FMA SAIA 90

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

FMA SAIA 90

FMA SAIA 90は、1980年代半ばにアルゼンチンのFMA英語版 (Fábrica Militar de Aviones)によって設計された制空戦闘機。SAIA 90は国家再編成プロセスによって開始されたアルゼンチンの国産戦闘機を開発する目的のACA (Avión Caza Argentino)計画の最終段階だった。

計画は3段階あった。

歴史[編集]

1980年以降、FMAとドイツのドルニエ社は共同でIA 63の開発を進めていて両社は将来の航空機の生産に合意した。

練習機の開発は最初の3段階はFMAの戦略で1960年代半ば以降FMA IA 58 プカラの開発に発展した。この戦略の段階にIA 63が含まれていた。

ドルニエは空軍が独自の要求を盛り込んだ初期の軍用機の一連の設計を担当した。

詳細[編集]

ドルニエ社の分析によれば、航空機は高度6,000メートルでマッハ0.9での機動性、高度9,000メートルでマッハ0.9から1.5までの急加速及び急減速、インテグラルタンクと最小のレーダー反射断面積熱紋(ステルス)を備える事が求められた。

装備可能な武装:

アビオニクス[編集]

空対空レーダーは5 m2の標的を電子妨害の無い状況下で90 kmの距離で検出し、同時に6の標的を追跡してIFFで識別する。空対地攻撃のためにレーダーは地形を照合できる。

仕様[編集]

  • 用途: 多用途
  • 乗員: 1人。複座型の練習機仕様も計画された。
  • 全長: 15.53 m
  • 全高: 3.96 m
  • 翼幅: 10.95 m
  • 翼面積: 30 m²
  • 車輪距離: 6.60 m
  • 空虚重量: 7,800 kg
  • 最大離陸重量: 14,500 kg
  • 最大翼面荷重: 266.67 kg/m²
  • 最高速度: マッハ 2.25
  • 最大上昇率: 15,000 m/min
  • 巡航高度: 15,000 m
  • 航続距離: 3380 km
  • エンジン: 2 GE F404 ターボファン
  • 武装: 11箇所のハードポイントで合計 5,000 kg : 胴体下部4箇所、主翼下2箇所、翼端2箇所、中央に1箇所。同様に27 mmリボルバー式キャノン
  • アビオニクス: 90㎞の距離から5 m2の標的を検出可能な空対空レーダー。
  • 費用: 不明だが第4.5世代機よりは安い。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 攻撃機型は研究目的でわずか3機のみが生産された

関連項目[編集]

外部リンク[編集]