラフト
実施/延期 ワーキンググループによるHTTPセキュリティプロパティのための最終案内(Last Call)
2013年9月 標準化提案(Proposed Standard)として検討されるためにIESGにHTTP/1.1改訂版を提出
2014年4月 ワーキンググループによるHTTP/2.0のための最終案内(Last Call)
2014年11月 標準化提案(Proposed Standard)として検討されるためにIESGにHTTP/2.0を提出

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Hypertext Transfer Protocol Bis (httpbis) - Charter”. IETF (2012年). 2013年9月4日閲覧。
  2. ^ a b Sebastian Anthony (2012年3月28日). “S&M vs. SPDY: Microsoft and Google battle over the future of HTTP 2.0”. ExtremeTech. 2013年9月4日閲覧。
  3. ^ Jerome Louvel (2011年10月6日). “Can the rise of SPDY threaten HTTP?”. Restlet. 2013年9月4日閲覧。
  4. ^ W. Tarreau (2012年3月29日). “draft-tarreau-httpbis-network-friendly-00 - Proposal for a Network-Friendly HTTP Upgrade”. 2013年9月4日閲覧。
  5. ^ Doug Beaver (2012年7月15日). “HTTP2 Expression of Interest”. 2013年9月4日閲覧。
  6. ^ Dio Synodinos (2012年11月30日). “HTTP 2.0 First Draft Published”. InfoQ. 2013年9月4日閲覧。
  7. ^ Final HTTP-NG Activity Statement”. World Wide Web Consortium. 2013年9月4日閲覧。

外部リンク[編集]