fgetc

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

fgetcは、ファイルストリームから1文字読み込むC言語標準Cライブラリ関数。標準ヘッダーファイル stdio.h で宣言されている。呼称はエフゲットシーと呼ばれることが多い。 unsigned char で読み込み int に型キャストして返す。入力に成功した場合には入力した文字が、入力に失敗した場合あるいはファイル終端に達した場合にはEOFが返却値となる。

fgetc関数は、動作的にはgetcと等価である。だが、getcがマクロで実装されてもよいのに対し、fgetcは必ず関数として実装されている。そのため、fgetcの引数として副作用のある式を指定しても、問題なく動作する。また、関数ポインタを取得することも出来る。

形式[編集]

#include <stdio.h>
int fgetc(FILE *stream);

コード例[編集]

#include <stdio.h>
 
int main(void)
{
    int c;
    FILE *infile;
 
    infile = fopen("infile.txt", "r");
    if (infile == NULL)
        return 1;
 
    while ((c = fgetc(infile)) != EOF) {
        fputc(c, stdout);
    }
 
    fclose(infile);
    return 0;
}

1文字ずつファイルから読み込み、出力結果は infile.txt の内容が表示される。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]