HD 147506

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HD 147506
星座 ヘルクレス座
視等級 (V) 8.71 [1]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 16h 20m 36.3572s [1]
赤緯 (Dec, δ) 41° 02′ 53.101″ [1]
視線速度 (Rv) -19.8551±0.0058 km/s [2]
固有運動 (μ) 赤経:-10.64 /年
[1]赤緯:-29.70 /年[1]
年周視差 (π) 7.39±0.88 ミリ秒[1]
距離 年周視差に基づく値[1]
440±60 光年
135±18 パーセク
恒星進化論に基づく値[3]
370±50 光年
115±15 パーセク
絶対等級 (MV) 3.54 +0.36/-0.15 [3]
物理的性質
半径 1.416 +0.04/-0.062 R[2]
質量 1.298 +0.062/-0.098 M[3]
表面重力 (log g) 4.214 +0.085/-0.015 [3]
自転周期 (v sin i) 21.3±1.3 km/s [2]
スペクトル分類 F8 [2]
光度 3.54 +0.36/-0.15 L[3]
表面温度 6290±110 K [3]
色指数 (B-V) 0.41 [1]
金属量 [Fe/H] 0.11±0.10 [2]
年齢 (2.6 +0.8/-1.4)×109[3]
別名称
別名称
HAT-P-2, HIP 80076, GSC 03065-01195.[1]
■Project ■Template

HD 147506ヘルクレス座に存在する9等星で、太陽からは約440光年ほど離れた位置にある。暗い恒星なので観測には望遠鏡などの機材を必要とする。スペクトル型がF型の、太陽と比べてやや高温の星で、質量半径も太陽より少し大きい。2009年までに周囲を公転する太陽系外惑星が一つ発見されている[3]

恒星[編集]

HD 147506 は太陽系から遠く離れているため、正確な距離は求められていない。ヒッパルコス衛星の年周視差の観測では135パーセク(440光年)という結果が得られたが、この値には10%以上の誤差が含まれている[1]。そのため Bakos らの2007年の研究では、恒星進化モデルに基づいた115±15パーセクという短めの推定値が使用されている[3]

HD 147506 は太陽より500Kほど高温で、スペクトル型F8に分類される。Bakosらが推定した距離に基づくと、質量は太陽の1.3倍、半径は1.4倍、光度は3倍前後となる[3][2]。一方で、ヒッパルコス衛星が観測した距離を採用すると、質量が太陽の1.4倍、半径は太陽の1.8倍、明るさは5倍程度になる。恒星の金属量は太陽より25%多く、年齢は20億から30億年と若い[3]

光度階級は詳しく分かっていないが、自転速度はF型の主系列星(階級V)に対応している[3]

惑星系[編集]

2007年、食検出法による観測を行っていたHATネットが、太陽系外惑星 HAT-P-2b (HD 147506b) の発見を報告した[3]。この惑星は質量が木星の9倍と大きいが、一方で半径は木星より少し小さい。そのため、表面重力は地球の20倍以上に達している[2]

惑星とHD 14750の平均距離は0.07AUしかない。軌道半径の小さい惑星は中心星からの潮汐力によって軌道が円軌道化される場合が多いが、HAT-P-2bは離心率が0.5以上の楕円軌道を取っている。これは外側に存在する別の惑星の影響なのではないかと推測されているが[3]、2009年の時点ではそのような天体は報告されていない。

以下の表の値は2008年のLoeilletらの研究[2]に基づく。

HD 147506の惑星
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 半径
HAT-P-2b 8.62
+0.39/-0.55 MJ
0.0677
+0.0011/-0.0017
5.63341
±0.00013
0.5163
+0.0025/-0.0023


脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j HD 147506, SIMBAD query result”. SIMBAD, Centre de Données astronomiques de Strasbourg. 2009年11月24日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h Loeillet, B. et al. (2008). “Refined parameters and spectroscopic transit of the super-massive planet HD 147506b”. Astronomy and Astrophysics 481 (2): 529-533. http://ads.nao.ac.jp/abs/2008A%26A...481..529L. 
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n Bakos, G. A. et al. (2007). “HD 147506b: A Supermassive Planet in an Eccentric Orbit Transiting a Bright Star”. The Astrophysical Journal 670 (1): 826-832. http://ads.nao.ac.jp/abs/2007ApJ...670..826B. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]