FQTQ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
FQTQ
FQTQ.jpg
FQTQアーティスト写真
基本情報
出身地 川崎市
ジャンル ELECTRONIC, HOUSE, エレクトロポップ
活動期間 2001年 -
レーベル FQTQ MUSIQ
公式サイト www.fqtq.space
著名使用楽器
SH-101

FQTQ(フクタク/エフキューティーキュー)は日本のミュージシャン。作曲家、編曲家、DJ、シンセサイザー奏者。

デザインやイベントオーガナイズなども行う。


概要[編集]

2001年頃から活動を開始。主に都内のクラブでライブを行う。

ファンキーでピコピコしたサウンドを得意とする。青いショルダーキーボード(Roland SH-101)がトレードマーク。

不定期イベント"CRAZYPOPS"を主催。サワサキヨシヒロ、天誅などが出演[1]

2007年にMySpaceのプロデューサー募集オーディションにて入賞、80_panのプロデューサーに任命[2]される。その後も度々アイドルのプロデュース、楽曲提供などを行っている。

また、漫画家押切蓮介ともにテクノユニット『怪奇ドロップ』に参加[3]レコライド[4]猛毒[5]といったバンドにも所属していた。

2015年より新宿の8bitcafeにて毎月第一水曜のDJをつとめる[6]

音楽性[編集]

テクノ、エレクトロといったシンセサイザーサウンドを基調としながら、Electro House、Funky Houseといったクラブミュージックをベースに構築されたファンキーなサウンドを得意とする。

アイドルのプロデュースやゲストボーカルを入れたボーカル物のポップスを作ることもあり、エレクトロポップネオ渋谷系フューチャーポップといったジャンルに属することもある[7]

DJの時はElectro HouseのほかJackin Houseなどをかける[8]

人物[編集]

SNSを好みmixi、myspace、Twitter、Instagramなど古くから使用している。

Twitterではいわゆる飯テロと呼ばれる行為をしばしば行う。

作品[編集]

アルバム[編集]

タイトル リリース年月日 収録曲 備考
ROBOTADVEBTURE 2002年11月22日 1. introduction

2. keep on groovin’

3. like a game

4. Love is Magic

5. Blinker

6. Hideout

7. sparcks flew

8. ファンタジスタの憂鬱

9. Funny Tone

10. rescue

11. midnight,secondbasement,synthesizer

12. urbanstyle

13. The mole tunnel

GFK recordsよりリリース
CRAZYPOPS 2005年4月21日 1.intro

2.the guitar singing

3.chocolate candy funky

4.electric blues

5.dynamic seventeen

6.moon beam

7.sessions

8.cosmic rays

9.multika

10.projector

11.downside

12.the last days

13.cosmic rays(Dextrax Mix)

14.chocolate candy funky(Groovetune Mix)

ジャケットイラストは漫画家の押切蓮介
FUNKY WEAPON 2007年5月5日 1.I'm Not Crazy

2.Peachfizz

3.Night Shift

4.I Can't Be Bothered

5.Deep Blue

6.Sessions2

7.Rock the Party

8.Monster's Cafe

9.Red Sky

10.Ghost Chase (Weapon Mix)

11.In This Moment

12.Deep Blue (Yuta Suzuki Mix)

13.The Guitar Sings (De De Mouse Dawn Wanderer Mix)

ジャケットイラストは漫画家の清野とおる

DE DE MOUSEによるREMIX収録

HYPER ACTIVE 2013年6月5日 1.スーパーヒーロー feat. 鼓膜シュレッダー

2.Mischievous Boy

3.スイートキャンディーチョコレート feat. 大槻マキ

4.Elephant Foot

5.夕虹は晴れ feat. aco

6.Insideout feat. Kuske

7.Warning

8.Decameron

9.Everybody Lies

10.Space Ride

11.Let's get all Drunk -album mix-

12.夜空を見上げて

13.リトルガール (FQTQ version) feat. 大槻マキ

14.夕虹は晴れ feat. aco (パリッコ Remix)

15.スーパーヒーロー feat. 鼓膜シュレッダー (Seimei & Taimei Remix)

ジャケットイラストは漫画家の小田扉

参加アーティストは大槻マキ、aco(spoon+)、鼓膜シュレッダー(LBT)、Kuske(KPLECRAFT)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ CRAZYPOPS vol.17”. iFLYER.tv. 2019年5月11日閲覧。
  2. ^ Inc, Natasha. “80_panが一般公募プロデューサー迎えシングル制作” (日本語). 音楽ナタリー. 2019年5月10日閲覧。
  3. ^ “[https://www.kinet.or.jp/osikiri/kaikidrop/kaikidrop.htm ����h���b�v]”. www.kinet.or.jp. 2019年5月11日閲覧。
  4. ^ Inc, Natasha. “元・月プロ佐々木率いるダンスロック、レコライドが初音源” (日本語). 音楽ナタリー. 2019年5月11日閲覧。
  5. ^ Inc, Natasha. “猛毒の復活ライブに氣志團、石野卓球、手ノ内嫁蔵らが参戦” (日本語). 音楽ナタリー. 2019年5月11日閲覧。
  6. ^ 8bit cafe” (日本語). 8bit cafe. 2019年5月11日閲覧。
  7. ^ popgoingon”. radiodaze.g2.xrea.com. 2019年5月11日閲覧。
  8. ^ FQTQ”. Mixcloud. 2019年5月11日閲覧。

外部リンク[編集]