grape fruit

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グレープフルーツ
grape fruit
ジャンル 少女漫画雑誌
読者対象 女性
刊行頻度 季刊、隔月刊(偶数月10日発売)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 680円
出版社 新書館
発行人 坂本洋子
刊行期間 1981年(VOL.1) -
1988年(VOL.39)
レーベル ペーパームーンコミックス

grape fruit』(グレープフルーツ)は、かつて新書館が発行していた、少女漫画を中心とする雑誌ムック)。『ペーパームーン』別冊号として、1981年7月に創刊。第2号より第5号まで季刊。第6号から隔月刊・偶数月10日発売。1988年発行の第39号をもって休刊した。

カバーつきの豪華仕様で、最初のページにのり付けされた折り込み式のポスターがついていることもあり、続けて、著名作家により描かれたテーマ別イラストが数ページ掲載されていた。 バックナンバーが常に大書店に取りそろえてあり、第2号以降の号は、比較的容易に入手可能な状態で販売されていた。 第3号、第4号では、急逝した漫画家、 花郁悠紀子の追悼記事が組まれていた。

別冊に、『ヒロイン&ヒーロー』(1984、1988)がある。1984年版は「歴史」をテーマにした増刊号であった。1988年版は「愛の伝説篇」と題した増刊号で、本誌の番外篇なども掲載された、事実上の最終号であった。構成は本誌とほぼ同じであった(1988年版はカバーつきであった)。

表紙作家[編集]

花の24年組によるものが多い。

主な作家[編集]

プチフラワー』(小学館)の執筆陣とも、大幅に重なる[2]

主な掲載作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 5月1日 ペーパームーンとグレープフルーツ, まんだらけ情報, 2006/4/26.
  2. ^ たらさわみち『バイエルンの天使』、森脇真末味『男は寡默なバーテンダー(踊るリッツの夜)』のように、双方に掲載された読み切りシリーズもある。また、佐藤史生『夢見る惑星』の後日談である、『雨の竜』も掲載された。

関連項目[編集]