GUNDAM―来たるべき未来のために―

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

GUNDAM―来たるべき未来のために―は、2005年7月から各地で巡回開催された美術展。通称、ガンダム展

アニメ『機動戦士ガンダム』をテーマとし、「ガンダム世代」の芸術家が「文化現象」をキーワードとして、メッセージを読み解き表現する試みであるとしている。アニメを題材としているがあくまで美術展であるため、子供向けコンテンツは無いが、中にはアニメ作中に登場するフラナガン機関の「ニュータイプの適性試験」を受けられる内容の作品も展示された。また、会場では限定のガンプラが販売された。

開幕イベントの際は『機動戦士ガンダム』生みの親である富野由悠季が招かれたほか、上野の森美術館での開催以降、富野自身の手による作品も新たに加わった。

アニメをテーマとした美術展は非常に珍しく、その題材が人気作品である『機動戦士ガンダム』であることも相まって話題を呼び、大手ニュースサイトで取り上げられた。

開催期間・会場[編集]

なお、京都での開催が国内最後になる予定。

開催概要[編集]

  • エキシビジョン・キュレーター:東谷隆司
  • エキシビジョン・デザイン:nendo
  • サウンド・デザイン:浅野達彦

関連項目[編集]