Fasリガンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
FASLG
PDBに登録されている構造
PDBオルソログ検索: RCSB PDBe PDBj
PDBのIDコード一覧

4MSV

識別子
記号FASLG, ALPS1B, APT1LG1, APTL, CD178, CD95-L, CD95L, FASL, TNFSF6, TNLG1A, Fas ligand
外部IDOMIM: 134638 MGI: 99255 HomoloGene: 533 GeneCards: FASLG
遺伝子の位置 (ヒト)
1番染色体 (ヒト)
染色体1番染色体 (ヒト)[1]
1番染色体 (ヒト)
FASLG遺伝子の位置
FASLG遺伝子の位置
バンドデータ無し開始点172,659,103 bp[1]
終点172,666,876 bp[1]
遺伝子の位置 (マウス)
1番染色体 (マウス)
染色体1番染色体 (マウス)[2]
1番染色体 (マウス)
FASLG遺伝子の位置
FASLG遺伝子の位置
バンドデータ無し開始点161,780,689 bp[2]
終点161,788,495 bp[2]
RNA発現パターン
PBB GE FASLG 211333 s at fs.png

PBB GE FASLG 210865 at fs.png
さらなる参照発現データ
遺伝子オントロジー
分子機能 cytokine activity
血漿タンパク結合
tumor necrosis factor receptor binding
受容体結合
death receptor binding
細胞の構成要素 integral component of membrane

cytoplasmic vesicle lumen
細胞膜
integral component of plasma membrane
cell surface
lysosomal lumen
カベオラ
perinuclear region of cytoplasm
脂質ラフト
リソソーム
エキソソーム
cytoplasmic vesicle
細胞核
external side of plasma membrane
細胞外領域
細胞外空間
生物学的プロセス T cell apoptotic process
regulation of transcription, DNA-templated
細胞間シグナル伝達
endosomal lumen acidification
negative regulation of transcription by RNA polymerase II
retinal cell programmed cell death
transcription, DNA-templated
リポ多糖への反応
positive regulation of neuron apoptotic process
positive regulation of endothelial cell apoptotic process
necroptotic signaling pathway
免疫応答
positive regulation of cell population proliferation
positive regulation of apoptotic process
positive regulation of I-kappaB kinase/NF-kappaB signaling
negative regulation of angiogenesis
regulation of extrinsic apoptotic signaling pathway via death domain receptors
cellular chloride ion homeostasis
response to growth factor
inflammatory cell apoptotic process
positive regulation of epidermal growth factor receptor signaling pathway
extrinsic apoptotic signaling pathway via death domain receptors
シグナル伝達
extrinsic apoptotic signaling pathway
activation of cysteine-type endopeptidase activity involved in apoptotic process
ネクロトーシス(またはネクロプトーシス)
apoptotic signaling pathway
negative regulation of extrinsic apoptotic signaling pathway via death domain receptors
アポトーシス
release of sequestered calcium ion into cytosol by endoplasmic reticulum
regulation of signaling receptor activity
サイトカイン媒介シグナル伝達経路
出典:Amigo / QuickGO
オルソログ
ヒトマウス
Entrez
Ensembl
UniProt
RefSeq
(mRNA)

NM_001302746
NM_000639

NM_001205243
NM_010177

RefSeq
(タンパク質)

NP_000630
NP_001289675

NP_001192172
NP_034307

場所
(UCSC)
Chr 1: 172.66 – 172.67 MbChr 1: 161.78 – 161.79 Mb
PubMed検索[3][4]
ウィキデータ
閲覧/編集 ヒト閲覧/編集 マウス

Fasリガンド(Fas ligand、略号:FasL、別名:CD95L)は、トポロジーII型の膜貫通型蛋白質英語版であり、腫瘍壊死因子(TNF)ファミリーの一員である。アポトーシスを誘導する受容体に結合する。Fasリガンド・受容体相互作用は、免疫系の制御や悪性腫瘍の進行において重要な役割を果たしている。

構造[編集]

Fasリガンド(FasL)は、細胞傷害性T細胞表面に発現しているホモ三量体英語版を形成するII型膜貫通タンパク質である。 Fasリガンドは、標的細胞の膜を貫通するFas受容体英語版(FasR)を三量体化することでシグナルを伝達し、これによりアポトーシスを誘導する。

膜結合型のFasリガンドが、セリンマトリックスメタロプロテアーゼ(MMP-7)により切断される事で、可溶性のFasリガンドが生じる。 可溶性Fasリガンドはアポトーシス誘導能が低下しており、従って、Fasリガンドの可溶化は活性抑制メカニズムの1つである。

受容体[編集]

FasR
Fas受容体英語版(FasR、別名:CD95英語版)は最も盛んに研究された細胞死受容体ファミリーのメンバーである。その遺伝子は、ヒトでは10番染色体英語版に、マウスでは19番染色体に位置している。先行研究では、8つのスプライスバリアントが存在し、7つのアイソフォームが翻訳される。アイソフォームの多くは病態に関連する稀なハプロタイプである。アポトーシス誘導性Fas受容体はアイソフォーム1であり、I型膜貫通型蛋白質である。膜貫通部位と細胞内細胞死ドメインに3つのシステインリッチな偽反復を持つ。ヒト線維芽細胞FS7をマウスに免疫して得られたIgMクラスのモノクローナル抗体により認識される抗原として,京都大学の米原伸により1989年に発見された[5]
DcR3
デコイ受容体3(DcR3英語版)は近年発見された、腫瘍壊死因子スーパーファミリーのデコイ受容体であり、FasL、LIGHT(CD258)、TL1A英語版と結合する。DcR3は可溶性受容体であり、シグナル伝達には寄与せず(それ故“デコイ(囮)”と呼ばれる)、競合的にFasR-FasL相互作用を妨げる[6]

シグナル伝達[編集]

Fas(受容体)はリガンドと結合して細胞死誘導シグナル伝達複合体英語版(DISC)を形成する。接触している細胞の細胞膜に結合しているFasリガンド三量体はFas受容体の三量体化を引き起こす。この三量体化はFas抗体でも同様に発生するので、Fasシグナル伝達の研究では、このアポトーシスシグナルは信頼されない[訳語疑問点]。この目的のために、in vitro 研究で使用できる巧妙な抗体三量化法が採用されている。

Fasのシグナル伝達経路。灰色点線の矢印経路にはJNKシグナル伝達の複数段階が介在している。

機能[編集]

アポトーシスを含む主要な細胞内シグナル伝達経路図

FasR-FasL結合に始まるアポトーシスは、免疫系の制御において下記の様な重要な役割を持つ。

疾患での役割[編集]

Fas誘導性アポトーシスの欠損により、腫瘍発生英語版や腫瘍の薬剤耐性が発生する。Fasの生殖細胞系列変異は小児のアポトーシス異常である自己免疫性リンパ増殖症候群英語版(ALPS)に関係がある。

相互作用[編集]

Fasリガンドは下記の蛋白質と相互作用する。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c GRCh38: Ensembl release 89: ENSG00000117560 - Ensembl, May 2017
  2. ^ a b c GRCm38: Ensembl release 89: ENSMUSG00000000817 - Ensembl, May 2017
  3. ^ Human PubMed Reference:
  4. ^ Mouse PubMed Reference:
  5. ^ Yonehara S, Ishii A, Yonehara M (1989). “A cell-killing monoclonal antibody (anti-Fas) to a cell surface antigen co-downregulated with the receptor of tumor necrosis factor.”. J Exp Med 169 (5): 1747-56. doi:10.1084/jem.169.5.1747. PMC 2189304. PMID 2469768. http://jem.rupress.org/content/169/5/1747.abstract. 
  6. ^ “Death and decoy receptors and p53-mediated apoptosis”. Leukemia 14 (8): 1509–1513. (2000). doi:10.1038/sj.leu.2401865. PMID 10942251. 
  7. ^ “Cytotoxic T cells”. J. Invest. Dermatol. 126 (1): 32–41. (2006). doi:10.1038/sj.jid.5700001. PMID 16417215. 
  8. ^ “Tumor counterattack: fact or fiction?”. Cancer Immunol. Immunother. 54 (11): 1127–1136. (2005). doi:10.1007/s00262-005-0680-7. PMID 15889255. 
  9. ^ a b c d “Cytoskeleton-mediated death receptor and ligand concentration in lipid rafts forms apoptosis-promoting clusters in cancer chemotherapy”. J. Biol. Chem. 280 (12): 11641–7. (March 2005). doi:10.1074/jbc.M411781200. PMID 15659383. 
  10. ^ a b c “Induction of TNF receptor I-mediated apoptosis via two sequential signaling complexes”. Cell 114 (2): 181–90. (July 2003). doi:10.1016/s0092-8674(03)00521-x. PMID 12887920. 
  11. ^ “CD95 (APO-1/Fas) linkage to the actin cytoskeleton through ezrin in human T lymphocytes: a novel regulatory mechanism of the CD95 apoptotic pathway”. EMBO J. 19 (19): 5123–34. (October 2000). doi:10.1093/emboj/19.19.5123. PMC 302100. PMID 11013215. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC302100/. 
  12. ^ a b c “Identification of interaction partners of the cytosolic polyproline region of CD95 ligand (CD178)”. FEBS Lett. 519 (1-3): 50–8. (May 2002). doi:10.1016/s0014-5793(02)02709-6. PMID 12023017. 
  13. ^ a b “Multiple interactions of the cytosolic polyproline region of the CD95 ligand: hints for the reverse signal transduction capacity of a death factor”. FEBS Lett. 509 (2): 255–62. (December 2001). doi:10.1016/s0014-5793(01)03174-x. PMID 11741599. 
  14. ^ “Interaction of peptides derived from the Fas ligand with the Fyn-SH3 domain”. FEBS Lett. 373 (3): 265–8. (October 1995). doi:10.1016/0014-5793(95)01051-f. PMID 7589480. 
  15. ^ “Identification of amino acid residues important for ligand binding to Fas”. J. Exp. Med. 185 (8): 1487–92. (April 1997). doi:10.1084/jem.185.8.1487. PMC 2196280. PMID 9126929. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2196280/. 
  16. ^ “Characterization of Fas (Apo-1, CD95)-Fas ligand interaction”. J. Biol. Chem. 272 (30): 18827–33. (July 1997). doi:10.1074/jbc.272.30.18827. PMID 9228058. 
  17. ^ “A newly identified member of tumor necrosis factor receptor superfamily (TR6) suppresses LIGHT-mediated apoptosis”. J. Biol. Chem. 274 (20): 13733–6. (May 1999). doi:10.1074/jbc.274.20.13733. PMID 10318773. 
  18. ^ “Modulation of dendritic cell differentiation and maturation by decoy receptor 3”. J. Immunol. 168 (10): 4846–53. (May 2002). doi:10.4049/jimmunol.168.10.4846. PMID 11994433. 
  19. ^ “Genomic amplification of a decoy receptor for Fas ligand in lung and colon cancer”. Nature 396 (6712): 699–703. (December 1998). doi:10.1038/25387. PMID 9872321. 

関連資料[編集]

外部リンク[編集]