HIM-egg

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
HIM-egg
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
職業 歌手グループ
活動期間 1996年
レーベル Sony Records
共同作業者 HIM
伊秩弘将(HIM主宰)
和田将志プロデューサー
水島康貴アレンジャー
メンバー MIKI TAOKA
YURI YOSHINAGA
MUTSUMI HASEGAWA

HIM-egg (エイチ・アイ・エム・エッグ)は、音楽プロデューサーである伊秩弘将主宰の音楽プロジェクト兼ボーカル&ダンス・ユニット"HIM"がプロデュースを手がけたガールズユニットである。

バイオグラフィ[編集]

  • 1996年8月1日シングルAS TIME GOES BY」を単発リリース。
  • 雑誌『egg』と連動した企画ユニット。ユニット名はそこから派生。HIM-eggとして『egg』の表紙にも登場した。
  • キャッチコピーは、“噂のHIMプロデュース!新SISTERユニットHIM-egg登場!!デビューsingleは、超ゴキゲンな NICE GROOVE!egg系必聴!”。
  • “HIMプロデュース”と謳ってはいるが、実際のプロデューサーはHIMと同じく、当時Sony Music Entertainment(Japan) Inc.第三制作部部長に就任していた和田将志であった。ただしHIMメンバーは全員制作に関与。SHIZUKAがコーラスを務め、SHUNGO が作詞を手がけ(HIMK名義)、NON & YOCCOはコレオグラフィーを担当している。
  • キャッチコピーにも“デビューsingleは…”とあるように、その後も活動を継続させる予定のユニットであったようだが、結果的にシングル1枚の単発リリースで終了している(音源自体はHIMの2ndアルバム『HIMIX A2Z』にも収録)。
  • “女子高生ブーム”であった当時、そもそも企画元の雑誌『egg』がそういう風潮であったこともあり、CDジャケットプリクラ風にする等、HIM-eggもそこに便乗したようなイメージ作りを展開するが、活動当時、実際に女子高生であったのはYURI YOSHINAGAとMUTSUMI HASEGAWAの2名だけで、ボーカルのMIKI TAOKAは既に22歳であった(メンバー3名の他、ジャケット表裏にはなぜかHIMのボーカル2名・SHIZUKAとSHUNGOも登場している)。
  • 『egg』取材時、ボーカルのMIKI TAOKAは、“別れ話がこじれ、かつて付き合っていた男に車で轢かれた”等のコメントをしており、後の活動(下記“解散後”参照)とは180度違う側面を見せていた(後にMIKI TAOKAは、HIM-eggでの活動自体を、コアマガジン刊行の雑誌『お宝ガールズ』誌上において“癒し系ユニット・ボーカルが持つ、過去の別の顔!”とスクープされている)。
  • AS TIME GOES BY」では、メロディー・セクストンがコーラスとフェイクで参加。
  • オリジナルはセールス的にまったくふるわず惨敗を喫したが、皮肉にもSPEEDhiroこと島袋寛子のソロ・ファーストシングルとしてカバーされ、1999年8月18日にリリースされた「AS TIME GOES BY」は、オリコン週間チャートに2位で初登場し、売り上げ枚数も累計90万枚近くに及び、彼女の最大のヒット曲となった。

メンバー[編集]

メンバー[編集]

  • MIKI TAOKA(田岡美樹)
  • YURI YOSHINAGA
  • MUTSUMI HASEGAWA

解散後[編集]

ボーカルMIKI TAOKA(田岡美樹)は、the Indigoのボーカルとして、2000年5月24日、シングル「BLUE」でパイオニアLDC(現:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン)より再デビュー。自称“カフェ・ミュージック”のカリスマらしきことを公言しつつ、日本での活動と並行し、韓国アメリカ中国等でもインディーズ規模の地味なデビューや客演を繰り返しながらながら細々と地道な活動を行っていたが、公式HPは存在するものの(2010年2月現在)、田岡以外のメンバーは事実上既に脱退しており、バンド自体の存続を含め、現在の状況は非常に曖昧である。なお、the Indigoとしての田岡はHIM-egg時代をプロフィール上から“なかったこと”として完全に消去、当時設置してあった公式HP上の掲示板に少しでもそれに触れる書き込みがあると即刻削除される等、その隠蔽ぶりは徹底しており、「the Indigoでのデビューが決まって上京した」等、事実と異なる経歴詐称を公然と行っていた。事実、田岡のthe Indigoとしての再デビューのきっかけは、HIM-egg時代に使用していたスタジオのエンジニアの計らいによるものである。

ディスコグラフィ[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]