HEIAP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

HEIAP(High Explosive Incendiary/Armor Piercing Ammunition)は、徹甲弾榴弾焼夷弾の三つの機能を持った弾頭である。別名Semi-armor piercing high explosive incendiary(SAPHEI)[1]とも呼ばれている。

この弾頭の主な使用目的は装甲目標の破壊であり、直撃したときにのみ、その特殊な効果が発揮される。着弾時に先端部が焼夷剤に火をつけ、爆薬の起爆を誘発させる。ここまでは通常の榴弾と変わらないが、第2の焼夷弾薬であるジルコニウム粉にもをつける。これは非常に高い温度で燃えて簡単に消えないという特徴を持ちつつ、約30秒間燃え続ける焼夷弾薬であり、高い焼夷効果を発揮する。さらに砲弾内部のタングステン弾芯が標的の装甲を貫通し内蔵されている炸薬に点火し被害を拡大させるというものである。

対物ライフル用のRaufoss Mk 211から30ミリ機関砲用までさまざまなサイズがある。

脚注[編集]

  1. ^ PGU-27A/B TP/ PGU-28A/B SAPHEI / PGU-30A/B TP-T”. 2008年9月28日閲覧。

関連項目[編集]