GUSOH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

GUSOH(グソー)は、福井晴敏小説亡国のイージス』『Twelve Y. O.』『月に繭 地には果実』に登場する架空の兵器。グソーとは「後生」の沖縄方言読みで、死後の世界すなわち冥界を意味する。

アメリカ軍沖縄で極秘に開発した毒ガス兵器(化学兵器)である。作品中では「生物化学兵器」と称されているが、性質上「化学兵器」であるといえる。

概要[編集]

元は戦闘機用の燃料、次世代エネルギーとして開発されたものであり、普段は無色無臭の液体だが、酸素と結合し、一瞬で気化する。発生したVXガスの50倍の毒性を持つ神経ガスが皮膚に浸透し、神経筋肉を繋ぐ伝達物質を破壊し、筋肉の麻痺・硬直によって、窒息死させる。致死量は30mgで、たったの1リットルで、東京を全滅させる。

液体そのものは、中和剤によりイソプロパノールポリマーに分解できる。しかし、発生したガスは、自然分解で人体に影響のないレベルまで毒性を緩和させるまで、酸性条件下で約110時間、アルカリ条件下で約103時間もかかる。そのため、流出した場合は6,000度の熱を発生させるテルミット・プラスによる焼却法が用いられる。

一度沖縄のアメリカ軍沖縄辺野古基地地下で漏出したが、T・プラスにより基地ごと焼却され、外部には爆発事故として処理された(辺野古ディストラクション)(『Twelve Y. O.』)。その後、試料が嘉手納基地からの輸送中に北朝鮮の対日工作員、ホ・ヨンファ率いるテロリストグループにより強奪され、日本政府を脅迫するために使われた(『亡国のイージス』)。

その後封印されたはずだったが、数千年の時を経て再びギンガナム軍によって使用されることになる(『月に繭 地には果実』)。