GxP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

GxPはGood x practice(適正 x 基準、優良 x 規範)の略で、安全性や信頼性を確保することを目的に政府等の公的機関で制定する基準を表す言葉の略称である。特に製薬産業関係のものが多い。以下のようなものがある。

  • GAP - Agricultural - 農業生産工程管理(適正農業規範
  • GAMP - Automated Manufacturing - ISPE(国際製薬技術協会)が発行しているCSV(コンピュータ化システムバリデーション)に関する実践ガイドライン
  • GCP - clinical - 医薬品・医療機器の臨床試験の実施基準
  • GCLP - Clinical Laboratory - 臨床試験検体を扱う臨床検査室の業務実施基準
  • GDP - Distribution - 医薬品の適正流通基準
  • GLP - laboratory - 医薬品・医療機器の非臨床試験の実施基準
  • GMP - manufacturing - 医薬品、医薬部外品の製造管理・品質管理の基準
  • GQP - quality - 医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器の品質管理の基準
  • GVP - vigilance - 医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器の製造販売後安全管理の基準
  • GPSP - Post-marketing Study - 製造販売後の調査・試験の実施基準
  • GPMSP - Post-Marketing Surveillance - 医薬品の市販後調査の基準:2002年の薬事法改正によってGVPとGPSPに分離された