FAMILY (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
FAMILY
MONDO GROSSOシングル
初出アルバム『Born Free
B面 LA MANÈGE
リリース
規格 12cmCDシングル
12inchレコード・シングル
ジャンル アシッド・ジャズ
時間
レーベル FOR LIFE
作詞・作曲 Hubert Laws
プロデュース 大沢伸一
MONDO GROSSO シングル 年表
Oh Lord, let do no wrong
(1995年)
FAMILY
(1995年)
Laughter in the rain
1997年
Born Free 収録曲
  1. Jour et nuit
  2. Do you see what I see
  3. Family (Album Edit)
  4. What goes up must come down
  5. Running Man
  6. Life without spring
  7. Hemisphere
  8. To the curb
  9. Move into the night
  10. Le manège (Album Edit)
  11. Sphere
  12. Give me a reason
EANコード
EAN 4988018307693(CD)
ASIN B0009JKODA(12inchシングル)
テンプレートを表示

FAMILY」(ファミリー)は、1995年8月19日に発売された、MONDO GROSSO通算2枚目のシングル

解説[編集]

タイトル・トラックの「FAMILY」、カップリングの「LA MANÈGE」とも、同年10月発売のアルバム『Born Free』収録曲。先行シングルとして、アルバムとは別エディットでリリースされた。「FAMILY」のシングル・エディットは、ソニー移籍後の2000年にリリースされたフォーライフ在籍時のベスト・アルバム『MONDO GROSSO best』に収録された。また、両曲とも、フォーライフ在籍中の1996年リリースのリミックス・アルバム『DIGGIN' INTO THE REAL』[注 1]にリミックスが収録された。さらに、CDシングル収録の3曲に「LA MANÈGE」のインストゥルメンタルを加えた4曲入りのアナログ盤が、完全限定生産にてCDと同時発売された。

前回リリースされたシングル「Oh Lord, let do no wrong」がファラオ・サンダースのカバー曲だったのに続き、本シングルではヒューバート・ロウズ1980年リリースのアルバム『FAMILY』[注 2]のタイトル曲のカバー。楽曲について大沢伸一は「この曲は第2期モンド・グロッソとしての第一弾なんだけど、今回考えたのはバンドとしてもっとまとまったところをアピールしたいってことなんです。今までやっぱり“モンド・グロッソって何? わかりにくい”っていう意見が多くて、僕もそうなんだけど<インヴィジブル・マン>の印象が一番強いらしいんです。で、今回の<ファミリー>なんだけど、前のシングルの<オー・ロード、レット・ミー・ドゥ・ノー・ロング>がファラオ・サンダースのカヴァーだったみたいに、これもヒューバート・ロウズのカヴァー。別にカヴァーが続いていることに深い意味はないんですけど、この<ファミリー>が入っているアルバムのジャケットがすごく好きで。黒人の赤ん坊と白人の赤ん坊が遊んでいる写真なんだけど、その感じを今回はすごく出したかった」[2]と語っている。

また、シングルにはロンドンのボーカリスト / プロデューサーのレイ・ヘイデンによるリミックスを収録。大沢によれば「リミックスをレイ・ヘイデンに頼んだのは、転調の多い曲なのでDJだと無理だろうってことで、そしたら“モンドの曲だったら、何でもOKさ!”って言ってくれたのが嬉しかった。でもビックリしたのは、レイがスタジオでロウソクの明かり1本だけでリミックスやってるって聞いたこと。ものすごく小さな音でリミックスしてるんだけど、それをデカイ音にしたら、もう完璧になってるんだって。すごい集中力でやってるんだって思ったよ」[2]という。

「LA MANÈGE」はB-BANDJラップをフィーチャーしたオリジナル曲。ただし、歌詞カードには曲名とソングライティングのクレジットのみが掲載され、歌詞の記載はない。

ジャケットのアート・ディレクションとデザインは中島英樹[3]。なお、CDシングルのには「ここがクラブ・シーンの分岐点 / MONDO GROSSO第2期の幕開けを告げる12センチ・シングル」とのキャッチコピーが記載されている。

収録曲[編集]

  1. FAMILY (4:35)[1]
    作詞・作曲:Hubert Laws
  2. FAMILY (TOKYO TOWER MIX) (5:11)[1]
    作詞・作曲:Hubert Laws / Remixed by Ray Hayden
  3. LA MANÈGE (5:14)[1]
    作詞・作曲:B, OSAWA

アナログ盤 (FLJF-9507)[編集]

SIDE A
  1. FAMILY
  2. FAMILY (TOKYO TOWER MIX)
SIDE B
  1. LA MANÈGE
  2. LA MANÈGE (INSTRUMENTAL)

クレジット[編集]

  • Produced by 大沢伸一 (for JAZZ MASSIVE PRODUCTION)
  • Co-Produced by 沖野修也 (for JAZZ MASSIVE PRODUCTION)
  • Art Direction & Design by 中島英樹
  • Photograph by Drew Jarret

レコーディング・メンバー[編集]

FAMILY[編集]

  • Zhana. R. Sanders:Vocal
  • Melody Sexton:Background Vocal
  • 佐野康夫:Drums
  • 大沢伸一:Bass
  • Shogo Fukuoka:Guitar
  • 吉澤はじめ:Keyboards
  • Kenji Horie:Percussion
  • 佐々木史郎:Trumpet
  • 佐野聡:Trombone
  • 臼庭潤:Saxophone

LA MANÈGE[編集]

  • B-BANDJ:Rap
  • 大沢伸一:Bass & Programming

リリース日一覧[編集]

地域 タイトル リリース日 レーベル 規格 カタログ番号 備考
日本 FAMILY / LA MANÈGE 1995年8月19日 (1995-08-19) フォーライフ CD FLCF-3576 3曲入り。
LP FLJF-9507 4曲入り、完全生産限定盤。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『DIGGIN' INTO THE REAL』 1996年4月3日発売 FOR LIFE CD:FLCF-3610, LP:FLJF-9513【限定盤】
  2. ^ Hubert Laws『FAMILY』 Released in 1980, Columbia LP:JC 36396

出典[編集]

  1. ^ a b c d Mondo Grosso - Family (CD) at Discogs
  2. ^ a b 沖野修也「TALKILL Special feat. モンド・グロッソ Second Steppin'」、『バァフアウト!』第11号、有限会社ティー・シー・アール・シー、1995年11月25日、 100-101頁、 ISBN 4-924952-11-7。“ニュー・シングル「ファミリー」のココロは!?”
  3. ^ Mondo Grosso / Family”. NAKAJIMA DESIGN. 2017年6月28日閲覧。

外部リンク[編集]