FIDO Alliance

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
FIDO Alliance
Fido.alliance.png
団体種類 501(c)(6)[1]
設立 2012年7月[2]
所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国マサチューセッツ州ウェークフィールド
主要人物 Brett McDowell(Executive Director)
Dustin Ingalls(President and Chairman)
主眼 生体認証などを利用した新しいオンライン認証技術の標準化
標語 simpler stronger authentication
ウェブサイト https://fidoalliance.org/
テンプレートを表示

FIDO Alliance(ふぁいどあらいあんす[3][4]、Fast IDentity Online Alliance[5])は、生体認証などを利用した新しいオンライン認証技術の標準化を目指して2012年7月[4]に発足した非営利の標準化団体[6]、業界団体[7]

歴史[編集]

  • 2009年、当時PayPal最高情報セキュリティ責任者英語版で、後にFIDOの代表に就任するMichael Barrettの元に、指紋認証技術を提供するValidity Sensors社の最高技術責任者が訪問。BarrettがFIDOの構想を抱く[5]
  • 2012年7月、PayPalなどの6社によってFIDOが設立される[2]
  • 2013年2月、FIDOが一般公開(public launch)される[2]
  • 2014年4月7日、株式会社ディー・ディー・エスが日本で初めてFIDOに加盟[8]
  • 2015年2月16日、「FIDO Alliance 日本上陸記者発表会」が開催される[4]

会員[編集]

2015年4月現在のBoard Level会員は以下の20社[9]。この他に、Sponsor Levelとして55、Associate Levelとして117のメンバーが加盟している[9]


作業部会[編集]

FIDOでは、二つの作業部会が二つの標準プロトコルを策定している[10]

UAF標準[編集]

Universal Authentication Frameworkの略称。端末内に生体認証データやPINを登録し、Webサービスなどにその端末を登録すれば、利用者が端末で生体認証(または、PINの入力。もしくはその併用)を行う事でログインが可能になる方式[10]

U2F標準[編集]

U2F対応のUSBトークン端末
U2F対応のUSBトークン端末

Universal Second Factorの略称。既存の認証方式を導入しているWebサービスなどが、二要素認証を導入する際に用いる方式[10]。利用者は、従来通りのアカウントIDパスワードによる認証後、U2Fに対応したUSB端末やNFC端末を使う事でログインが可能になる[10][11]

脚注[編集]

参考文献[編集]