GG45

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

GG45(GGはGigaGate、45はRJ-45 (8P8C) との後方互換を意味する)とは、カテゴリー7ケーブルに用いられるコネクタである。Nexans社によって開発された。

2001年IEC 60603-7-7として標準化され、ISO 11801のカテゴリー7ケーブル標準として選択された。

GG45には2つのモードがある。RJ-45 (8P8C) コネクタを用いるCat6 (100/250MHz) 互換のMode1と、Cat7(600MHz、改訂版では1000MHz)で利用するMode2である。Mode1ではRJ-45 (8P8C) コネクタと同じ位置にある8端子を用いるが、Mode2では8端子のうちの両端2端子ずつ(すなわち1・2ピンと7・8ピン)と新しく追加された4端子を用いる[1]

脚注[編集]

  1. ^ Twisted-pair connectors continue technological evolution” (2008年11月1日). 2009年10月19日閲覧。, section A step further

関連項目[編集]