Glasgow Coma Scale

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Glasgow Coma Scale(GCS)(グラスゴー・コーマ・スケール)とは、1974年英国グラスゴー大学によって発表された意識障害の分類で、現在世界的に広く使用されるの評価分類スケールである。日本では主に脳神経外科領域で用いられることが多い。開眼・言語・運動の3分野に分けて記録し、意識状態を簡潔かつ的確に記録できる。

なお、GCSが発表された後、エディンバラ大学は対抗してEdinburgh Coma Scaleを発表した。しかしながらそれを使用したのはエディンバラ大学に関係する医師に限られ、結局GCSが世界的に広がることとなった。


Glasgow Coma Scale[編集]

記述は、「E 点、V 点、M 点、合計 点」と表現される。正常は15点満点で深昏睡は3点。点数は小さいほど重症である。

開眼機能(Eye opening)「E」[編集]

  • 4点:自発的に、またはふつうの呼びかけで開眼
  • 3点:強く呼びかけると開眼
  • 2点:痛み刺激で開眼
  • 1点:痛み刺激でも開眼しない

言語機能(Verbal response)「V」[編集]

  • 5点:見当識が保たれている
  • 4点:会話は成立するが見当識が混乱
  • 3点:発語はみられるが会話は成立しない
  • 2点:意味のない発声
  • 1点:発語みられず

なお、挿管などで発声が出来ない場合は「T」と表記する。 扱いは1点と同等である。

運動機能(Motor response)「M」[編集]

  • 6点:命令に従って四肢を動かす
  • 5点:痛み刺激に対して手で払いのける
  • 4点:指への痛み刺激に対して四肢を引っ込める
  • 3点:痛み刺激に対して緩徐な屈曲運動(除皮質姿勢
  • 2点:痛み刺激に対して緩徐な伸展運動(除脳姿勢
  • 1点:運動みられず

日本では、簡便なJapan Coma Scale(JCS)が広く用いられている。

関連項目[編集]