Goose house Phrase 11 Bitter

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「Goose house Phrase #11 Bitter」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
Goose house Phrase #11 Bitter
Goose houseスタジオ・アルバム
リリース
録音 2014年 - 2015年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
Goose house 年表
Goose house Phrase #07 Soundtrack?
2013年
Goose house Phrase #11 Bitter /
Goose house Phrase #10 Milk
(2015年)
Goose house Phrase #15 HEPTAGON
(2017年)
テンプレートを表示

Goose house Phrase #11 Bitter』(グース ハウス フレーズ イレブン ビター)は、Goose houseの通算7作目のアルバムである。2015年2月25日に発売された。通称「Bitter」。

概要[編集]

  • 前作の「Goose house Phrase #07 Soundtrack?」より2年ぶりとなるアルバム。
  • グループの代表曲「Sing」の最新バージョンや、2014年のライブツアーで披露された「未来の足跡」を含む全8曲が収録されている。
  • Goose house Phrase #10 Milk」との2枚同時発売であり、「Milk」がメジャーレーベルから発売されるのに対し、「Bitter」はインディーズレーベルから発売される。
  • 2014年4月に元メンバーのd-iZe脱退後、現在の7人のメンバー(工藤秀平、竹渕慶竹澤汀、マナミ、沙夜香、ワタナベシュウヘイ、齊藤ジョニー)では初のアルバムである。
  • これまでのアルバム同様、7人全員での歌唱曲もあれば、2~4名のユニットでの歌唱曲もある。
  • タイトルについた「#11」というのは単に11枚目のアルバムという意味ではなく、Goose houseがこれまでに発表した、シングル、配信限定曲、アルバムを含む通算の番号である。

収録曲[編集]

  1. Sing 2015
  2. ドミノエフェクト
  3. ハルノヒ -合唱-
    • 本アルバム発売に先立ち、2015年2月4日に先行配信された。
  4. Humming bird
  5. トーキョー・シティ
  6. セダンガール
    • 齊藤ジョニーがメインボーカル、工藤秀平、ワタナベシュウヘイ、竹渕慶、竹澤汀も参加
  7. シオン
  8. 未来の足跡
    • 2014年のライブツアーで披露された曲。

外部リンク[編集]