Fun & Serious Game Festival

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Fun & Serious Game Festivalは、2011年の設立以来、11月の終わりから12月の初めにかけてスペインのビルバオ市で開催されるビデオゲームフェスティバル[1]。ビデオゲームの文化的重要性を認識することを目的としている。このため、VIT TalksやFun & Serious授賞式など、さまざまなアクティビティが開催される[2]

ファン & シリアスゲームフェスティバルは、バスク地方政府(SPRI、ビルバオ市、ビスカヤ県)の支援を受けている。また、新聞El Correoがスポンサーになっている。イベントの戦略的パートナー企業として、Microsoft、PlayStation、Ubisoftなどがある。スペインのビデオゲーム協会(AEVI)とのコラボレーションフェスティバルである。

フェスティバルの最終日には、チタニウム賞授賞式が開催される[3]。2015年に始めて発表されたこのチタニウム賞は、ビルバオ市のグッゲンハイム美術館に関連して作られた。2016年の参加者の総数は25,000人であった[4]

8回目となる2018年のフェスティバルは、それまでよりも収容人数を増やすため、バラカルドの ビルバオエキシビションセンターに場所を変更[5]

9回目となる2019年のフェスティバルでは、12月6日から9日に開催され、ビデオゲーム音楽への多くの貢献を称え、下村陽子がパイオニア賞を受賞、フェスティバルのVIT Talksで講演を行う予定[6]

[編集]

2011[編集]

チタニウム賞の最初の授賞式は、2011年11月8日にビルバオのCampos Eliseos Theaterで開催され、Patricia CondeとAlex Odoghertyがプレゼンターとして登場。 [7]

カテゴリー 勝者
ゲーム・オブ・ザ・イヤー(ヨーロッパ) バトルフィールド3 [8]
ゲーム・オブ・ザ・イヤー(ヨーロッパ以外) Uncharted 3:ドレイクの裏切り [9]

2012[編集]

カテゴリー 勝者
ゲーム・オブ・ザ・イヤー ハロー4 [10]

2013[編集]

カテゴリー 勝者
ゲーム・オブ・ザ・イヤー GTA V [11]

2014[編集]

カテゴリー 勝者
ゲーム・オブ・ザ・イヤー 中つ国:モルドールの影 [12]

2015[編集]

カテゴリー 勝者
ビスカヤ賞 アレクセイ・パジットノフ [13]
ヴァンガード賞 ティム・シェーファー [14]
名誉賞 ジェームス・アームストロング [15]
ゲーム・オブ・ザ・イヤー ウィッチャー:ワイルドハント

2016年[編集]

授賞式はビルバオのグッゲンハイム美術館で開催され、女優のイツィアール・アティエンツァとジャーナリストのトニ・ガリードがプレゼンターとして登場。エド・バイゼイ 、バスケットボール選手アレックス・マンブルーとコメディアンホヴィックKeuchkerianが賞を授与 。 [16]

カテゴリー 勝者
ビスカヤ賞 仲裕二 [17]
ヴァンガード賞 ハービー・スミス [18]
名誉賞 ウォーレン・スペクター [19]
今年のゲーム Uncharted 4:The Bark's End [16]

2017年[編集]

授賞式はビルバオのグッゲンハイム美術館で開催され、ジャーナリストのイニャキ・ロペスと女優のイツィアール・アティエンツァがプレゼンターとして登場。 [20]

カテゴリー 勝者
ビスカヤ賞 ジョン・ロメロ [21]
名誉賞 ジョーダン・メクナー [21]
ヴァンガード賞 ジェフ・カプラン [21]
今年のゲーム ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド [22]

2018年[編集]

カテゴリー 勝者
ビスカヤ賞 上田文人 [23]
名誉賞 ブレンダ・ロメロ [24]
パイオニア賞 ジェイドレイモンド [25]
ゲーム・オブ・ザ・イヤー レッドデッドリデンプション2

2019年[編集]

カテゴリー 勝者
ビスカヤ賞 ティム・ウィリッツ[26]
ヴァンガード賞 ブルース・ストラリー[27]
パイオニア賞 下村陽子 [28]
名誉賞
ゲーム・オブ・ザ・イヤー

参照資料[編集]

  1. ^ Gamer, Redacción FS. “Fun & Serious Game Festival, un festival de ‘cine’ | FS Gamer” (スペイン語). 2 de julio de 2019閲覧。
  2. ^ EP (4 de mayo de 2013). “La tercera edición del Fun & Serious Game Festival llega en noviembre a Bilbao” (スペイン語). El País. ISSN 1134-6582. https://elpais.com/ccaa/2013/05/04/paisvasco/1367665708_154567.html 2 de julio de 2019閲覧。 
  3. ^ Sempere, Josep Maria (10 de diciembre de 2018). “Anunciados los ganadores de los premios Titanium” (スペイン語). Eurogamer.es. 2 de julio de 2019閲覧。
  4. ^ Más de 25.000 personas asistieron al Fun & Serious Game Festival 2015” (スペイン語). Vandal. 4 de julio de 2019閲覧。
  5. ^ Ortega, José L. (24 de septiembre de 2018). “Fun & Serious Game Festival se muda a un nuevo recinto” (スペイン語). HobbyConsolas. 2 de julio de 2019閲覧。
  6. ^ Yōko Shimomura recogerá el Premio Pionera en la IX edición de Fun & Serious Game Festival” (スペイン語). El Correo (2 de julio de 2019). 2 de julio de 2019閲覧。
  7. ^ Patricia Conde y Alex Odogherty presentan el Fun & Serious Game Festival 2011” (スペイン語). Hoy (27 de octubre de 2011). 2 de julio de 2019閲覧。
  8. ^ Listado de premios del festival Fun & Serious 2011”. 8 de julio de 2019閲覧。
  9. ^ Listado de premios del Festival Fun & Serious 2011”. 8 de julio de 2019閲覧。
  10. ^ Estos son los ganadores de los premios Fun & Serious”. 8 de julio de 2019閲覧。
  11. ^ Sánchez, Por Marta (29 de noviembre de 2013). “Lista de ganadores de los premios Fun & Serious 2013” (スペイン語). IGN España. 8 de julio de 2019閲覧。
  12. ^ Alonso, Álvaro. “El festival Fun & Serious ya tiene a sus ganadores” (スペイン語). eldiario.es. 8 de julio de 2019閲覧。
  13. ^ El inventor del Tetris desvela su éxito: 'Construyes algo y eso agrada'” (スペイン語). ELMUNDO (29 de noviembre de 2015). 2 de julio de 2019閲覧。
  14. ^ Ruiz, Clara Castaño (25 de abril de 2015). “Fun & Serious Game Festival 2015: Tim Schafer recibirá el Premio Honorífico del festival” (スペイン語). HobbyConsolas. 2 de julio de 2019閲覧。
  15. ^ James Armstrong recogerá el Premio de Honor en el Fun & Serious Game Festival” (スペイン語). El Norte de Castilla (19 de noviembre de 2015). 2 de julio de 2019閲覧。
  16. ^ a b Ávila, Diario de (13 de diciembre de 2016). “Uncharted 4: El desenlace del ladrón, mejor juego del año” (español). Diario de Ávila. 8 de julio de 2019閲覧。
  17. ^ Fun & Serious Game Festival 2016: Premiado Yuji Naka” (スペイン語). BUHO (7 de noviembre de 2016). 2 de julio de 2019閲覧。
  18. ^ Harvey Smith premio honorífico Fun & Serious Game Festival” (スペイン語). Euskadi Tecnología (27 de octubre de 2016). 2 de julio de 2019閲覧。
  19. ^ Fun&Serious: Las múltiples caras del videojuego”. La Vanguardia (1 de diciembre de 2016). 2 de julio de 2019閲覧。
  20. ^ 'The Legend of Zelda: Breath of the Wild', premio Titanium al mejor videojuego del año” (スペイン語). El Correo (12 de diciembre de 2017). 2 de julio de 2019閲覧。
  21. ^ a b c EFE. “Kaplan, de escritor fracasado a estrella del videojuego tras jugar 272 días” (スペイン語). eldiario.es. 4 de julio de 2019閲覧。
  22. ^ The Legend of Zelda: Breath of the Wild, Premio Titanium” (スペイン語). andaluciainformacion.es. 8 de julio de 2019閲覧。
  23. ^ CD, Alex (4 de septiembre de 2018). “Fumito Ueda recibirá un Galardón Honorífico en el próximo Fun & Serious de Bilbao” (スペイン語). Vidaextra. 4 de julio de 2019閲覧。
  24. ^ Brenda Romero recibirá el Premio Bizkaia en Fun & Serious Game Festival” (スペイン語). Vandal. 2 de julio de 2019閲覧。
  25. ^ INFORMACION. “Fun & Serious honrará a Jade Raymond, creadora de ´Assassin´s Creed´” (スペイン語). www.diarioinformacion.com. 4 de julio de 2019閲覧。
  26. ^ Cejas (Beld), Sergio (2019年9月3日). “Tim Willits, ex director de id Software, nuevo Premio Honorífico en la IX edición de Fun & Serious” (スペイン語). Vidaextra. 2019年9月26日閲覧。
  27. ^ Bruce Straley será Premio Vanguardia este año en el Fun & Serious Game Festival de Bilbao | Fun & Serious Game Festival” (スペイン語). 2019年9月26日閲覧。
  28. ^ Yōko Shimomura recogerá el Premio Pionera en Fun & Serious Game Festival” (スペイン語). Vandal. 2 de julio de 2019閲覧。

外部リンク[編集]