Elixir (プログラミング言語)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Elixir
パラダイム マルチパラダイム関数型並列プログラミングprocess-orientedhomoiconic
登場時期 2012年
最新リリース 1.2 / 2016年1月1日(4か月前) (2016-01-01
型付け 強い動的型付け
影響を受けた言語 Erlang, Ruby, Clojure
ライセンス Apache License
ウェブサイト elixir-lang.org
拡張子 .ex, .exs

Elixir (エリクサー) は並列処理の機能や関数型といった特徴を持つ、Erlang仮想環境 (BEAM) 上で動作するコンピュータプログラミング言語である。ElixirはErlangで実装されているため、分散システム、耐障害性ソフトリアルタイムシステム等の機能を使用することができるが、拡張機能として、マクロを使ったメタプログラミング、そしてポリモーフィズムなどのプログラミング・パラダイムもプロトコルを介して実装されている。[1]

歴史[編集]

高い拡張性があり、Erlangの仮想環境上で動作するシステムを目標に、José Valimによって開発された。 [2]

特徴[編集]

[編集]

以下のサンプルはiexシェルまたはファイルに保存した上で elixir <filename> コマンドにて実行可能である。

Hello world
iex> IO.puts "Hello World!"
Hello World!
内包表記
iex> for n <- [1,2,3,4,5], rem(n,2) == 1, do: n*n
[1, 9, 25]
パターンマッチング
iex> [1, a] = [1, 2]
iex> a
2

iex> {:ok, [hello: a]} = {:ok, [hello: "world"]}
iex> a
"world"
モジュール
defmodule Fun do
  def fib(0), do: 0
  def fib(1), do: 1
  def fib(n) do 
    fib(n-2) + fib(n-1)  
  end
end
1000個のプロセスを順番に立ち上げ
for num <- 1..1000, do: spawn fn -> IO.puts "#{num * 2}" end
非同期実行
task = Task.async fn -> perform_complex_action() end
other_time_consuming_action()
Task.await task

参考文献[編集]

  1. ^ Elixir”. José Valim. 2013年2月17日閲覧。
  2. ^ Elixir - A modern approach to programming for the Erlang VM”. 2013年2月17日閲覧。

外部リンク[編集]