HIS (音楽ユニット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
HIS
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
ポップス
活動期間 1991年
2005年 - 2006年
レーベル 東芝EMI
共同作業者 三宅伸治
メンバー 細野晴臣ベースシンセサイザー
忌野清志郎ギターボーカル
坂本冬美(ボーカル)

HISヒズ)は、細野晴臣忌野清志郎坂本冬美のメンバーで構成された音楽ユニット。

メンバー[編集]

名前 生年月日 担当
細野晴臣
(ほその はるおみ)
(1947-07-09) 1947年7月9日(74歳) プロデューサー
ベース
シンセサイザー
忌野清志郎
(いまわの きよしろう)
1951年4月2日 - (2009-05-02) 2009年5月2日(58歳没) ギター
ボーカル
坂本冬美
(さかもと ふゆみ)
(1967-03-30) 1967年3月30日(54歳) ボーカル

概要[編集]

1990年東芝EMIの創立30周年記念イベント「ロックの生まれた日」で忌野と坂本が三宅伸治と3人でSMIを名乗り、小林和生がウッドベース、ケニー・モズレーがパーカッションとして参加した。その後、細野晴臣をプロデューサー兼メンバーとして迎えてHISが誕生した。なお、忌野と細野は、1990年2月のローリング・ストーンズ日本公演の楽屋で出会うまでほとんど会ったことがなかったという。

HISという名称は各人の頭文字を取ったものである。また、衣装は主に学生服セーラー服を着用した。

1991年、アルバム『日本の人』発表。「ロックが生まれた日」では演奏した7曲全てがカバー曲だったが、アルバムではカバー曲を14曲中5曲にとどめ、あとはオリジナル曲となった。タイトル曲「日本の人」は、細野の楽曲「中国の人」(1985年、細野のアルバム『コインシデンタル・ミュージック』収録)に忌野が詞をつけて生まれ変わった曲。また、同曲は、国立劇場企画公演『現代民族音楽2 沖縄の旋律』(1992年、音楽監督 細野晴臣)にて、上野耕路のアレンジで『沖縄の人(中国の人、日本の人)』という曲としても演奏されている。

収録曲「恋人はいない」は坂本冬美のソロアルバムにも別バージョンにて収められている。

アルバム1枚を発表した後は表立った活動は行われていなかったが、2005年には14年ぶりに3人が曲を製作、坂本名義にてシングル『Oh, My Love ~ラジオから愛のうた~』としてリリースされた。翌2006年2月の忌野のライブ「新ナニワ・サリバン・ショー」、および同年3月16日にNHK総合で放映された「音楽・夢くらぶ」にHIS名義で出演し、演奏を行っている。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

# 発売日 タイトル B面 規格 規格品番
東芝EMI/EASTWORLD
1st 1991年6月28日 夜空の誓い 恋人はいない 8cmCD TODT-2680
2nd 1991年11月27日 日本の人 スキー・スキー(スキーなの) 8cmCD TOST-2765

アルバム[編集]

# 発売日 タイトル 規格 規格品番 備考
東芝EMI/EASTWORLD
1st 1991年7月19日 日本の人 CD TOCT-6195
2006年1月25日 CD TOCT-11103 24ビット・リマスタリング
2016年12月14日 SHM-CD UPCY-7197 ユニバーサルミュージック [注 1]から再々発売。
LP UPJY-9064

タイアップ[編集]

曲名 タイアップ 収録作品
夜空の誓い パルコ CMソング シングル「夜空の誓い」
日本の人 MBS系『ご存知!平成一番人気』エンディングテーマ[1] シングル「日本の人」
TBS系『筑紫哲也 NEWS23』エンディングテーマ

その他[編集]

  • 「Oh, My Love ~ラジオから愛のうた~」(坂本冬美、2005年7月27日)
NHKラジオ第1放送旅するラジオ こんにちは!80ちゃんです」テーマ曲。カップリング曲の「幸せハッピー」ともども作詞・忌野、作曲・細野だが、坂本冬美名義。この2曲は2016年12月に再々発売された『日本の人』SHM-CD版にボーナストラックとして収録されている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2013年にEMIミュージック・ジャパン(東芝EMIの後身)と吸収合併。

出典[編集]

  1. ^ 日本の人”. ORICON. 2020年11月12日閲覧。