GODZILLA (アニメ映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
GODZILLA -怪獣惑星-から転送)
移動先: 案内検索
GODZILLA
怪獣惑星(第一章)
決戦機動増殖都市(第二章)
Godzilla(2017) head right side view in Namba Marui August 20, 2017.jpg
「怪獣惑星」のゴジラ像
監督 静野孔文
瀬下寛之
脚本 虚淵玄
原案 虚淵玄
製作 吉澤隆
出演者 宮野真守
櫻井孝宏
花澤香菜
杉田智和
梶裕貴
諏訪部順一
音楽 服部隆之
主題歌 第一章:XAI-サイ-「WHITE OUT」
編集 肥田文
制作会社 ポリゴン・ピクチュアズ
製作会社 東宝
配給 東宝映像事業部
公開 第一章:日本の旗 2017年11月17日
第二章:日本の旗 2018年5月予定
上映時間 第一章:89分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 シン・ゴジラ
テンプレートを表示

GODZILLA』(ゴジラ)は、ポリゴン・ピクチュアズ制作による日本の長編アニメーション映画ゴジラシリーズ第30 - 32作目にして、初の長編アニメーション映画作品となる[注釈 1][1]

全3部作構成で、第1章『GODZILLA 怪獣惑星』は2017年11月17日に公開され[2]、第2章『GODZILLA 決戦機動増殖都市』は2018年5月に公開予定[3]。劇場公開後、動画配信サービスNetflixで全世界配信される予定[4]

ストーリー[編集]

20世紀末、人類は環境変化が原因で地球上に出現した巨大生物「怪獣」の脅威に晒されるようになった。なかでもほかの怪獣を駆逐する力をもった「ゴジラ」の暴威は凄まじく、半世紀に渡り敗走を重ねた人類は種全体の存続を図り、一部の人間を他星に移住させる計画を立案。2048年に、恒星間移民船の1つ「アラトラム号」は、コンピュータによって選抜された一部の人間と、同盟を結んでいた異星種「エクシフ」と「ビルサルド」の人員を乗せ、11.9光年彼方のくじら座タウ星eを目指して旅立った。

しかし、20年後に到着した惑星は人類が生存するには適さない環境であることが判明し、移住計画は事実上失敗に終わる。船内での生活も限界に近づいていたことを受けて、アラトラム号は危険とされる長距離亜空間航行で、往路よりもはるかに短い時間で地球へ帰還する。しかし地球では亜空間航行の影響で約2万年もの歳月が経過しており、人類の文明が失われた地上にはゴジラを頂点とした新たな生態系が築かれていた。

登場人物[編集]

年齢は公式ホームページにて[5]

地球人[編集]

ハルオ・サカキ
声 - 宮野真守洲崎綾(幼少期)[6]
主人公。日本人。24歳。階級は大尉。地球を脱出する直前に両親がゴジラの襲撃に巻き込まれる様子を目の当たりにした過去をもち、ゴジラに対して人一倍強い復讐心を抱いている。メトフィエスから与えられたアラトラム号の機密データを元に「対ゴジラ戦術」を密かに立案し、地球帰還に伴い実行に移そうとする[7]
ユウコ・タニ
声 - 花澤香菜
アラトラム号のなかで生まれた日本人女性で、ハルオの幼なじみ。19歳。階級は曹長。非凡な兵器開発・改造技術の持ち主で、パワードスーツの操縦も一線級の腕前をもつ[7]
マーティン・ラッザリ
声 - 杉田智和
軍属の環境生物学者であるイタリア系アメリカ人。34歳。階級は少佐。好奇心旺盛で、地球降下後は様変わりした生態系の分析を行う[8]
アダム・ビンデバルト
声 - 梶裕貴
揚陸艇およびホバーの操縦士を務めるドイツ人。21歳。階級は少尉。明るい性格で、ハルオに対して尊敬の念を抱いている[8]
エリオット・リーランド
声 - 小野大輔
地球降下作戦の隊長であるイギリス人。32歳。階級は大佐。地球への帰還とゴジラ討伐をきっかけに、モーリたちに代わって権力を手中に収めようと画策する[7]
ウンベルト・モーリ
声 - 堀内賢雄
移民船アラトラム号の船長で、中央委員会の人間代表も務めるイタリア人。56歳。階級は大将。地球連合が発足する以前の戦いで、ゴジラに敗れた過去をもつ[7]。「オペレーション・エターナルライト」では轟天型潜水艦1番艦「轟天」副長としてジングウジ艦長を補佐してマンダを倒し、その後も対怪獣作戦に従軍した功績を認められアラトラム号船長に選ばれる[9]

エクシフ[編集]

メトフィエス
声 - 櫻井孝宏
異星人「エクシフ」出身の軍属神官(大司教)。50歳(人間換算で25歳)。階級は中佐。エンダルフに代わって教団を運営し、その人格と博愛主義から人種を越えた人望を集める。ゴジラ討伐に燃えるハルオの理解者[7]
エンダルフ
声 - 山路和弘
異星人「エクシフ」の族長である軍属神官(枢機卿)。105歳(人間換算で50歳)。階級は中将。

ビルサルド[編集]

ムルエル・ガルグ
声 - 諏訪部順一
異星人「ビルサルド」出身の技術士官。60歳(人間換算で35歳)。階級は中佐。ビルサルドの中でも特に屈強な肉体の持ち主。ハルオの対ゴジラ作戦の有用性を認め、科学的裏付けを行う[7]
リルエル・ベルベ
声 - 三宅健太
異星人「ビルサルド」出身の軍事教官。55歳(人間換算で35歳)。階級は少佐。ハルオたちの軍事教官を務めた過去をもつ[7]
ハルエル・ドルド
声 - 中井和哉
異星人「ビルサルド」の族長。70歳(人間換算で40歳)。階級は中将。

登場怪獣[編集]

ゴジラ
本作のゴジラは植物を起源に持つ超進化生命体という設定だが、虚淵が生命進化の頂点という設定を考えたのに対して瀬下は樹木をモチーフに選んでおり、恐ろしくも神々しいところを見せて捕食動物感を減らすためにあえて頭を小さくしているほか、青っぽくしている地色にコケが降り積もっているために緑っぽく見えるところもあるという[10]
セルヴァム
2万年後の地球に生息するゴジラの亜種生物。身体はほかの動植物同様、ゴジラ細胞で構成される[11]。ワーム型と翼を持つ飛翔型の2種類が存在する[12]。性格は獰猛で、地球に降下した揚陸部隊を襲撃する[11]

登場メカニック[編集]

恒星間移民船[編集]

地球外惑星移民計画に基づいて、地球連合が建造した宇宙船。人員は人工知能「オムニエレクティオ」により、人類の生存に必要な能力値を備えた人間が選別された[13]

オラティオ号
第一恒星間移民船。全長3キロメートル。定員10,000名。移民予定地は地球から約1400光年離れたはくちょう座ケプラー425。内部には冷凍睡眠施設を備える[13]
アラトラム号
第二恒星間移民船。全長1.5キロメートル。定員5,000名。オラティオ号よりも航行距離とくじら座タウ星eへの到着期間が短いため、冷凍睡眠施設は存在しない[13]

移民船搭載機[編集]

揚陸艇
大気圏への突入機能およびホバーバイクなどの収納機構を備えた揚陸艇[14]。非運用時は移民船の内部に格納される。
パワードスーツ
採掘機能を有した惑星開拓用汎用機。戦闘用ではないが、対ゴジラ作戦では歩兵隊の装備として運用される。武装は両腕部の20ミリレールガン[11]
多脚砲台
電磁加速砲を搭載した多脚構造の装甲戦闘車両[14]。対ゴジラ作戦では砲兵隊の装備として運用される。
ホバーバイク
1人乗りの二輪車型ホバークラフト[14]。対ゴジラ作戦では誘導役として遊撃隊が運用する。

その他の兵器[編集]

メカゴジラ

用語[編集]

怪獣
20世紀末より現れ始めた巨大生物。急激な環境変化に起因する生物淘汰によって、各生物に生じた突然変異が出現の原因とされる。
エクシフ
2035年にニューヨークに現れた異星人。母星のペルセウス座BD+48°740恒星系第4惑星「エクシフィカルス」が滅亡し、放浪の末に地球へ飛来した。ビルサルドを超える寿命をもつ種族で、独自の数学体系に基づいた「ゲマトロン演算」と呼ばれる未来予測技術をもつ。他者への献身を教義とする宗教を信奉しており、ゴジラの出現で既存の宗教への信仰を失った人類に新たな宗教的支柱を与えた[15]
名前はX星人に由来している[16]
ビルサルド
2036年にロンドンに現れた異星人。ブラックホールによって母星のはくちょう座V1357恒星系第3惑星「ビルサルディア」を追われ、地球へ飛来した。平均寿命は約200歳で、頑強な肉体と合理主義を重んじる精神構造が特徴[11]。優れた科学力を有し、人類に亜空間飛行などのオーバーテクノロジーをもたらした[15]
名前はブラックホール第3惑星人に由来している[16]
地球連合
人類、エクシフ、ビルサルドが2039年に共同で発足させた組織[11]。異星種の協力で開発した対怪獣兵器によって怪獣に対抗する手段を得るが、ゴジラの脅威には敵わず、地球外惑星移民計画が加速することとなる[13]
地球外惑星移民計画
怪獣による人類滅亡を危惧した地球連合が、種の存続のために発動した移民計画。人工知能「オムニエレクティオ」によるゲマトロン演算で選出された合計15,000名の人類を、異星種とともに恒星間移民船2隻で他星系に脱出させるというもの[11]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

第一章「WHITE OUT」[17]
作詞 - 蒼山幸子 / 作曲・編曲 - 中野雅之 / 歌 - XAI-サイ-

製作[編集]

2016年8月19日にタイトルや公開予定年、メインスタッフやティザービジュアルがそれぞれ発表された。静野孔文瀬下寛之が監督、ポリゴン・ピクチュアズが制作、Netflixが配信をそれぞれ担当する形式は、両社の過去の制作作品である『シドニアの騎士』、『亜人』、『BLAME!』と同じだが、本作では脚本に虚淵玄が起用された。なお、虚淵には2014年ごろに打診されており、発表時点で脱稿済みであった[18]。瀬下は、ゴジラに虚淵のテイストを入れることが本作品の企画の立脚点であったと述べている[19]。収録はプレスコ方式で行われた[20]

瀬下には2013年以前に打診されており、「『ゴジラ』を見たことがないアニメファンに自由な発想で」という内容に当初は断っていたが、虚淵と懇意にしている静野との共同なら彼らの影に隠れるように役立てられると考え、参加したという[10]。虚淵の作った原案に皆で肉付けし、瀬下はSF考証や世界観、静野は編集や構成などをそれぞれ担当した[10]。虚淵も打診された当時は「久々の日本産ゴジラがアニメでは立場がない」と断るつもりだったが、『シン・ゴジラ』を庵野秀明が作ることを聞かされ、同作の後なら筋も通ると考えて参加した[21]。脚本についても、同作への自分なりに立てた予想からやらなさそうなネタだけを拾い、書き上げたという[21]。静野は打診された当時、ゴジラのことを名前ぐらいしか知らず、打ち合わせの際にも口から熱線を吐くことに疑問を持って尋ねるほどだったが、虚淵はそれをゴジラのゴの字も知らない人たちに向けても作ることに応用し、自分の話すゴジラのネタを聞いた静野の顔色をうかがうことで、バランスを取っていたという[21]

プロモーション[編集]

2017年1月19日にはコンセプトアートやキャストが、同年3月24日には副題やストーリーが、同年3月26日には「AnimeJapan 2017」のスペシャルイベント内にて3部作の情報やキャラクターなどが発表された[2]

2017年6月12日にはフランスにて開催されたアヌシー国際アニメーション映画祭で、本作が紹介された[22]。また、同月13日には本作に登場するゴジラのシルエットビジュアルが日本国内で解禁され[23]、7月6日には特報映像第1弾も公開された[24]

2017年11月2日にはTOHOシネマズ新宿にて「シン・ゴジラからアニゴジへ」と題した完成披露試写会が開催され、舞台挨拶にハルオ・サカキ役の宮野真守、メトフィエス役の櫻井孝宏、ユウコ・タニ役の花澤香菜、アダム・ビンデバルト役の梶裕貴、ムルエル・ガルグ役の諏訪部順一ら声優陣や監督の静野と瀬下が登壇したほか、サプライズゲストとして『シン・ゴジラ』から泉修一役の松尾諭と森文哉役の津田寛治ら俳優陣が登壇した[25][20]。同年11月3日には歌舞伎町シネシティ広場で「ゴジラ・フェス 2017」が開催され、同日を「ゴジラの日」に制定するセレモニーに本作から花澤と瀬下が登壇した[26][27]

2017年11月18日にはTOHOシネマズ新宿にて公開記念舞台挨拶が開催され、静野・瀬下・宮野・花澤・虚淵が登壇し、制作や収録についてのエピソードを明かしたほか、『GODZILLA ゴジラ』の監督であるギャレス・エドワーズから本作への賞賛コメントが映された[21]

2017年11月23日にはTOHOシネマズ六本木ヒルズにて大ヒット御礼舞台挨拶が開催され、花澤、マーティン・ラッザリ役の杉田智和、瀬下が登壇し、プレスコについてのエピソードを明かした[28]

興行成績[編集]

第1章は、2017年11月18日・19日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)にて動員約7万1200人、興行収入約1億300万円をそれぞれ記録し、初登場で第3位となった[29]

小説[編集]

作品の前日譚にあたる『GODZILLA 怪獣黙示録』が、2017年10月25日に角川文庫より発売された[30]ISBN 978-4-04-106181-7。監修は虚淵玄、小説は大樹連司、設定協力は白土晴一がそれぞれ担当する。

内容は、地球連合情報軍総合情報部の調査官で、ハルオ・サカキの父であるアキラ・サカキが怪獣被害より生還した人々の証言を、初めて怪獣が出現した1999年から時系列順にまとめたものとなっている。劇中には、ゴジラシリーズのみならず過去の東宝特撮映画に登場した怪獣が多く登場する。

登場人物(小説)[編集]

アキラ・サカキ
ハルオの父。怪獣被害から生還した人々の聞き取り調査を担当していた。2037年にゴジラ研究の第一人者だったウィルヘルム・マイスナー博士を捜索するためパリに向かい、2039年にパリを解放した地球連合欧州派遣軍(Gフォース)のハルカと出会い結婚[9]。2048年の地球脱出の際、怪獣のデータをアラトラム号から削除しようとした上層部に抗議するため地球連合本部に向かい、そのためにシャトルへの搭乗が遅れゴジラの攻撃に巻き込まれ死亡する[31]
ハルカ・サカキ
ハルオの母で、旧姓は「ヤシロ」。戦車中隊長として「オペレーション・エターナルライト」に従軍。ジラとゴロザウルスを倒してパリを解放し、同地で出会ったアキラと結婚後にハルオを出産する[9]。2048年の地球脱出の際、アキラと共にゴジラの攻撃に巻き込まれて死亡する。
ダイチ・タニ
声 - 堀越富三郎
ユウコの祖父。極東陸軍一曹として「オペレーション・エターナルライト」に従軍し、ノルマンディーで遭遇したビオランテ撃滅作戦に参加した[9]。ゴジラの攻撃で日本が陥落した際にハルオを助けたことが縁で、彼の調査の護衛を務めるようになる[9]。2048年の地球脱出の際にアキラからハルオを託され[31]、ハルオを連れて脱出する。
ゴードン・キャッスル
地球連合ブラジル自治区第27プランテーション監督官。かつてはニューヨークの投資銀行社員で、1999年に地下鉄でカマキラスの幼体と遭遇し、乗り合わせた警官ジョンと陸軍大尉ダニエルと共にカマキラスの幼体を倒す[32]
マーク・リーランド
地球連合統合防衛情報局顧問。かつては秘密情報部の諜報員で、2002年のドゴラ出現の際はキプロスで諜報活動を行っていた。同地のロシア諜報員タチアナ・ロマノヴァの協力で、墜落したミールの残骸からドゴラの弱点となる雀蜂の毒を発見してイギリスに帰国し、米英軍によるドゴラ撃滅を目撃する[32]
楊弘徹(ヤン・ホンチェー)
死刑囚。かつては中国共産党の党員で、河北省の廃鉱山で化学物質を食べるヘドロ沼状の微生物(ヘドラ)を発見し、その功績で同省の県共産党委員会書記に任命される。2005年のラドン・アンギラス出現の際、中国人民解放軍が開発した生物化学兵器「ヘドラ」の投入と、その後のヘドラの暴走による北京・天津の壊滅を目の当たりにする[32]。ヘドラを発見した後悔から地球連合によるヘドラ復活計画を内部から妨害していたが、妨害工作が発覚して逮捕され処刑される[32]
アルベルト・イチロウ・サントス
総合歴史学者。オラティア号、アラトラム号に乗船する子供たちに歴史を教えている。父はブラジルの不動産富豪で、2012年に父に恨みを持つ集団に拉致されるが、連れ込まれた飛行機がアマゾン上空で墜落してサントス1人が助かり、部族の少女ミラと共にガバラを倒す[32]
ミラ
アマゾンでサントスを助けた少女。銀髪褐色の肌をもち、部族の巫女をしている。言語を用いずに意志疎通することができ、サントスと共に部族を襲うガバラを倒す[32]
ジョン・スミス(仮名)
地球連合海軍の輸送機パイロット。かつてはアメリカ海軍の戦闘機パイロットで、2017年にダガーラと交戦する[32]。ダガーラの放出したベーレムの被害を知ってからは怪獣と戦う意欲を失い、以後は輸送機のパイロットを務めている[32]
マリ・カエラ
地球連合コロンビア第2人類救済都市管理官(市長)。メガロの出現で故郷を追われた難民の子供で、2022年にイズミルでオルガの攻撃を受け両親を失う[32]。後にUNHCRの職員となり怪獣被害を受けた難民の保護を行い、オラティア号への乗船を拒否して地球への残留を決める[32]

登場怪獣(小説)[編集]


コラボレーション[編集]

小田急電鉄グループ
作中の舞台の1つとされる神奈川県大山では小田急グループにより観光事業を展開していることから、2017年11月1日 - 12月10日の期間、大山阿夫利神社とともにタイアップ企画を実施する。夜間ライトアップでのゴジラ像投影や、大山ケーブルカー車内での花澤香菜によるアナウンスなどである[33][34]
TOHOシネマズ上野
2017年11月4日の開館を記念したスペシャルコラボポスターが、同年10月7日に公開された[35]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1994年、1996年には学習研究所による短編の学習アニメ『すすめ!ゴジランド』が制作されている。

出典[編集]

  1. ^ 世界初製作ゴジラアニメーション映画化決定!”. 映画『シン・ゴジラ』公式サイト. 2017年2月12日閲覧。
  2. ^ a b アニメーション映画『GODZILLA』全三部作公開決定!”. アニメーション映画『GODZILLA』OFFICIAL SITE (2017年3月26日). 2017年3月26日閲覧。
  3. ^ アニメ「GODZILLA」第2章は「決戦機動増殖都市」、前売特典にメカゴジラ”. コミックナタリー (2017年11月17日). 2017年11月17日閲覧。
  4. ^ アニメ映画「GODZILLA」、劇場公開後にNetflixで全世界配信!”. 映画.com (2017年3月15日). 2017年3月15日閲覧。
  5. ^ 公式ホームページ・登場人物
  6. ^ 洲崎綾の2017年11月17日のツイート2017年11月18日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g Newtype12 2017, p. 99.
  8. ^ a b パンフレット 2017, 「CHARACTER DIAGRAM」
  9. ^ a b c d e 怪獣黙示録 2017, pp. 186-212, 第4章『反撃』
  10. ^ a b c ゴジラ:アニメ版は「ご神木のような存在感」 瀬下監督に聞く製作の裏側”. まんたんウェブ. 2017年11月17日閲覧。
  11. ^ a b c d e f パンフレット 2017, 「基本設定解説」
  12. ^ 宇宙船158 2017, pp. 90-91, 「GODZILLA 怪獣惑星」.
  13. ^ a b c d INVESTIGATION REPORT”. アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』OFFICIAL SITE. 2017年11月18日閲覧。
  14. ^ a b c パンフレット 2017, 「VEHICLE DESIGN」
  15. ^ a b 怪獣黙示録 2017, pp. 151-185, 第3章『接触』
  16. ^ a b パンフレット 2017, 「TALK」
  17. ^ “映画『GODZILLA 怪獣惑星』の主題歌を、超大型新人アーティスト・XAI‐サイ‐さんが歌う「WHITE OUT」に決定!”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2017年10月4日). http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1507038330 2017-10-04-閲覧。 
  18. ^ @digitarouの2016年8月18日のツイート2017年9月10日閲覧。
  19. ^ 宇宙船158, pp. 92-93, 「[対談]静野孔文×瀬下寛之」.
  20. ^ a b まずは君が落ち着け!大慌ての宮野真守、『シン・ゴジラ』松尾諭と名シーン再現”. シネマトゥデイ (2017年11月2日). 2017年11月3日閲覧。
  21. ^ a b c d 虚淵玄、アニゴジは「伝統の特撮ゴジラ最新作の後なら」と日本産ゴジラの筋を通す”. コミックナタリー. 2017年11月18日閲覧。
  22. ^ アニメ映画「GODZILLA」、アヌシー国際アニメ映画祭へ!”. 映画.com (2017年6月5日). 2017年11月3日閲覧。
  23. ^ 映画「GODZILLA 怪獣惑星」に登場するゴジラのビジュアル解禁”. Gigazine (2017年6月13日). 2017年11月3日閲覧。
  24. ^ アニメ版『ゴジラ』映像公開!ゴジラ&新怪獣が出現”. シネマトゥデイ (2017年7月6日). 2017年11月3日閲覧。
  25. ^ 櫻井孝宏&宮野真守が「GODZILLA」観て語彙力奪われる、シンゴジ俳優も応援”. コミックナタリー (2017年11月2日). 2017年11月3日閲覧。
  26. ^ 11月3日を「ゴジラの日」に制定! 花澤香菜が認定セレモニーに出席”. ねとらぼ (2017年11月3日). 2017年11月3日閲覧。
  27. ^ 花澤香菜、ゴジラ・フェスに登場「私、ミニラにソックリ!」と親近感”. NewsWalker (2017年11月3日). 2017年11月3日閲覧。
  28. ^ 杉田智和が「プレスコ童貞をゴジラに奪われた」と告白、花澤香菜慌てる”. コミックナタリー (2017年11月23日). 2017年11月24日閲覧。
  29. ^ ゴジラ:アニメ第1章が動員で初登場3位 7万1200人動員 興収1億300万円”. まんたんウェブ (2017年11月20日). 2017年11月20日閲覧。
  30. ^ “ゴジラ:アニメ版の前日譚が小説に 虚淵玄が監修”. まんたんウェブ (毎日新聞デジタル). (2017年10月2日). https://mantan-web.jp/article/20171001dog00m200018000c.html 2017年10月2日閲覧。 
  31. ^ a b 怪獣黙示録 2017, pp. 213-214, 断章『2048年』
  32. ^ a b c d e f g h i j 怪獣黙示録 2017, pp. 19-111, 第1章『出現』
  33. ^ 丹沢・大山フリーパス×映画『GODZILLA 怪獣惑星』タイアップ企画「GODZILLA 攻略キャンペーン」開催!紅葉に染まる大山へ、ゴジラに会いに行こう!小田急電鉄ニュースリリース(2017年10月25日)
  34. ^ 「GODZILLA 怪獣惑星」とタイアップ 秋の大山キャンペーンを開催中!大山ケーブルカーお知らせ(2017年11月12日閲覧)
  35. ^ “ゴジラが上野に上陸!アニメ「GODZILLA」×TOHOシネマズ上野コラボポスター完成”. カカクコム (映画.com). (2017年10月7日). http://eiga.com/news/20171007/4/ 2017年10月9日閲覧。 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]