G-quadruplex

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
(左)G-カルテット、(右)G-quadruplex
G-quadruplexは内部に一価の金属イオンを取り込むことで安定化する。

グアニン四重鎖(G-quadruplex: G4)とは、G-richなDNAおよびRNAの領域に形成される核酸高次構造である。

概要[編集]

G-quadruplex のモデル

グアニンに富む核酸配列は G-quadruplex という四重鎖構造をとることがある。この構造では4つのグアニン塩基がHoogsteen型水素結合により平面構造をなし(G-quartet、もしくはG-tetrad)が、これが積み重なってG4構造をなす。G-quartetにおいては、グアニン塩基の中心に向いた酸素原子の負電荷の反発を等の一価の陽イオンが打ち消すことで安定化させている。実験等でGカルテットを用いる場合、このようにして安定化させる。代表的な配列としてヒトテロメアの(TTAGGG)nテトラヒメナのテロメアの(TTGGGG)n配列がある。G-quadruplex はテロメア以外にプロモーター領域にも多く存在することが知られており、タンパク質核酸複合体を形成するなどして種々の遺伝子の発現制御に関わっていると考えられている。

関連項目[編集]