F-ZERO CLIMAX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
F-ZERO CLIMAX
ジャンル 近未来SFレースゲーム
対応機種 ゲームボーイアドバンス
開発元 朱雀
発売元 任天堂
人数 1~4人
メディア 128Mbitロムカセット
バックアップフラッシュメモリ搭載
発売日 2004年10月21日
対象年齢 CERO: 全年齢
デバイス ゲームボーイアドバンス専用通信ケーブル対応
その他 1カートリッジプレイ対応
マルチカートリッジプレイ対応
テンプレートを表示

F-ZERO CLIMAX(エフゼロ クライマックス)は2004年10月21日任天堂から発売されたゲームボーイアドバンスレースゲームF-ZEROシリーズの第6作目。

概要[編集]

追加されたシステムや登場人物など、『F-ZERO ファルコン伝説』の影響を受けた要素が存在する。今作では一般に販売された作品で初めてコースエディットが可能になった。また、操作に関してもこれまでの作品に登場したアクションを網羅し、その他にターンにおける曲がり方の変化を付けることやブースト性能の微調整などが可能になった。尚、操作設定はゲーム開始時に行い、グランプリではその設定で5コースを走ることになる。BGMは、原曲に強めなアレンジをかけているものが多い。

なお、CLIMAX(クライマックス)とあるが、これが最後のF-ZEROというわけではなく、「究極の、最高潮の」という意味で使われているのだが、2012年現在、本作を最後に8年近く新作が発表されておらず、本作は事実上最後の作品となっている。

ルール[編集]

グランプリモード[編集]

  1. 使用可能なマシンは初期状態で5台(グランプリのクリア状況により39台まで増える)。グランプリは全24台で5コース3周勝負。NOVICEおよびSTANDARD、EXPERT、MASTERでコースの組み合わせが異なる。
  2. 3周完走者には順位に応じてポイントが与えられる。この合計得点で総合順位が決定される。なお、2レース目以降は前レースの順位がそのままスタート位置に反映される。
  3. ブーストは2週目以降、エネルギーを一定量消費して使用。また、周回ごとにブースト効果を飛躍的に上昇させるリアクターマイトを獲得でき、ブースト中にさらにブーストを使用することでこれを使用しさらなる加速を得ることができる。
  4. 路外転落、クラッシュ時はスペアマシン(初期4台)を1台消費して再レース可能。ただし、グランプリのNOVICEランクに限り、クラッシュ時に自動的にその場で復活する(この際はスペアマシンを消費しない)。

サバイバルモード[編集]

本作ではそれまでのグランプリモードの他に、一定数の連戦となるサバイバルモードが追加された。このルールは以下の通り。

  1. 難易度を選択する。難易度により対戦人数とスペアマシンの数が決まる(対戦人数/スペアマシン数はTOUR:5/5、CHALLENGE:8/5、BATTLE:10/3、VIOLENCE:12/2)。
  2. グランプリモードで使用可能なマシンが使用できる。
  3. 各バトルにはコースとルールが設定されており、1位でゴールすることで次のステージへ進める(DEATH RACEを除く)。失敗した場合はスペアマシンを消費して再挑戦可能。
    • 通常のコースで対戦するルール
      • 3LAPS - 通常の3周勝負。
      • DEATH RACE - 3周走り終えるまでに指定されたライバルのマシンを破壊すればクリア。
      • 1LAP - 1周勝負であること以外に特別な条件は設定されていない。ブーストの使用も可能。
      • TOP KEEP - 1周勝負、ゴール時だけでなく常に1位をキープしなければならない。難易度が高いとライバルがロケットスタートを使ってくるので、自分も成功出来ないと開始直後に2位に落ちて即失敗になる。ブースト使用可能。
      • SPEED 800 - 1周勝負、800km/hを割った時点で失敗(スタート直後の5秒間を除く)。ブースト使用可能。
      • NO CRASH - 両者ともにエネルギーゲージが常に0の状態で、1対1の1周勝負。そのためブーストは使用不可能。何かに接触した場合若干のタイムロスの上で自動復帰するが、CPUがクラッシュすると復帰しないため勝利が確定する。
    • 専用のコースで行うルール
      全てのルールにおいてブーストは使用可能。
      • SHORT RACE - 閉じていない1本道のコースを走り抜けるレース。
      • STRAIGHT - ミュートシティの直線コースを走り、相手より早くゴールすれば勝ち。
      • SLALOM - レッドキャニオンの多数の細かい直角カーブで構成されたコースを走り、相手より早くゴールすれば勝ち。
      • BRAKING - リュージョンの直線コース終端の一定範囲内に先に止まれば勝ち。チキンレースに似ているが、停止位置は勝敗に関与しない。
  4. 規定コース数をクリアすると、アニメ『F-ZERO ファルコン伝説』のストーリーの断片や特殊操作、CHALLENGE以上では使用したキャラクターのプロフィールが入手できる。

エディットモード[編集]

本作は一般発売作品では初めてコースエディットを搭載した作品である。コースエディットモードでは16×16のエリアに1×1~3×3の大きさを持つ255種類のパーツを配置することでオリジナルのコースを作ることができる。

コースを作る際には以下の制限事項がある。

  • スタートラインは縦方向のパーツしかなく、同パーツを設置した位置から画面上方向にスタートする。
  • コースは閉じた1本のコースである必要がある(パーツの中には分岐している物があるが、同じパーツ内で合流しており1つの線として認識される)。
  • パーツの種類によってポイントが設定されており、合計ポイントが255以内である必要がある。

作成したコースはタイムアタックモードで走ることができるほか、通信ケーブルを使うことで他のプレイヤーに転送したり、全員が同じコースを持つことでマルチカートリッジ対戦も可能。また、コースを文字化したパスワードをやりとりすることで遠方のプレイヤーと共有することもでき、公式サイトでもユーザーから応募されたコースが公開されている(現在は既に受け付け終了)。

外部リンク[編集]