NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
GENEON ENTERTAINMENTから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
コムキャスト > NBCユニバーサル > ユニバーサル・ピクチャーズ > NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン合同会社
NBCUniversal Entertainment Japan LLC
NBCUniversal Entertainment Japan logo.svg
Atago Green Hills from Tokyo tower cropped2.jpg
本社が入居する愛宕グリーンヒルズMORIタワー
種類 合同会社
略称 NBCユニバーサル
NBCユニバーサル・エンターテイメント
本社所在地 日本の旗 日本
105-6208
東京都港区愛宕2丁目5番1号
愛宕グリーンヒルズMORIタワー8階
北緯35度39分44秒 東経139度44分56秒 / 北緯35.66222度 東経139.74889度 / 35.66222; 139.74889座標: 北緯35度39分44秒 東経139度44分56秒 / 北緯35.66222度 東経139.74889度 / 35.66222; 139.74889
設立 1981年3月
業種 情報・通信業
法人番号 5010403007792 ウィキデータを編集
事業内容 映像、音楽、その他著作物の企画、制作、利用並びに著作権の取得、利用
映像、音楽、その他の複製物の制作、製造、販売
代表者 最高経営責任者兼社長 堂山昌司
所有者 ユニバーサル・ピクチャーズ・インターナショナル・エンターテインメント
外部リンク www.nbcuni.co.jp ウィキデータを編集
テンプレートを表示

NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン合同会社(エヌビーシー ユニバーサル・エンターテイメントジャパン、: NBCUniversal Entertainment Japan LLC)は、NBCユニバーサル傘下の日本音楽映像ソフト会社。

なお、「ユニバーサル」およびそのシンボルマークである地球儀ロゴマークを冠するレコード会社としては、ユニバーサル ミュージック グループ(日本法人はユニバーサル ミュージック合同会社)も存在するが、こちらはヴィヴェンディ傘下であり、両社に直接の資本関係はない。かつてはユニバーサル・スタジオもヴィヴェンディ傘下であり、NBCユニバーサル発足後も20%出資していたものの、後に全て売却している。

概要[編集]

前身は、1981年パイオニアレーザーディスク(LD)の製作を目的として設立されたレーザーディスク株式会社。しかし、パイオニアがワーナー・パイオニア(現:ワーナーミュージック・ジャパン)から資本を引き上げて(同社との販売元としての契約はその後も継続)自前で音楽製作にも乗り出す方針に転換したことから、1989年パイオニア エル・ディー・シー株式会社(パイオニアLDC)に商号変更し、音楽事業や映画配給事業、アニメ作品の製作も手がけるようになる。

その後、親会社パイオニアはプラズマディスプレイ事業に社運を賭ける方針に傾いたことにより[注 1]2003年10月に子会社パイオニアLDCの全株式を電通(現:電通グループ)に譲渡し、ジェネオン エンタテインメント株式会社(ジェネオン)に商号変更した。本レーベル名での初陣の作品が『ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて』であり、『ジェネオン』の商号は公式サイト『小麦っ子くらぶ』中のインターネットラジオ内で初公開されている。

その当時の商号の「ジェネオン」は、"generate"(創造)と"eon"(永遠)を組み合わせた造語。

次世代ディスクについてはブルーレイディスクHD DVDの両方に参入し、ワーナー・ホーム・ビデオ向けに先行供給していた。ブルーレイ3Dもワーナー向けから先行供給を開始されており、シャープの液晶テレビ「AQUOSクアトロン3D」やブルーレイ3D再生対応の「AQUOSブルーレイ」の購入者限定キャンペーンとして「タイタンの戦い3D」も含まれる。

同社の米国本社が「次世代ディスクについて、今後はブルーレイのみの供給とする」と発表されたため、ワーナー向けのHD DVDの供給はストップされた。なお、自社向けについては両規格とも供給する予定があったものの、東芝によるHD DVD事業の終息に伴いブルーレイのみの供給となった。

制作部門は2つに分かれており、制作本部第1制作部は邦画・テレビドラマ作品、第2制作部はアニメーション・楽曲(RONDO ROBESISTUS RECORDSI've作品)とA&R・販売受託商品を担当している。販売受託商品の中には『カードキャプターさくら』など、以前別会社・別レーベルで販売されていた作品のDVD・BOXがある。

2008年11月、電通は米国NBCユニバーサル傘下のユニバーサル・ピクチャーズ・インターナショナル・エンターテインメント(UPIE)に株式の大部分を譲渡する契約を締結、同年12月までにUPIEが大半の株式を取得した。ただし、この時点で電通の連結子会社では無くなるが、まだ支配株主として残っており、電通のその他関連会社扱いである[要出典]

2009年2月にUPIEの日本法人であるユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン合同会社(設立時は株式会社、合併発表時は有限会社)と合併、商号もジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン合同会社に変更された。なお、NBCユニバーサル傘下に入る前の2008年3月からユニバーサルの新作映画のDVDソフトはジェネオンからリリースされていた。それ以前の発売元についてはユニバーサル・スタジオ#日本での配給・ビデオソフト販売参照。

2013年12月9日に社名をNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン合同会社に変更され、2016年1月1日ジェネオン音楽出版合同会社は、NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン合同会社を存続会社として合併した。これに伴い13年間用いられてきた「ジェネオン」ブランドは完全消滅した[注 2]

通常"entertainment"を日本語表記する際には「エンタ(ー)テイメント」が用いられ、ジェネオン エンタテインメント時代はこれに倣っていたが、合併後は「ン」を入れない「エンターテイメント」が正しい社名の表記である。

ジェネオンは米国に「Geneon Entertainment USA」(米国ジェネオン エンタテインメント、ジェネオンUSA/米(国)ジェネオン/ジェネオンアメリカ)という子会社を持っていた。旧パイオニアLDC(PLDC)(パイオニア子会社)時代に設立した唯一の海外法人である。こちらは合併後も電通の海外子会社となった。

2020年1月、ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントユニバーサル・ピクチャーズ・ホームエンターテイメントは北米地域におけるソフト販売と流通に関する事業について統合することを発表した。同時に前述2社は米国外におけるディスク流通に関する国際ライセンス契約を締結したため、2020年10月9日からワーナー作品のソフト流通も担当している[1]

沿革[編集]

  • 1981年 - パイオニアの出資により、レーザーディスク株式会社として設立。
  • 1989年 - パイオニア エル・ディー・シー株式会社(パイオニアLDC)に商号変更。
  • 1990年 - 前年末にパイオニアが出資した事を機に、4月からマイカルハミングバードの販売受託を開始[注 3]
    • 第一弾アーティストKATSUMIが4月25日にデビュー。アルバム・シングル・ビデオを同時リリース。
    • 8月2日に子会社として学研と共に「ROCK IT RECORDS」を六本木ほうらいやビル内に設立(T-BOLANが所属)。
  • 1991年 - ビーイングが学研のスタッフを擁し初の直営レコード会社であるビージンを「ROCK IT RECORDS」と同じ六本木ほうらいやビル内に設立。翌年11月にはT-BOLANを移籍させるにあたりレーベルとしてZAIN RECORDSを設置、更に1993年1月に社名変更し法人としてZAIN RECORDSとなる[注 4]
  • 1992年 - 初のオリジナルビデオアニメ(OVA)『天地無用! 魎皇鬼』をリリース。この年がアニメ事業のスタートとされている。
  • 1993年 - ROCK IT RECORDSを吸収
  • 1995年 - 小室哲哉と組み、新レーベル「ORUMOK RECORDS」を立ち上げる。同レーベルはメディアファクトリーと提携し、1998年に「factoryorumok」となるが、2001年頃に活動を休止。
  • 1997年 - バーニングパブリッシャーズケイダッシュと合同でレーベル「S.L.K. RECORDS」を設立。deepsらが所属していた。
  • 2001年 - ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン株式会社UNIVERSAL PICTURES(JAPAN)INC.、UPJ)設立。従来CIC・ビクターソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPEJ)が販売していた日本におけるユニバーサル映画や他の制作会社が作った作品の家庭用ソフト製造、販売事業を行う(販売は当初SPEJに委託)。
  • 2002年 - アニメ事業10周年を記念し、アニメ専門レーベル「RONDO ROBE」を立ち上げる。アニメ作品はこのレーベルへと移行し、その後の主力レーベルとなった。コンシューマ向けゲームの自社製作なども行っていた。ゲーム部門の一部がパイオニア傘下の兄弟会社だったインクリメント・ピーに移籍し同業種に参入するも、「大運動会」シリーズ「プリンセスクエスト」「格ゲー野郎」「ヘキサムーン・ガーディアンズ」など数作品で撤退した。
  • 2003年10月 - 親会社パイオニアは同社の株を電通に株式譲渡。ジェネオン エンタテインメント株式会社に商号変更。
  • 2004年7月 - 松平健の「マツケンサンバII」の発売権を獲得し、大ヒット。
  • 2007年9月 - ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン(UPJ)より、2008年リリースの「ボーン・アルティメイタム」以降のユニバーサル・ピクチャーズ新作映画のDVD・ビデオ商品販売業務を受託。UPJはカタログ作品およびTVシリーズの販売業務を引き続き担当。
  • 2008年11月12日 - 米NBCユニバーサル傘下のユニバーサル・ピクチャーズ・インターナショナル・エンターテインメント(UPIE)は電通よりジェネオン株式の過半数を取得し、2009年2月末までにUPIEの日本法人であるユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン有限会社と合併、商号も変更することが発表された。
  • 2008年12月2日 - UPIEによる過半数株式の取得が完了。
  • 2009年2月1日 - ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン合同会社とジェネオン エンタテインメントが合併(存続会社はジェネオン エンタテインメント)。商号もジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン合同会社Geneon Universal Entertainment Japan, LLC.)となった。
  • 2011年3月 - 前身を含めて設立30周年を迎えた。
  • 2013年12月9日 - 商号をNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン合同会社に変更。
  • 2016年1月1日 - ジェネオン音楽出版合同会社を吸収合併。米パラマウント・ピクチャーズバイアコム〈現:パラマウント・グローバル〉傘下)の日本法人であるパラマウント・ジャパンから日本における映像ソフトの営業・販売を移管。
  • 2017年 - 同社アニメ関連商品の公式オンラインショップ「あにばーさる」を開設。ソニー・ミュージックコミュニケーションズが運営[2]
  • 2018年2月3日 - アニメ事業25周年を記念して、音楽フェスティバル「NBCUniversal ANIME×MUSIC FESTIVAL~25th ANNIVERSARY~」をさいたまスーパーアリーナで開催[3]
  • 2020年10月9日 - ワーナー・ブラザース作品のソフト流通を担当[1]
  • 2021年3月 - 前身を含めて設立40周年を迎えた。
  • 2021年5月21日 - 米バイアコムCBS(現:パラマウント・グローバル)傘下の映画会社ミラマックス[注 5]の作品をパラマウント・レーベルとしてソフト発売・販売を担当[注 6][注 7]

所属アーティスト[編集]

同社から楽曲を発表経験のある声優のうち、キャラクターソングのみ参加の者は省略した。なお旧パイオニアLDC時代のも記載する。

過去の所属者[編集]

あ〜た行[編集]

な〜わ行[編集]

販売委託[編集]

コナミデジタルエンタテインメント販売委託[編集]

cosmic★motion(コズミックレイ販売委託)[編集]

5pb.販売委託[編集]

evolution(ドワンゴ・ミュージックエンタテインメント販売委託)[編集]

(販売元をエイベックス・マーケティングへ移管)

J・A・W・S Records(コピーライツバンク販売委託)[編集]

Mellow Head(ランティス販売委託)[編集]

レーベル発足当初はランティス傘下のオンザランのレーベルだったが、2006年8月にランティスに吸収合併された。2011年9月にレーベル運営終了。これまでの委託販売商品もバンダイビジュアル(現・バンダイナムコアーツ)に移管。

所属アーティストなどの詳細はランティス#所属アーティストを参照。

seesonic(スリーナインエンタテインメント販売委託)[編集]

ウェーブマスター販売委託[編集]

ワーナーミュージック・ジャパン販売委託[編集]

かつて所属していたアーティストなどの詳細はワーナーミュージック・ジャパン#過去を参照。

ORUMOK RECORDS[編集]

主なスタッフ[編集]

  • 堂山昌司(最高経営責任者兼社長)
  • 林裕之(ローカルアクイジション&プロダクション本部・副本部長 兼クロスメディア制作部/映像制作部・制作部長)
  • 上田耕行(ローカルアクイジション&プロダクション本部・クロスメディア制作部・シニアマネージャー/プロデューサー)
  • 服部健太郎(制作本部第2制作部・プロデューサー)
  • 高橋和彰
  • 黒須礼央
  • 田島宏行
  • 西村潤
  • 川口真司
  • 太田勝也

過去[編集]

  • 田中順 - 元Director/ローカルアクイジション&プロダクション本部・本部長。2015年7月に目白商事株式会社の代表取締役社長に就任。
  • 折井栄二 - 元ローカルアクイジション&プロダクション本部長
  • 田中彰 - 元制作チーフプロデューサー
  • 関戸雄一
  • 福田太一 - NBCユニバーサル マネージング・ディレクター日本代表、2008年12月にジェネオンの代表取締役社長に就任。最高経営責任者兼社長、職務執行者会長を経て、2009年10月にワーナー エンターテイメント ジャパン株式会社 ワーナー・ホーム・ビデオ&デジタル・ディストリビューションに移籍、代表取締役に就任。
  • 川村明廣 - 元常務執行役員・制作本部第2制作部部長。ワーナー エンターテイメント ジャパンに移籍。
  • 川瀬浩平 - 元制作本部第2制作部・プロデューサー。ワーナー エンターテイメント ジャパンに移籍。
  • 中山信宏 - 元制作本部第2制作部・プロデューサー。ワーナー エンターテイメント ジャパンの後、アニプレックスに移籍。
  • 中西秀樹
  • 大森啓幸 - 元制作本部第2制作部・プロデューサー。ワーナー エンターテイメント ジャパンに移籍。
  • 飯田尚史 - 元制作本部宣伝グループ・チーフプロモーター。ワーナー エンターテイメント ジャパンに移籍。
  • 松田章男 - 元制作本部第2制作部・プロデューサー。ワーナー エンターテイメント ジャパンに移籍。
  • 小倉充俊 - 元制作本部第2制作部・プロデューサー。グッドスマイルフィルムに移籍。
  • 臼井久人
  • 轟豊太
  • 田中信作

販売協力提携会社[編集]

コンピュータゲーム[編集]

いずれもパイオニアLDC時代の発売。

アニメ作品[編集]

出典 - [6]
タイトル アニメーション制作 備考
2015年 アルスラーン戦記 ライデンフィルム
サンジゲン
終わりのセラフ WIT STUDIO
グリザイアの迷宮/楽園 エイトビット RONDO ROBEレーベル
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 feel.
がっこうぐらし! Lerche
To LOVEる -とらぶる- ダークネス 2nd XEBEC
わかば*ガール Nexus
ご注文はうさぎですか?? WHITE FOX
キネマシトラス
スタミュ C-Station
2016年 蒼の彼方のフォーリズム GONZO
ノルン+ノネット キネマシトラス
オレンジ
ばくおん!! TMS/8PAN
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? project No.9
ベルセルク GEMBA
ミルパンセ
アルスラーン戦記 風塵乱舞 ライデンフィルム
ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園- Lerche
ALL OUT!! トムス・エンタテインメント
MADHOUSE
ガーリッシュナンバー diomedéa
ドリフターズ HOODS DRIFTERS STUDIO
ろんぐらいだぁす! アクタス
月曜日のたわわ PINE JAM
2017年 うらら迷路帖 J.C.STAFF
ゆゆ式 (OVA) キネマシトラス
スタミュ(第2期) C-Station
アトム ザ・ビギニング OLM
Production I.G
SIGNAL.MD
クロックワーク・プラネット XEBEC
sin 七つの大罪 アニメーションスタジオ・アートランド
ティー・エヌ・ケー
神撃のバハムート VIRGIN SOUL MAPPA
ベルセルク(第2期) GEMBA
ミルパンセ
ゲーマーズ! PINE JAM
Just Because!
キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series Lerche
ご注文はうさぎですか?? 〜Dear My Sister〜 production dóA
2018年 新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION OLM 映像ソフトのみ
覇穹 封神演義 C-Station
メルヘン・メドヘン フッズエンタテインメント
キリングバイツ ライデンフィルム
されど罪人は竜と踊る セブン・アークス・ピクチャーズ
魔法少女サイト production dóA
ゴールデンカムイ(第一・二期) ジェノスタジオ
蒼天の拳 REGENESIS ポリゴン・ピクチュアズ
ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語- J.C.STAFF
ぐらんぶる ゼロジー
Phantom in the Twilight ライデンフィルム
とある魔術の禁書目録III J.C.STAFF
寄宿学校のジュリエット ライデンフィルム
色づく世界の明日から P.A.WORKS 音楽制作・エンディング主題歌のみ
2019年 同居人はひざ、時々、頭のうえ。 ゼロジー
この世の果てで恋を唄う少女YU-NO feel.
スタミュ(第3期) C-Station
かつて神だった獣たちへ MAPPA
とある科学の一方通行 J.C.STAFF
ご注文はうさぎですか?? 〜Sing For You〜 production dóA
浦島坂田船の日常 GAINAX京都
劇場版 新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X OLM 映像ソフトのみ
2020年 とある科学の超電磁砲T J.C.STAFF
文豪とアルケミスト 〜審判ノ歯車〜 OLM TEAM KOJIMA
アルテ Seven Arcs
Lapis Re:LiGHTs 横浜アニメーションラボ
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完 feel.
キングスレイド 意志を継ぐものたち OLM
SUNRISE BEYOND
ゴールデンカムイ(第三期) ジェノスタジオ
アクダマドライブ studioぴえろ
ご注文はうさぎですか? BLOOM エンカレッジフィルムズ
禍つヴァールハイト -ZUERST- 横浜アニメーションラボ
モンスターストライク THE MOVIE ルシファー 絶望の夜明け ANIMA Inc.
DYNAMO Pictures
映像ソフトのみ
2021年 たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 ライデンフィルム
新幹線変形ロボ シンカリオンZ OLM Team Abe 映像ソフト・エンディング主題歌のみ
カノジョも彼女 手塚プロダクション
死神坊ちゃんと黒メイド J.C.STAFF
がんばれ同期ちゃん AtelierPontdarc
月曜日のたわわ2 横浜アニメーションラボ
薄桜鬼 (OVA) スタジオディーン
2022年 天才王子の赤字国家再生術 横浜アニメーションラボ
終末のハーレム Studio五組
AXsiZ
失格紋の最強賢者 J.C.STAFF
魔法使い黎明期 手塚プロダクション
可愛いだけじゃない式守さん 動画工房
ゴールデンカムイ(第四期) ブレインズ・ベース
転生したら剣でした[7] C2C
プリマドール[7] バイブリーアニメーションスタジオ

ウェブラジオ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ その後、同社の家庭用AV事業は機能子会社の「パイオニアホームエレクトロニクス株式会社」への移管を経て、2015年3月より「オンキヨー株式会社」の機能子会社の「オンキヨー&パイオニア株式会社」に再び移管された。
  2. ^ 規格品番GN(GeNeon)が引き続き使われている。
  3. ^ 1990年3月まではビクター音楽産業が販売受託および製造を行なっていた。ビクター音産が販売していた旧譜作品においては、販売元表記の変更シールを貼付して出荷されていた。
  4. ^ 1995年に販売元がJ-DISCへ移管された際、パイオニアLDCが資本を引き揚げてビーイング100%出資の会社となる。
  5. ^ 中東カタールビーイン・メディア・グループ英語版との合弁
  6. ^ 2005年10月以前のディメンション・フィルムズ作品も含む。
  7. ^ ただし、ウォルト・ディズニー・ジャパンからリリースされている『ぼくはゴーディ英語版』、『タイタニック 深海に沈む真実英語版』、『BIONICLE -マスク・オブ・ライト- ザ・ムービー』、『BIONICLE2 メトロ・ヌイの伝説』、『シンデレラマン』、『すべてはその朝始まった』、『最終絶叫計画4』、『こわれゆく世界の中で』の8作品を除く。
  8. ^ ワーナー・ホーム・ビデオへ移籍していたが、2021年10月発売のアルバム『異世界転生したらベストアルバムでした。』よりNBCユニバーサルへ復帰[4]
  9. ^ 2011年8月1日付でI'veから独立し、同時にワーナー・ホーム・ビデオへ移籍していたが、2018年2月3日にNBCユニバーサルへの復帰を発表した。
  10. ^ ただし、高橋の場合はユニバーサルミュージック(当時のキティレコード)を経ての一時的移籍ということになっていたため、彼女の歌手デビューの契機でもある『エヴァンゲリオン』新劇場版プロジェクト始動の際に古巣のキング(スターチャイルド)へ再移籍を表明している。

出典[編集]

  1. ^ a b “ワーナーとユニバーサルがディスク流通事業統合。北米で合弁会社設立へ”. AV Watch (インプレス). (2020年1月16日). https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1229500.html 2020年5月5日閲覧。 
  2. ^ あにばーさる NBCユニバーサル公式オンラインショップ”. あにばーさる. 2018年5月3日閲覧。
  3. ^ NBCUniversal ANIME×MUSIC FESTIVAL OFFICIAL SITE”. NBCユニバーサル・エンターテンメントジャパン. 2018年5月3日閲覧。
  4. ^ 岸田教団&THE明星ロケッツインタビュー『ベテランっぽい、こなれ感のあるミュージシャンにはマジでなりたくないんで』”. skream!. 2021年11月22日閲覧。
  5. ^ “ワーナー、CD/DVD等パッケージ商品の小売販売・流通業務をソニー・ミュージックマーケティングへ委託”. Musicman-NET. (2017年6月1日). https://www.musicman.co.jp/business/16192 2017年6月1日閲覧。 
  6. ^ LINE UP”. NBCユニバーサル ANIME 公式サイト. NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン. 2021年11月29日閲覧。
  7. ^ a b 出展一覧”. AnimeJapan 2022. 2022年2月2日閲覧。

関連項目[編集]

  • 電通
  • 東宝東和 - 初期の頃から付き合いが長い。東宝東和が発売する80年代から90年代後期までのビデオソフトにおいて、VHSポニーキャニオン、LDとDVDが当社と住み分けられていたが、90年代末期になってVHSも当社販売に移管したため、それ以降は、東宝東和配給映画の販売は、2019年現在に至るまで当社が独占的に近い形で販売している。
  • NBCユニバーサル
  • ユニバーサル・ピクチャーズ
  • I've - 2008年より所属歌手の規格品番が専用となる「GN〇V」となった。
  • 小室哲哉
    • ORUMOK RECORDS - かつて小室がプロデュースした音楽レーベル。パイオニアLDC(※CI・VI導入前)時代に存在。
    • factoryorumok - メディアファクトリーとの共同事業。上記と同じく小室プロデュースである、かつての音楽レーベル。
  • ZAIN RECORDS - 1991年4月16日に設立されたビーイング初の直営レコード会社。1995年5月に販売元がJ-DISCに変わるまで販売受託を行なっていた。設立時の社名はb-jin。その後法人は2003年にB-Gram RECORDSに吸収合併された。
  • キュー・テック - パイオニアLDCに社名変更した際、レーザーディスク株式会社内にあった映像ポストプロダクション部門が分離独立して発足。
  • ソニー・ミュージックソリューションズ - 公式オンラインショップ「あにばーさる」を運営。

外部リンク[編集]