G・スペンサー=ブラウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

G・スペンサー=ブラウンG. Spencer-Brown1923年4月2日 - )はイギリスリンカンシャー生まれ。数学者。フルネームはジョージ・スペンサー=ブラウンGeorge Spencer-Brown)であるが、著書ではすべてファーストネームはイニシャルのみで表記している。

経歴[編集]

ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ在籍。その際、バートランド・ラッセルウィトゲンシュタインと面識を持つ。卒業後オックスフォード大学クライストチャーチ分校の研究講師に専任され、確率に関する数学理論で最初の研究成果をあげる。1964年、ラッセルの推薦でロンドン大学形式数学の講師となる。1969年ケンブリッジ大学純粋数学科に所属。主たる数学的関心は整数論チェスのハーフブルー。グライダーパイロットとして2つの世界記録を持つ。『デイリーエクスプレス』紙スポーツ欄の寄稿者。

形式の法則」の著者であることで最もよく知られる。それは、ニクラス・ルーマンなどの社会学者に、大きな影響を与える。彼は彼の編み出した算法によって、四色問題を解決したと主張したこともあった。

日本では、社会学者大澤真幸によって紹介されている。大澤はスペンサー=ブラウンの主著『形式の法則』を邦訳し、その解題を自らの博士論文『行為の代数学』に纏めている。

著書[編集]

関連図書[編集]

大澤真幸『行為の代数学-スペンサー=ブラウンから社会システム論へ』 青土社,1988年。増補新版、青土社、1999年。ISBN 978-4-7917-5779-4

外部リンク[編集]