HD 2638

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
HD 2638
星座 くじら座
視等級 (V) 9.38
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 00h 29m 59.8720s[1]
赤緯 (Dec, δ) -05° 45′ 50.397″[1]
視線速度 (Rv) 9.62 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: -106.921 ± 0.094 ミリ秒/[1]
赤緯: -223.081 ± 0.063 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 17.78 ± 0.36 ミリ秒[1]
絶対等級 (MV) 5.6
物理的性質
半径 0.81[2] / 0.46[3] R
質量 0.87[2] / 0.48[3] M
表面重力 36 / 64 G
スペクトル分類 G5 V[4] + M1 V[5]
光度 0.42[2] / 0.030[3] L
表面温度 5,173[2] / 3,571[3] K
金属量[Fe/H] 0.16[3]
年齢 5.1 ×109[3]
地球から見た位置 (HD 2638との関係)
位置角 167.7[3]
角距離 0.51[3]
軌道要素と性質
公転周期 (P) ~ 130 年[5]
別名称
別名称
BD-06 82, HIP 2350
Template (ノート 解説) ■Project

HD 2638は、くじら座の方角にある10等級連星である。主星は、太陽と類似した恒星である。小さな望遠鏡を用いて見ることができる。

星系[編集]

HD 2638から839離れた位置にあるHD 2567は、HD 2638とほぼ同じ固有運動をしており、99%の信頼度でこの二つの恒星が連星だとされた[6]。しかし、年周視差を基に地球からの距離を計算すると、両者の実際の距離はおよそ7光年[5][注 1]となり、重力的に結びついているとは考えづらい。

2015年補償光学を用いた高空間分解能の観測によって、HD 2638から0.5秒離れた位置に別の恒星が発見された[7]。二星の位置関係の時間経過を調べると、一緒になって運動しているとわかり、連星であることがわかった[5]

惑星系[編集]

2005年ジュネーブ系外惑星探索英語版によって、太陽系外惑星HD 2638 bの発見が公表された[8]

HD 2638の惑星[8]
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 軌道傾斜角 半径
b > 0.48 MJ 0.044 3.4442 ± 0.0002 0

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ヒッパルコスの測定結果から22光年と計算されていたものを、ガイアの測定結果に基づき再計算

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f HD 2638 -- Double or multiple star”. SIMBAD. CDS. 2017年11月4日閲覧。
  2. ^ a b c d Bonfanti, A.; Ortolani, S.; Nascimbeni, V. (2016-01), “Age consistency between exoplanet hosts and field stars”, Astronomy and Astrophysics 585: A5, Bibcode 2016A&A...585A...5B, doi:10.1051/0004-6361/201527297 
  3. ^ a b c d e f g h Wittrock, Justin M.; et al. (2016-11), “Stellar Companions to the Exoplanet Host Stars HD 2638 and HD 164509”, Astronomical Journal 152 (5): 149, Bibcode 2016AJ....152..149W, doi:10.3847/0004-6256/152/5/149 
  4. ^ ESA (1997), The HIPPARCOS and TYCHO catalogues. Astrometric and photometric star catalogues derived from the ESA HIPPARCOS Space Astrometry Mission, ESA SP, Noordwijk, Netherland: ESA Publications division, Bibcode 1997ESASP1200.....E, ISBN 9290923997 
  5. ^ a b c d Roberts, Lewis C., Jr.; et al. (2015-04), “Know the Star, Know the Planet. III. Discovery of Late-Type Companions to Two Exoplanet Host Stars”, Astronomical Journal 149 (4): 118, Bibcode 2015AJ....149..118R, doi:10.1088/0004-6256/149/4/118 
  6. ^ Shaya, Ed J.; Olling, Rob P. (2011-01), “Very Wide Binaries and Other Comoving Stellar Companions: A Bayesian Analysis of the Hipparcos Catalogue”, Astrophysical Journal Supplement 192 (1): 2, Bibcode 2011ApJS..192....2S, doi:10.1088/0067-0049/192/1/2 
  7. ^ Riddle, Reed L.; et al. (2015-01), “A Survey of the High Order Multiplicity of Nearby Solar-type Binary Stars with Robo-AO”, Astrophysical Journal 799 (1): 4, Bibcode 2015ApJ...799....4R, doi:10.1088/0004-637X/799/1/4 
  8. ^ a b Moutou, C.; et al. (2005-08). “The HARPS search for southern extra-solar planets IV. Three close-in planets around HD 2638, HD 27894 and HD 63454”. Astronomy and Astrophysics 439 (1): 367-373. Bibcode 2005A&A...439..367M. doi:10.1051/0004-6361:20052826. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]