FOUR MINUTES TIL MIDNIGHT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
FOUR MINUTES TIL MIDNIGHT
出身地 日本の旗 日本
ジャンル オルタナティヴ・ロック
活動期間 2004年 -
レーベル Far Eastern Tribe Records
公式サイト FOUR MINUTES TIL MIDNIGHT official website
メンバー Eli Taylor(ボーカル
Kenta Hayashi(ギター&ボーカル
Yusuke Ikegaya(ベース

FOUR MINUTES TIL MIDNIGHT(フォー ミニッツ ティル ミッドナイト)は、ハリウッドで結成されたバンド日本アメリカを中心に活動中。ファンクをベースに、ロックブルースレゲエ、などを取り入れた、流線的なオーガニック・サウンドと圧倒的なライブパフォーマンスで、様々な世代から支持されている。略称は「FMTM」「フォーミニッツ」。[1]

概要[編集]

日本を中心に、アメリカヨーロッパアジアを股に掛け活動するシンガーソングライター、「Kenta Hayashi」のバンドプロジェクト。ハリウッドにて、Kenta Hayashiを中心に、2人のアメリカ人、2人の日本人で、FOUR MINUTES TIL MIDNIGHTを結成。

日本人とアメリカ人で構成されたことにより、それぞれの文化や価値観、バックグラウンドが混ざり合い、国境を越え無限の可能性を秘めた日米混合バンド。幅広い音楽ジャンルを好み、ファンクをベースに、ロックブルースレゲエ、などを取り入れた、流線的なオーガニック・サウンドが特徴的。

自主制作のアルバムはアメリカで2万枚以上を販売し、アルバム「Find My Way」に収録されている楽曲「Cold Lonely Train」は有線インディーズチャート1位を記録している。また数々のバンドコンテストでの優勝経験があり、なかでも、世界最大級のバンドコンテスト、Emergenza Music Festivalでは準優勝まで進む。2012年ONE OK ROCK10-FEET9mm Parabellum Bulletといった、日本を代表する豪華アーティストが参加し、4月4日に販売された、NIRVANAのカヴァーアルバム「NEVERMIND TRIBUTE」に、無名ながら大抜擢された事がきっかけで、ユニバーサルミュージックからメジャーデビューする。[2][3]

5月16日に販売されたデビューアルバムから、現在のメンバー構成Eli Taylor(Vocal) 、Kenta Hayashi(Guitar & Vocal)、 Yusuke Ikegaya(Bass)の3人になり、活動の拠点を日本に移しライブを中心に精力的に活動中。

バンド名の由来[編集]

深夜に集合し、ヴォーカルEliの自宅ガレージをスタジオとして使用していた事から、自宅のテレフォンナンバーの4桁「1156」を11:56と時間に表し、FOUR MINUTES TIL MIDNIGHT(深夜まで4分前)と命名。

メンバー[編集]

サポートメンバー[編集]

  • Hidekazu Masaki - Drums

旧メンバー[編集]

  • Josh Vore - Drums(2011年脱退)
  • Andre Davis - Bass(2007年脱退)
  • Jonathan Green - Bass(2005脱退)

作品[編集]

アルバム[編集]

発売日 タイトル
1st 2012年5月16日 FOUR MINUTES TIL MIDNIGHT

自主制作盤[編集]

発売日 タイトル
2006年5月17日 Oak Tree
2009年7月2日 Find My Way

参加作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日米混合!ハイブリッドでオーガニックなファンクロックバンド
  2. ^ NIRVANA名盤を9mm、ワンオクら猛者12組がトリビュート
  3. ^ レッチリのフリーから助言を受け、日米混合バンド・FOUR MINUTES TIL MIDNIGHTがメジャーデビュー

関連項目[編集]

外部リンク[編集]