ゴースト・イン・ザ・シェル (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゴースト・イン・ザ・シェル
Ghost in the Shell
監督 ルパート・サンダース
脚本 ジェイミー・モス英語版
ウィリアム・ウィーラー
アーレン・クルーガー
原案 士郎正宗
攻殻機動隊
製作 アヴィ・アラッド
アリ・アラッド
スティーヴン・ポール英語版
マイケル・コスティガン
製作総指揮 石川光久
藤村哲哉
野間省伸
ジェフリー・シルヴァー
出演者 スカーレット・ヨハンソン
ピルー・アスベック英語版
ビートたけし
ジュリエット・ビノシュ
マイケル・ピット
チン・ハン
ダヌーシャ・サマル
ラザルス・ラトゥーエル英語版
泉原豊
タワンダ・マニーモ
音楽 クリント・マンセル
ローン・バルフェ英語版
撮影 ジェス・ホール英語版
編集 ニール・スミス
ビリー・リッチ英語版
製作会社 ドリームワークス
リライアンス・エンターテインメント
アラッド・プロダクションズ
上海電影集団公司中国語版
フアフア・メディア
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 東和ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2017年3月31日
日本の旗 2017年4月7日
上映時間 107分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
日本語[2]
製作費 1.1億ドル
テンプレートを表示

ゴースト・イン・ザ・シェル』(Ghost in the Shell)は、2017年アメリカ合衆国SF映画士郎正宗の漫画『攻殻機動隊』を原作とし、ルパート・サンダースが監督を務め、ジェイミー・モス英語版とウィリアム・ウィーラー、アーレン・クルーガーが脚本を手掛けている。アメリカでは3月31日[3]、日本では4月7日より公開された[3]

ストーリー[編集]

ネットに直接アクセスする電脳技術が発達すると共に、人々が自らの身体を義体化(=サイボーグ化)することを選ぶようになった近未来。脳以外は全て義体化された少佐率いるエリート捜査組織「公安9課」は、サイバー犯罪やテロ行為を取り締まるべく、日夜任務を遂行していた。そんな中、ハンカ・ロボティックス社の推し進めるサイバー技術の破壊をもくろんだテロ組織による事件を解決すべく、少佐は同僚のバトーらと共に捜査にあたるが、事件を調べていくにつれ、自分の記憶が何者かによって操作されていたことに気付く。やがて、真の自分の記憶を取り戻していく少佐は、自身の驚くべき過去と向き合うことになる[4][5][6][7]

キャスト[編集]

少佐役のヨハンソンは、オファーを受けるまで映画『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』のことを知らず、実際に観てかなり恐ろしいと感じたが、同時にすごく魅力も感じたという。また、荒巻大輔役の北野には敬意をもって接し、彼の撮影時には日本語カンペを持ってあげていたという[8]

また、主要人物の日本語吹き替え版キャストには、『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』やテレビアニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』(S.A.C.)シリーズと同じ声優が起用されている[9]

※括弧内は日本語吹き替えキャスト[10][11]

製作[編集]

2008年にドリームワークススティーヴン・スピルバーグが映画化権を取得。脚本はジェイミー・モスが担当するとされたが、2009年にレータ・カログリディスに変更された[13]。その後、しばらく続報は無かったが、2014年になってウィリアム・ウィーラーが脚本、ルパート・サンダースが監督を務めると発表された[14]。2015年にはジョナサン・ハーマンが新たに脚本を引き継いだ。最終的にはモスとハーマンが脚本にクレジットされた。

アメリカでは当初、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズが2017年4月14日に配給を予定していた。しかし、ドリームワークスとディズニーの提携終了に伴い、公開日を3月31日に改めたうえでパラマウント映画に配給が変更された[15]

2016年11月13日には、日本での劇場公開開始日が2017年4月に決定したことや最新版トレーラー映像が公開され、東京都内で開催されたエクスクルーシブイベントにヨハンソン、荒巻大輔役の北野武、監督のサンダースが登壇した[8]

論争[編集]

映画制作中、西洋世界のソーシャルメディア上で、アジア人キャラクターの草薙素子役に白人女性のスカーレット・ヨハンソンをキャスティングしていることに対し、激しい議論が起こり、人種的不適当、非白人の役を白人が演じるホワイトウォッシングであるという批判が起こった[16][17][18]

日本では、多くの人がハリウッド映画では白人の女優が主役を演じるだろうと考えており、西洋での激しい議論は驚きをもって迎えられた[18]。アニメ映画『攻殻機動隊』の監督押井守はインタビューで、ヨハンソンの起用は「考えられる最良のキャスティング」であり、そもそも少佐の体も「草薙素子」という名前も生まれつきのものではなく、たとえ少佐がもともと日本人であったとしても、アジア人の女性が演じなければいけないという主張に根拠はない。違う人種の役を演じるのは映画界の慣習であると答えた[19]

公開[編集]

  • アメリカの公開は封切り後2か月足らずで終了。"Box Office Mojo"によれば国内興収は4千万ドルとされ、1億ドルを超える予算額に対し半分に達しなかった。5月末までの国外興収は1億3千万ドルというデータがある。
  • 日本では、2017年4月7日に劇場公開、4月8日-9日の土日2日間の映画動員ランキングは、動員17万1000人、興収2億7300万円をあげ、初登場3位でスタートした[20]

出典[編集]

  1. ^ Ghost in the Shell (2017) - Internet Movie Database
  2. ^ なぜ? ハリウッド版「攻殻機動隊」、ビートたけしだけ日本語しゃべる「謎」の真相 - ITmedia NEWS
  3. ^ a b Ghost in the Shell (2017) - Release Info - Internet Movie Database, 2017年3月22日閲覧。
  4. ^ Ghost in the Shell (2017)”. Screen Rant. 2017年3月22日閲覧。
  5. ^ 『攻殻機動隊』ハリウッド実写版、初ビジュアルが公開”. クランクイン! (2016年4月15日). 2017年3月22日閲覧。
  6. ^ ゴースト・イン・ザ・シェル:作品情報”. 映画.com. 2017年3月22日閲覧。
  7. ^ 「ゴースト・イン・ザ・シェル」特集”. 映画ナタリー. 2017年3月22日閲覧。
  8. ^ a b 実写版「攻殻」スカヨハ&ビートたけしが互いを賞賛、同時にトレーラーも解禁”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年11月13日). 2016年11月14日閲覧。
  9. ^ “押井守版アニメ「攻殻機動隊」の声優陣、ハリウッド版の吹替キャストに決定”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年3月10日). http://natalie.mu/comic/news/223925 2017年3月10日閲覧。 
  10. ^ VOICE CAST”. 映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』公式サイト (2017年4月4日). 2017年4月4日閲覧。
  11. ^ ゴースト・イン・ザ・シェル”. ふきカエル大作戦!! (2017年4月7日). 2017年4月7日閲覧。
  12. ^ PARAMOUNT PICTURES AND DREAMWORKS PICTURES’ “GHOST IN THE SHELL” IS IN PRODUCTION IN NEW ZEALAND - PARAMOUNT PICTURES·FRIDAY, APRIL 15, 2016
  13. ^ Siegel, Tatiana (2009年10月22日). “Kalogridis to adapt 'Ghost in the Shell'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118010309?refCatId=13 2011年11月9日閲覧。 
  14. ^ Bishop, Bryan (2014年1月25日). “Live-action 'Ghost in the Shell' movie signs the director of 'Snow White and the Huntsman'”. The Verge. 2014年3月3日閲覧。
  15. ^ Stedman, Alex (2016年1月25日). “'Ghost in the Shell' Moves to Paramount From Disney” (en-US). Variety. http://variety.com/2016/film/news/ghost-in-the-shell-release-date-paramount-disney-1201688478/ 2016年1月26日閲覧。 
  16. ^ 【独占記事】時代劇漫画『子連れ狼』、ハリウッドで実写版リメイク映画化が決定(2016年6月29日)、ヴァラエティ・ジャパン、2016年7月1日閲覧。
  17. ^ DreamWorks accused of 'whitewashing' Ghost in the Shell by casting Scarlett Johansson ガーディアン 2016年4月14日
  18. ^ a b Gavin J. Blair Scarlett Johansson in 'Ghost in the Shell': Japanese Industry, Fans Surprised by "Whitewashing" Outrage Hollywood Reporter 2016年4月19日
  19. ^ 実写版「ゴースト・イン・ザ・シェル」に対する押井守監督のインタビュー IGN JAPAN 2017年3月22日
  20. ^ 『SING/シング』が4週連続1位を達成!新作2本『ゴースト・イン・ザ・シェル』『夜は短し歩けよ乙女』がランクイン(4月8日-4月9日)(2017.04.10)興行通信社(2017年4月10日). 2017年4月10日閲覧。

外部リンク[編集]