Empathy

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Empathy
Hicolor apps scalable empathy.svg
Empathy programa mensajeria instantanea.png
作者 Xavier Claessens
開発元 Guillaume Desmottes, Xavier Claessens,Debarshi Ray
最新版
3.12.1.3 / 2017年3月13日(3年前) (2017-03-13
リポジトリ ウィキデータを編集
プログラミング
言語
C言語
対応OS BSDLinux、その他Unix系
対応言語 多言語
種別 インスタントメッセージクライアント
ライセンス GNU GPL
公式サイト wiki.gnome.org/Apps/Empathy ウィキデータを編集
テンプレートを表示

Empathy(エンパシー)はインスタントメッセンジャーの1つで、各種IMプロトコル上でのテキスト、音声、動画、ファイル転送、アプリケーション間通信をサポートしている。

また、インスタントメッセンジャーの開発に再利用できるGNOME desktop向けGUIウィジェット群を含んでいる[1]Telepathyフレームワークの拡張として書かれており、異なるIMネットワークへの接続を統一的ユーザインタフェースで行える。

GNOME desktopバージョン2.24以降にはEmpathyが含まれている[2][3]Ubuntu 9.10以降と Fedora 12以降では、Pidgin を置き換えデフォルトのインスタントメッセンジャーとなっている。

現在の機能[編集]

既知の問題[編集]

Pidginなどのクライアントはオフレコ・メッセージング (OTR) 機能があるが、Empathy にはdeniable encryptionを通してプライバシーやセキュリティを確保するような機能がない。一部のプロトコルについて暗号化機能を追加する作業が2009年から始まっている[4]

出典[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]