濱地正浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
HAMACHIから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
はまち まさひろ
濵地 正浩
別名義 HAMACHI
生年月日 (1977-04-12) 1977年4月12日(43歳)
出生地 日本の旗 日本東京都足立区
身長 177cm
血液型 O型
職業 タップダンサー
俳優
音楽家
振付師
ジャンル 舞台
テレビ
映画
活動期間 2003年 -
活動内容 null
配偶者 null
主な作品
映画
座頭市
TAP THE LAST SHOW
CD
HEART BEAT
舞台
『ありがとう!グラスホッパー』
『タップジゴロ』』
『TAKEDA』
受賞
null
備考
null
テンプレートを表示

濵地 正浩(はまち まさひろ、芸名:HAMACHI1977年4月12日生まれ)は、日本タップダンサー音楽家振付師。タップダンスグループLiBLAZEのメンバー。元STRiPES、元クロマニスタ[1]

東京都足立区出身。

来歴[編集]

神奈川県私立浅野高等学校から日本体育大学に進む。大学在学中にグレゴリー・ハインズ主演の映画『TAP』を見て感銘を受けタップダンスを始める。それ以前は野球部に所属していた。

2003年、ギタリストの井上裕治(元girl next door)、Voice Percussion KAZZ(現Permanent Fish)と共に、何か新しいことは出来ないかとインストバンド「クロマニスタ」(各々のステップアップのために2005年解散)を結成。同年には、北野武(ビートたけし)監督・主演の映画『座頭市』へ出演し、タップダンスシーンの指導などにもあたる[2]

2006年、HIDEBOHがリーダーを務めるタップダンスグループ「STRiPES」に参加。赤坂プリンスホテルはじめ全国各地にてライブやディナーショーを行う。

2009年、より音楽との融合を目指してグループ名を「LiBLAZE」と改名。

2010年には日本テレビ系列にて放送された『世界1のSHOWタイム〜ギャラを決めるのはアナタ〜』第1回にスーパーリブレイズとして出演し、最高金額を獲得(この番組には2012年の第5回、2013年の第7回にも出演し、それぞれ最高金額を獲得している)。

2012年、NHKの番組『みんなのうた』にて楽曲「HEART BEAT」を発表[3]。また、TBS系列の番組Asian Aceに日本代表メンバーの一員として出演し、勝利をおさめる。この番組内でHAMACHIは、野球を途中で辞めたことについて語っている[4]

2013年には赤坂BLITZにて単独ライブを開催。

2014年4月、JA全農2014世界卓球の開会式にてパフォーマンスを務める[5]。 2014年7月、グルメポップコーン「POP!」のCMに主演[6]

2017年6月、水谷豊監督作品『TAP THE LAST SHOW』に出演。

人物[編集]

ベストスコアは78。

出演[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • ブロードウエイミュージカル『NOISE&FUNK』 スペシャルオープニングアクト
  • ノッポさんの小さな音楽劇 ありがとうグラスホッパー
  • 銀座博品館劇場 タップジゴロ
  • 銀座博品館劇場 TAP THE BEST SHOW 2017
  • 劇団SET TAKEDA
  • JA全農2014世界卓球開会式ゲストパフォーマンス[10]
  • Bリーグ関東EARLY CUP2017スペシャルパフォーマンス

TV[編集]

CM出演[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]