フレッシュアイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
FreshEYEから転送)
移動先: 案内検索
株式会社スカラコミュニケーションズ
Scala Communications, Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
150-0012
東京都渋谷区広尾一目1番39号
恵比寿プライムスクエアタワー
設立 2004年4月5日
業種 情報・通信業
代表者 代表取締役 梛野憲克
資本金 8,000万円
決算期 6月30日
主要株主 株式会社スカラ
外部リンク http://scala-com.jp/
テンプレートを表示

フレッシュアイ(FreshEYE)は、1998年にサービスを開始した検索ポータルサイトである。株式会社スカラの子会社であるスカラコミュニケーションズ株式会社が運営している。

『フレッシュアイの「フレッシュ」は情報の新鮮さを、「アイ」は インターネット上の情報を常にウォッチし ユーザーの「目」にかわって新しい情報を探し出してくるということを意味する。』(東芝プレスリリース[1]より引用)

検索エンジンの特長[編集]

ロボット型検索エンジンのアルゴリズムは 2010年11月25日まではExciteMooter[1]と同じinktomiであり、このエンジンの特長として、わずか1時間前に更新したサイト情報も探し出すことができるとされている。検索結果の「新着順」のタブをクリックすることにより、最新の情報を表示できる。 ただし、新着として表示された検索結果が実はずいぶん前に作成された内容だった、ということが多い。この現象は、ウェブページが作成された時のみを新着として扱うのではなく、ごく一部分が更新されたときも新着として扱っているために起きる。

そして2010年11月26日に NAVERのウェブ検索エンジンがフレッシュアイに導入された[2]

沿革[編集]

  • 1998年6月30日 - 株式会社東芝が、検索サービス「フレッシュアイ」を開始。
  • 1998年12月1日 - 株式会社東芝、凸版印刷株式会社、株式会社電通の3社が共同で株式会社フレッシュアイを設立。
  • 2002年4月1日 - 東芝の子会社である株式会社ニューズウォッチが株式会社フレッシュアイを吸収合併。
  • 2006年4月1日 - ヤフー株式会社と資本提携。株式会社ニューズウォッチは、ヤフー株式会社の連結子会社、株式会社東芝の関連会社となる。
  • 2010年11月30日 - 株式会社ニューズウォッチは、株式会社フュージョンパートナー(現・株式会社スカラ)の連結子会社となる。
  • 2012年4月1日 - フュージョンパートナーの連結子会社であるデジアナコミュニケーションズ株式会社(現・株式会社スカラコミュニケーションズ)が株式会社ニューズウォッチを吸収合併[3]

脚注[編集]

  1. ^ 東芝:プレスリリース (1998.6.29)
  2. ^ ニューズウォッチ、NAVERのウェブ検索エンジンをフレッシュアイに導入(プレスリリース)
  3. ^ 子会社合併に関するお知らせ (PDF)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]