FIND47

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「FIND/47」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
FIND/47
Find47 logo.png
PhotoMETI logo.svg
URL find47.jp
使用言語 英語、日本語
タイプ 画像投稿コミュニティ
運営者 観光予報プラットフォーム推進協議会(公益社団法人日本観光振興協会)
設立者 経済産業省
アレクサ
ランキング
878,577位[1]
登録 投稿には必要
設立日 2016年8月4日
現状 運営中

FIND/47とは、経済産業省2020年東京オリンピックを視野に、日本各地の風景写真素材の公開により訪日外国人旅行(インバウンド)需要を高める目的で開始された写真プロジェクトである[2]

概要[編集]

日本各地に存在する美しい自然、歴史的建造物、祭事などの「情景写真」を掲載している[3]。掲載されている写真がフリーライセンスとして掲載することで多用途に再利用することができるように考慮されている[4]。また、各メディアファイルは英語による解説や「観光予報プラットフォーム」とも連動した情報掲載も行われ、観光需要の取り込みが行われるよう設計されている[5]。また、登録制で投稿するシステムと共に審査を経て、表彰制度も実施されている[6]

特徴[編集]

ソーシャル性[編集]

投稿者が投稿した写真から、一定の水準を満たしていると判断された写真がサイトに掲載される[7]。アップロードされた画像には、撮影者もしくは著作権保持者の情報が掲載されており、サイトからソーシャルネットワークサービスのアカウントが掲載されている場合には、当該者とのコミュニケーションを取ることが可能となっている[8]。また、定期的にプロ写真家などの審査委員会によって撮影者に対する表彰が行われている[6]。優秀作の選定・公開制度は、週に1作品の「PHOTO OF THE WEEK」と、四半期に1作品の「QUARTER AWARD」が実施されている。後者に選定されるとオフィシャルカメラマンの認定が付与される[6]

ライセンス[編集]

すべての写真をクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CC-by-4.0)のライセンスとして掲載することによって[4]、ウェブサイトに限らず雑誌など多様な媒体において営利目的なども含めてどのような目的であっても再利用することが可能となっている[9][注 1]

沿革[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ プロジェクトが定めている利用規約においては、軍事等の目的で使用することが制限されているが、ライセンスはあくまで著作権を対象としていることから、利用規約はライセンスによって効力が抹消されているともいえる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]