FUJITSU Cloud Service K5

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
FUJITSU Cloud Service K5
開発元 富士通
プログラミング言語 Java, Node.js, Go, Python, PHP
サポート状況 active
公式サイト http://jp.fujitsu.com/solutions/cloud/k5/
テンプレートを表示

FUJITSU Cloud Service K5 は、富士通が提供するパブリッククラウドサービスである。

概要[編集]

K5は、2015年5月に発表されたデジタルビジネス・プラットフォームのパブリッククラウドサービスである[1]。2015年9月より販売開始されている[2]

IaaS (Infrastructure as a Service) だけでなくPaaS (Platform as a Service) も提供し、オープンソースであるOpenStackCloud Foundryをベースとしているため、オープンな技術を利用できるのが特徴である[3]

オープン技術を利用する上でのオープンソースのコミュニティとの関係強化として、OpenStack Foundationではゴールドメンバーに認定されており[4]、Cloud Foundry Foundationではシルバーメンバーに認定されている[5]

また、ビジネスサポート機能、シェアリングビジネス基盤、Personium Service(パーソナルデータストア)、人工知能 (AI) などを提供している。

サービス一覧[編集]

  • IaaS
    • 仮想サーバ
    • ブロックストレージ
    • オブジェクトストレージ
    • 仮想ネットワーク
    • データベースサービス
    • DB powered by Oracle® Cloud
    • メール配信サービス
    • コンテンツ配信サービス
  • PaaS
    • PF
    • CF
    • API Management
    • SF
    • 認証サービス
    • IoT Platform
    • 帳票サービス
    • Voice Operation サービス
    • GitHub Enterprise
    • ビジネスサポート
    • Zinraiプラットフォームサービス(AI

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]