H3Cテクノロジーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

H3Cテクノロジーズ (H3C Technologies Co., Limited、杭州华三通信技术有限公司) は、アメリカヒューレット・パッカードHewlett-Packard Company, NYSE: HPQ)の100%子会社で、中国杭州市浜江区に本社及び製造工場を置き[1]、ヒューレット・パッカードのネットワーク製品の大部分の開発、製造を請け負い、かつ中国市場向けに販売・保守を行う企業である。

概要[編集]

2003年11月、アメリカのスリーコム(3Com Corporation) と中国華為技術有限公司 (华为技术有限公司、Huawei Technologies Co. Ltd) との合弁会社ファーウエイスリーコム(Huawei-3Com Technology Co., Ltd、通称H3C)として設立された。ファーウェイスリーコムが中国国内で開発と製造を行う経緯からスリーコムとの役割分担として、ファーウエイスリーコムが中国日本においてH3Cブランドで製品の販売・保守を行い、中国と日本以外ではスリーコムがスリーコムブランドとして販売・保守を行った。

華為技術有限公司 (华为技术有限公司、Huawei Technologies Co. Ltd)時代のQuidwayルータ、スイッチはシスコシステムズのネットワークOS「Internetworking Operating System(IOS)」のCLI(Command Line Interface)とそれに対応するスクリーン表示が酷似しておりIOSの設定Commandの殆どが利用出来たが、それが原因で2003年1月に華為技術有限公司はシスコシステムズから提訴された。[2] 尚、この問題は結果的にシスコシステムズが一時差止命令を勝ち取るが[3]その後、華為と合弁しているスリーコムが裁判に参戦、[4]華為が自主的に製品に変更を加える事で合意した為、両社は和解した。

2006年11月、スリーコムと華為技術は合弁を解消し、スリーコムによるファーウェイスリーコムの完全子会社化が発表され[5]2007年5月合弁解消手続きの完了に伴いファーウエイスリーコムはH3Cテクノロジーズに社名変更した。2003年以降中国市場では一貫してH3Cのブランド名で提供された経緯から、H3Cテクノロジーズは引き続き中国で大きな存在感を示すようになった。

2010年4月、ヒューレット・パッカードによるスリーコムの買収が行われ[6][7]、これによりスリーコムの100%子会社であったH3Cテクノロジーズは、ヒューレット・パッカードの100%子会社となった。

ヒューレット・パッカードは2010年の買収完了後も、H3Cテクノロジーズ(現在はHuawei-3Comではなく、拠点の地名からHangzhou-3Com)を100%子会社として管理しつつ[1]、本社のある中国市場に対してのみ、H3Cブランド名でネットワーク製品を提供する存在として残し、中国市場でのブランド評価を活用している。なおこれはヒューレット・パッカードのネットワーク製品のブランド名を変えた提供であり、ヒューレット・パッカードおよびH3Cテクノロジーズは現在華為技術との間に資本関係や提携関係はなく、華為技術との製品の共同開発やOEMは行なわれていない。製品の開発と製造は引続きH3Cテクノロジーが中国杭州(Hangzhou)で行っている。

2014年現在、中国政府が米IT企業の製品を政府機関の調達リストから排除する動きが加速しているが[8]、H3Cテクノロジーズは中国政府との関係が深く、一般に中国では国内企業と認知されている為、その影響は受けていない。

日本法人[編集]

スリーコムと華為技術による合弁開始後の2004年4月、ファーウェイスリーコムジャパン株式会社が東京都中央区明石町にて営業を開始、2006年8月には大阪市北区中之島に大阪支店を開所した。

2007年5月1日、スリーコムと華為技術の合弁解消とスリーコムによる100%子会社化[5]により、日本法人もH3Cテクノロジーズ・ジャパンに社名変更した。

2010年、ヒューレット・パッカードによるスリーコムおよびその子会社H3Cテクノロジーズを含む資産の買収に伴い、日本法人は日本ヒューレット・パッカードに吸収され、ヒューレット・パッカードの既存のネットワーク関連部署との統合により同社HPネットワーク事業本部となった。

主な製品[編集]

  • ルータ
    • MSRシリーズ
      • MSR20、MSR30、MSR50シリーズ・ルータ
    • SRシリーズ
      • SR66、SR88シリーズ・ルータ
  • スイッチ
      • S9500シリーズ・スイッチ
    • エッジ・スイッチ
    • エンタプライズ用バックボーン・スイッチ
      • S7500、S7500Eシリーズ・スイッチ
    • エンタープライズ用コア・スイッチ
      • S3100、S5100シリーズ・スイッチ
    • エッジ&コンバージ・スイッチ
      • S5500/5600、S3600、S3610シリーズ・スイッチ
  • ネットワーク管理
    • H3C iMCネットワーク管理システム
    • CAMS統合アクセス管理システム
    • XLogネットワーク解析システム

脚注[編集]

外部リンク[編集]