HOME (山崎まさよしのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
HOME
山崎まさよしスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ポリドール・レコード
プロデュース 中村キタロー
萩原健太
森川欣信
山崎将義
チャート最高順位
ゴールドディスク
山崎まさよし 年表
ステレオ
1996年
HOME
(1997年)
ステレオ2
(1997年)
『HOME』収録のシングル
テンプレートを表示

HOME』(ホーム)は、山崎まさよし通算2枚目のオリジナルアルバム。1997年5月21日発売。発売元はポリドール・レコード

解説[編集]

デビュー作『アレルギーの特効薬』(1996年4月1日発売)リリース後、ミニアルバム『ステレオ』を経てリリースされた作品。SMAPがのちにカヴァーした「セロリ」や、映画主題歌にもなった「One more time, One more chance」などのヒット曲が収録されている。また、ライヴでの定番曲となったナンバーも多く収録されており、その中でも「Fat Mama」はライブで披露される機会が特に多い。そのほか、「ヤサ男の夢」と「昼休み」はメドレー形式で披露されることもある。

発売当時のインタビューでは、「(詞が)内向的なものが多いかもしれない。」と語った[1]

CDジャケットは、ファンクラブ会員が選ぶ「好きなジャケット写真~アルバム部門」の第5位に選ばれた[2]。 なお、2007年12月19日には、アナログ盤がボックス仕様でリリースされている。

このアルバムを発売するにあたり、本作のプロデューサーの一人で、自身が所属するオフィスオーガスタの社長、森川欣信が、アルバムタイトルを「福耳」にしようとしたところ、山崎から反対されて現在のタイトルになったという[3]。「福耳」の名は、後にオフィスオーガスタのメンバーで構成される音楽ユニット「福耳」につながることになる。

収録曲[編集]

  • 全曲とも作詞・作曲: 山崎将義
  1. Fat Mama (3:32) - 編曲:萩原健太・山崎将義
  2. アドレナリン (3:45) - 編曲:萩原健太・山崎将義
  3. セロリ -Album Version- (4:13) - 編曲:中村キタロー・山崎将義
    • 3rdシングル。フジテレビ系 『気らくに行こう』 ED曲。1997年にSMAPがカヴァーしている(SMAPのカヴァーバージョンについては「セロリ (SMAPの曲)」参照)。13thシングル「心拍数」のC/W曲にも採用されている。
  4. ベンジャミン (4:38) - 編曲:山崎将義
  5. スクリーミン'97 (1:36) - 編曲:萩原健太・山崎将義
    • オリジナルアルバムでは唯一[4]のインストゥルメンタル曲。2005年9月に横浜赤レンガ倉庫広場で行われた野外ライヴ「Augusta Camp」[5]の際には本曲の2005年バージョンである「スクリーミン'05」が披露された。どちらにも曲名の通り、山崎の叫びが入っている。
  6. 名前のない鳥 (3:52) - 編曲:萩原健太・山崎将義
  7. コペルニクスの卵 (4:40) - 編曲:萩原健太・山崎将義
  8. 僕らの煩悩 (3:51) - 編曲:中村キタロー・山崎将義
    • 「心拍数」と同じイントロが入っている。
  9. 昼休み (3:57) - 編曲:萩原健太・山崎将義
  10. One more time, One more chance (5:30) - 編曲:山崎将義・森川欣信・森俊之
  11. ヤサ男の夢 (3:18) - 編曲:山崎将義
  12. HOME (5:42) - 編曲:中村キタロー・山崎将義

関連作品[編集]

  • BLUE PERIOD - ベストアルバム。「アドレナリン」「セロリ」「One more time, One more chance」収録。
  • ONE KNIGHT STANDS - ライブアルバム。「Fat mama」「セロリ」「名前のない鳥」「昼休み」「One more time, One more chance」「ヤサ男の夢」収録。
  • WITH STRINGS - ライブアルバム。「Fat mama」「名前のない鳥」「昼休み」「One more time, One more chance」「ヤサ男の夢」収録。
  • Transit Time - ライブアルバム。「ベンジャミン」収録。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「山崎まさよしBREaTH 特別号」(Sony Magazines Annex刊)より。
  2. ^ ファンクラブ「Boogie House」会報第127号より。
  3. ^ オフィスオーガスタのメンバーがラジオ出演時に語ったところによる。
  4. ^ ひとつの曲としてカウントされていない『アトリエ』(2003年6月25日発売)収録の「Corridor」を除く。
  5. ^ 当日はWOWOWにて生中継された。