HLS色空間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
HLSから転送)
移動先: 案内検索

HLS色空間(エイチエルエスいろくうかん)とは、色相(Hue)、彩度(Saturation)、輝度(Lightness/Luminance または Intensity)の3つの成分からなる色空間HSV色空間によく似ている。 HSL、HSIと呼ばれることもある。

HLSのカラーモデル
  • 色相:色味を0~360度の範囲の角度で表す。0度は赤で、その反対側に位置する180度は赤の反対色にあたる青緑。すなわち、反対色を見つけるのも容易。色相についてはHSVと同じ。
  • 彩度:HSVとは違い、純色から彩度が落ちるということは、すなわち灰色になっていくという考え方に基づいている。
  • 輝度:明度100%を純色とし、そこからどれだけ明るさが失われるかを示すHSVとは違い、輝度0%を黒、100%を白とし、その中間(50%)を純色とする。50%以下はHSVの明度を示し、50%以上はHSVの彩度を示すと考えると分かりやすいだろう。

HLS色空間を使う代表的なアプリケーションとしては Microsoft Windows (ペイントを含む)、CSS3、Paint Shop Pro、Inkscape など。

RGBからHLS(HSL)への変換[編集]

双円錐モデル

円柱モデル

双円錐モデルと円柱モデルがあり、彩度の定義が異なるため、注意が必要である。

RGBからHSV(HSB)への変換[編集]

円錐モデル

円柱モデル

HSV(HSB)モデルでは、色相は共通だが、輝度とは異なる定義の明度を用いているため、注意が必要である。

RGBへの変換[編集]

RGBへ変換する際には、いったん最大値や最小を求める必要がある。

  • HSLの円柱モデルからの変換

  • HSLの円錐モデルからの変換

  • HSVの円柱モデルからの変換

  • HSVの円錐モデルからの変換

求めた最大値と最小値を、色相で場合分けした上で、RGBの各チャンネルに代入する。

色相が定義されない場合は、彩度=0であり、全てのチャンネルが明度や輝度に等しくなる(最大値=最小値)。